120件中 41 - 50件表示
  • 厚生労働省

    厚生労働省から見たミドリ十字

    松下廉蔵 - 元厚生省薬務局長、元ミドリ十字社長厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た自殺総合対策会議

    2016年(平成28年)4月1日 - 改正自殺対策基本法により、自殺対策の総合調整を含めた業務が内閣府から移管され、特別の機関の自殺総合対策会議も厚労省に移された。厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た政策統括官

    政策統括官(総合政策担当)厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た公衆衛生

    その責務は「国民生活の保障及び向上を図り、並びに経済の発展に寄与するため、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進並びに労働条件その他の労働者の働く環境の整備及び職業の確保を図ること」(厚生労働省設置法第3条第1項)および「引揚援護、戦傷病者、戦没者遺族、未帰還者留守家族等の援護及び旧陸海軍の残務の整理を行うこと」(同法第3条第2項)と規定されている。厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た農林水産省

    厚生労働省が主管する独立行政法人は2016年4月1日現在、以下に示す通り、中間目標管理法人10、国立研究開発法人7の計17法人である。また、国土交通省主管の水資源機構は、水路事業部を国交省、農林水産省、経済産業省とともに共管している(健康局水道課)。行政執行法人は所管しない。国立病院機構は以前は独立行政法人の中でも役職員が国家公務員の一般職である「特定独立行政法人」であったが、独立行政法人通則法の改正法(平成26年6月13日法律第66号)施行に伴い、2015年4月1日から中期目標管理法人となり、役職員は国家公務員ではなくなった。第2次安倍内閣が閣議決定した「独立行政法人改革等に関する基本的な方針」(2013年12月24日付け)に基づき、特定独法の後継制度である「行政執行法人」にはならなかった。厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た林業・木材製造業労働災害防止協会

    特別の法律により設立される民間法人(特別民間法人)には2016年4月1日現在、社会保険診療報酬支払基金(保健局)、建設業労働災害防止協会(労働基準局)、陸上貨物運送事業労働災害防止協会(労働基準局)、林業・木材製造業労働災害防止協会(労働基準局)、港湾貨物運送事業労働災害防止協会(労働基準局)、中央職業能力開発協会(職業能力開発局)、中央労働災害防止協会(労働基準局)、企業年金連合会(年金局)、石炭鉱業年金基金(年金局)および全国社会保険労務士会連合会(労働基準局)の10法人がある。以前は労働基準局所管の鉱業労働災害防止協会(略称:鉱災防)があったが、2014年3月31日に解散した。厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た独立行政法人通則法

    厚生労働省が主管する独立行政法人は2016年4月1日現在、以下に示す通り、中間目標管理法人10、国立研究開発法人7の計17法人である。また、国土交通省主管の水資源機構は、水路事業部を国交省、農林水産省、経済産業省とともに共管している(健康局水道課)。行政執行法人は所管しない。国立病院機構は以前は独立行政法人の中でも役職員が国家公務員の一般職である「特定独立行政法人」であったが、独立行政法人通則法の改正法(平成26年6月13日法律第66号)施行に伴い、2015年4月1日から中期目標管理法人となり、役職員は国家公務員ではなくなった。第2次安倍内閣が閣議決定した「独立行政法人改革等に関する基本的な方針」(2013年12月24日付け)に基づき、特定独法の後継制度である「行政執行法人」にはならなかった。厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た厚生労働副大臣

    厚生労働副大臣(国家行政組織法第16条)(2人)厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た北海道厚生局

    北海道厚生局(法律第152条)厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た日本軍

    陸海軍の残務の整理(105号)厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

120件中 41 - 50件表示