120件中 61 - 70件表示
  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た中央労働災害防止協会

    特別の法律により設立される民間法人(特別民間法人)には2016年4月1日現在、社会保険診療報酬支払基金(保健局)、建設業労働災害防止協会(労働基準局)、陸上貨物運送事業労働災害防止協会(労働基準局)、林業・木材製造業労働災害防止協会(労働基準局)、港湾貨物運送事業労働災害防止協会(労働基準局)、中央職業能力開発協会(職業能力開発局)、中央労働災害防止協会(労働基準局)、企業年金連合会(年金局)、石炭鉱業年金基金(年金局)および全国社会保険労務士会連合会(労働基準局)の10法人がある。以前は労働基準局所管の鉱業労働災害防止協会(略称:鉱災防)があったが、2014年3月31日に解散した。厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た労働基準監督署

    都道府県労働局 - 労働基準監督署(法律第22条)(341署)、公共職業安定所(法律第23条)(477所)、地方労働審議会(第156条の2)、地方最低賃金審議会(最低賃金法第20条)、紛争調整委員会(個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律第6条)厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た日本の医療

    厚生労働省(こうせいろうどうしょう、略称:厚労省(こうろうしょう)、)は、国家行政組織法が規定する「国の行政機関」である省の一つである。健康・医療、子ども・子育て、福祉・介護、雇用・労働、年金に関する政策分野を主に所管する。2001年(平成13年)1月の中央省庁再編により、厚生省と労働省を廃止・統合して誕生した。厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た全日本国立医療労働組合

    2011年3月31日現在、人事院に登録された職員団体の数は連合体7、単一体6、支部52の合計65団体である。組織人員数は1万9152人、組織率は69.6%となっている。この組織率は12府省2院の中では農林水産省(86.8%)の次に大きい。全厚生職員労働組合(全厚生)、全日本国立医療労働組合(全医労)、全労働省労働組合(全労働)、東京職業安定行政職員労働組合(東京職安労組)、大阪労働局職業安定行政職員労働組合、沖縄非現業国家公務員労働組合労働支部、および中央労働委員会事務局労働組合(中労委労組)などが現存する。全厚生と全医労は「厚生省労働組合共闘会議」を形成している。また以上2労組と全労働は国公労連(全労連傘下)に加盟している。中労委労組は中立系である。厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た職員団体

    厚生労働省の一般職職員は非現業の国家公務員なので、労働基本権のうち争議権と団体協約締結権は国家公務員法により認められていない。団結権は認められており、職員は労働組合として国公法の規定する「職員団体」を結成し、若しくは結成せず、又はこれに加入し、若しくは加入しないことができる(国公法第108条の2第3項)。厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た日本の行政機関

    厚生労働省(こうせいろうどうしょう、略称:厚労省(こうろうしょう)、)は、国家行政組織法が規定する「国の行政機関」である省の一つである。健康・医療、子ども・子育て、福祉・介護、雇用・労働、年金に関する政策分野を主に所管する。2001年(平成13年)1月の中央省庁再編により、厚生省と労働省を廃止・統合して誕生した。厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た国家行政組織法

    厚生労働省(こうせいろうどうしょう、略称:厚労省(こうろうしょう)、)は、国家行政組織法が規定する「国の行政機関」である省の一つである。健康・医療、子ども・子育て、福祉・介護、雇用・労働、年金に関する政策分野を主に所管する。2001年(平成13年)1月の中央省庁再編により、厚生省と労働省を廃止・統合して誕生した。厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た中央労働委員会

    中央労働委員会(国家行政組織法第3条第2項、労働組合法第19条の2、法律第25条) - 事務局(労働組合法第19条の11第1項)厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た特別の法律により設立される民間法人

    特別の法律により設立される民間法人(特別民間法人)には2016年4月1日現在、社会保険診療報酬支払基金(保健局)、建設業労働災害防止協会(労働基準局)、陸上貨物運送事業労働災害防止協会(労働基準局)、林業・木材製造業労働災害防止協会(労働基準局)、港湾貨物運送事業労働災害防止協会(労働基準局)、中央職業能力開発協会(職業能力開発局)、中央労働災害防止協会(労働基準局)、企業年金連合会(年金局)、石炭鉱業年金基金(年金局)および全国社会保険労務士会連合会(労働基準局)の10法人がある。以前は労働基準局所管の鉱業労働災害防止協会(略称:鉱災防)があったが、2014年3月31日に解散した。厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た国立医薬品食品衛生研究所

    国立医薬品食品衛生研究所(政令第135条)厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

120件中 61 - 70件表示