121件中 41 - 50件表示
  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た中央労働委員会

    中央労働委員会(国家行政組織法第3条第2項、労働組合法第19条の2、法律第25条) - 事務局(労働組合法第19条の11第1項)厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た施設等機関

    厚生労働省の施設等機関は以下の8区分がある。国立児童自立支援施設および国立障害者リハビリテーションセンター(国立光明寮、国立保養所、国立知的障害児施設)は慣例上、「国立更生援護機関」と総称される。厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た特別の法律により設立される民間法人

    特別の法律により設立される民間法人(特別民間法人)には2012年4月1日現在、社会保険診療報酬支払基金(保険局)、建設業労働災害防止協会(労働基準局)、陸上貨物運送事業労働災害防止協会(労働基準局)、林業・木材製造業労働災害防止協会(労働基準局)、港湾貨物運送事業労働災害防止協会(労働基準局)、鉱業労働災害防止協会(労働基準局)、中央職業能力開発協会(職業能力開発局)、中央労働災害防止協会(労働基準局)、企業年金連合会(年金局)、石炭鉱業年金基金(年金局)および全国社会保険労務士会連合会(労働基準局)の11法人がある。厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た国立医薬品食品衛生研究所

    国立医薬品食品衛生研究所(政令第135条)厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た北海道厚生局

    北海道厚生局(法律第152条)厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た日本軍

    厚生労働省設置法第4条は計111項目の所掌する事務を列記している。主なものに、社会保障政策(第1号)、少子高齢社会への対応(第2号)、疾病の予防及び治療に関する研究(第3号)、労働組合(第5号)、労働基本権の保障(第6号)、労働関係の調整(第7号)、人口政策(第8号)、医療の普及・向上及び指導・監督(第9号、第10号)、医師及び歯科医師(第12号)、水道(第29号)、国立ハンセン病療養所(第30号)、麻薬等の取締り(第32号)、毒物及び劇物の取締り(第33号)、公衆衛生の向上及び増進(第40号)、労働条件(第41号)、産業安全・労働衛生(第44号、第45号)、労働基準の監督(第46号)、労働者災害補償保険事業(第47号)、政府の行う職業紹介及び職業指導(第54号)、雇用保険事業(第61号)、職業の安定(第62号)、公共職業訓練(第63号)、女性労働問題(第72号、第73号)、児童・児童のある家庭及び妊産婦その他母性の福祉の増進(第77号)、社会福祉事業の発達・改善(第81号)、生活保護(第82号)、消費生活協同組合(第84号)、国民生活の保護及び指導(第86号)、障害者福祉(第87号、第88号)、老人福祉(第90号、第91号)、介護保険事業(第93号)、医療保険(第93号?第97号)、年金保険(第98号?第102号)、引揚援護(第103号)、戦傷病者・戦没者遺族等の援護(第104号)、旧陸海軍の残務の整理(第105号)、人口動態統計及び毎月勤労統計調査(第106号)などがある。厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た労働安全衛生総合研究所

    厚生労働省が主管する独立行政法人は2012年4月1日現在、国立健康・栄養研究所(主務局:大臣官房)、労働安全衛生総合研究所(労働基準局)、勤労者退職金共済機構(労働基準局)、高齢・障害・求職者雇用支援機構(職業安定局)、福祉医療機構(社会・援護局)、国立重度知的障害者総合施設のぞみの園(社会・援護局)、労働政策研究・研修機構(政策統括官)、労働者健康福祉機構(労働基準局)、国立病院機構(医政局)、医薬品医療機器総合機構(医薬食品局)、医薬基盤研究所(大臣官房)、年金・健康保険福祉施設整理機構(年金局)、年金積立金管理運用独立行政法人(年金局)、国立がん研究センター、国立循環器病研究センター、国立精神・神経医療研究センター、国立国際医療研究センター、国立成育医療研究センターおよび国立長寿医療研究センターの19法人である。また、国土交通省主管の水資源機構は、水路事業部を国交省、農林水産省、経済産業省とともに共管している(健康局水道課)。国立病院機構は特定独立行政法人であり、職員は国家公務員の一般職の身分を有する。厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た年金局

    年金局 - 総務課(政令第124条)、年金課、国際年全課、企業年金国民年金基金課、数理課、事業企画課、事業管理課厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た水資源機構

    厚生労働省が主管する独立行政法人は2012年4月1日現在、国立健康・栄養研究所(主務局:大臣官房)、労働安全衛生総合研究所(労働基準局)、勤労者退職金共済機構(労働基準局)、高齢・障害・求職者雇用支援機構(職業安定局)、福祉医療機構(社会・援護局)、国立重度知的障害者総合施設のぞみの園(社会・援護局)、労働政策研究・研修機構(政策統括官)、労働者健康福祉機構(労働基準局)、国立病院機構(医政局)、医薬品医療機器総合機構(医薬食品局)、医薬基盤研究所(大臣官房)、年金・健康保険福祉施設整理機構(年金局)、年金積立金管理運用独立行政法人(年金局)、国立がん研究センター、国立循環器病研究センター、国立精神・神経医療研究センター、国立国際医療研究センター、国立成育医療研究センターおよび国立長寿医療研究センターの19法人である。また、国土交通省主管の水資源機構は、水路事業部を国交省、農林水産省、経済産業省とともに共管している(健康局水道課)。国立病院機構は特定独立行政法人であり、職員は国家公務員の一般職の身分を有する。厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た一般会計

    2012年度(平成24年度)一般会計当初予算における厚生労働省所管予算は26兆6873億2300万円である。組織別の内訳は厚生労働本省が26兆5073億5400万円と全体比で約99%を占め、以下、検疫所が92億5000万円、国立ハンセン病療養所が339億8200万円、厚生労働本省試験研究機関が116億7800万円、国立更生援護機関が83億8900万円、地方厚生局が166億9900万円、都道府県労働局が982億8400万円、中央労働委員会が16億8600万と続く。厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

121件中 41 - 50件表示

「厚生労働省」のニューストピックワード