1971件中 71 - 80件表示
  • 企業内カウンセラー

    企業内カウンセラーから見た厚生労働省厚生労働省

    2006年に厚生労働省が策定した「労働者の心の健康の保持増進のための指針」によると、企業・事業場におけるメンタルヘルスケアの際には、担い手や関係性によって分けられる4種類のケア、すなわち【1. セルフケア】【2. ラインケア】【3. 事業場内・産業保健スタッフによるケア】【4. 事業場外・専門家資源によるケア】の4つのケアが重要とされている。ついては、同指針における4つのケアの要旨と、それぞれのケアの概説をまとめ、表に示す。企業内カウンセラー フレッシュアイペディアより)

  • 若者自立塾

    若者自立塾から見た厚生労働省厚生労働省

    若者自立塾(わかものじりつじゅく、正式名:若者職業的自立支援推進事業)とは、日本の厚生労働省からの委託を受け、財団法人日本生産性本部が本部となって、2010年3月31日まで実施していたニートの就業支援および支援を行うための助成事業。塾生(参加者)たちは、3-6ヶ月間の合宿を通じて、集団生活を行いながら職場体験やワークショップを行う。生活訓練と職業体験を通して、就職を目指す。若者自立塾 フレッシュアイペディアより)

  • 印南一路

    印南一路から見た厚生労働省厚生労働省

    印南 一路(いんなみ いちろ、1958年 - )は慶應義塾大学総合政策学部教授。厚生労働省中央社会保険医療協議会委員。印南一路 フレッシュアイペディアより)

  • 未成年者喫煙禁止法

    未成年者喫煙禁止法から見た厚生労働省厚生労働省

    本法の所管庁は、一応財務省とされるものの、青少年の保健・保護育成など観点を含めると厚生労働省や内閣府など多数の関係省庁や都道府県、さらに担当する内部部局が縦横無尽に存在しているが、本法の実施に関して主務官庁は定まっていない。業界団体についても、目的は同一でも所管庁や設立の根拠法が異なるため、統一的団体が結成不可能な状況である。『未成年者』の喫煙禁止に関するポスターやチラシ、書籍について、必ず2 - 100の多数の官公庁・団体名・部局名が掲載されるのはこのためである。未成年者喫煙禁止法 フレッシュアイペディアより)

  • 手話通訳

    手話通訳から見た厚生労働省厚生労働省

    厚生労働省が聴力障害者情報文化センターに実施を委託している手話通訳技能認定試験に合格し、聴力障害者情報文化センターに登録することで資格が得られる。手話通訳士は業務独占ではなく、名称独占にとどまっており、この資格が無ければ通訳ができないという場面は政見放送や裁判などのごく一部に限定されている。厚生労働大臣認定の手話通訳士の資格を持つ人は2010年4月20日現在で2,594人。「手話通訳技能認定試験」は1989年(平成元年)から始まり、現在までの平均合格率は約20%となっている。手話通訳 フレッシュアイペディアより)

  • 健康局

    健康局から見た厚生労働省厚生労働省

    健康局(けんこうきょく)は、中央省庁である厚生労働省の内部部局の一つ。保健などを所管する。2001年1月6日の中央省庁再編で厚生省と労働省が統合されるのに伴い、厚生省保健医療局と生活衛生局が統合され厚生労働省健康局が発足した。健康局 フレッシュアイペディアより)

  • バポナ

    バポナから見た厚生労働省厚生労働省

    2004年、東京都の指導による使用法の改定で、「人や動物が長時間居留する場所」「飲食する場所」「飲食物が露出して置いてある場所」での使用は不可とされ、さらに同年、厚生労働省医薬食品局からも蒸散剤の使用場所は人が長時間留まらない場所に限定するよう通達が出されている。バポナ フレッシュアイペディアより)

  • 村木厚子

    村木厚子から見た厚生労働省厚生労働省

    村木 厚子(むらき あつこ、1955年 - )は、日本の労働官僚。旧姓西村(にしむら)。厚生労働省社会・援護局長。村木厚子 フレッシュアイペディアより)

  • 従業員支援プログラム

    従業員支援プログラムから見た厚生労働省厚生労働省

    旧来、労働者のメンタルヘルスケアは、いわゆる産業保健スタッフが副次的に担当することが多く、厚生労働省指針「労働者の心の健康の保持増進のための指針」においては産業保健スタッフである産業医、衛生管理者、保健師なども担い手の例とされている。しかし、産業医の中で精神科・心療内科の専門医である者は、全体の約15%しかおらず、衛生管理者や保健師も、ケガや感染症予防などの安全衛生相談が中心となるため、メンタルヘルスケアのみの専門職という位置づけにはされていない。従業員支援プログラム フレッシュアイペディアより)

  • 人間力

    人間力から見た厚生労働省厚生労働省

    内閣府においては、東京大学大学院教育学研究科・教育学部で教育心理学の分野を担当する教授である市川伸一を座長とする「人間力戦略研究会」が2003年(平成15年)4月10日 木曜日に発表した『人間力戦略研究会報告書 : 若者に夢と目標を抱かせ、意欲を高める : ?信頼と連携の社会システム?』は、行政における「人間力」の語の取り扱いの最初の目安となった。内閣府に置かれた人間力戦略研究会は、まず「現状と課題」として内閣府・文部科学省・厚生労働省・経済産業省を対象とし、人間力戦略研究会においては、これらの省庁の業務が大きな焦点とされていたと捉えられる。人間力 フレッシュアイペディアより)

1971件中 71 - 80件表示

「厚生労働省」のニューストピックワード