120件中 71 - 80件表示
  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た水資源機構

    厚生労働省が主管する独立行政法人は2016年4月1日現在、以下に示す通り、中間目標管理法人10、国立研究開発法人7の計17法人である。また、国土交通省主管の水資源機構は、水路事業部を国交省、農林水産省、経済産業省とともに共管している(健康局水道課)。行政執行法人は所管しない。国立病院機構は以前は独立行政法人の中でも役職員が国家公務員の一般職である「特定独立行政法人」であったが、独立行政法人通則法の改正法(平成26年6月13日法律第66号)施行に伴い、2015年4月1日から中期目標管理法人となり、役職員は国家公務員ではなくなった。第2次安倍内閣が閣議決定した「独立行政法人改革等に関する基本的な方針」(2013年12月24日付け)に基づき、特定独法の後継制度である「行政執行法人」にはならなかった。厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た厚生労働省大臣官房

    大臣官房(政令第2条第1項)厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た四国厚生支局

    中国四国厚生局 - 四国厚生支局(政令第154条)厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見たものづくり基盤技術振興基本法

    厚労省が執筆・編集する白書など年次報告書には、「厚生労働白書」、「労働経済白書」、「海外情勢報告」、「働く女性の実情」、「母子家庭の母の就業の支援に関する年次報告」、「ものづくり基盤技術の振興施策」(ものづくり白書)がある。ものづくり白書はものづくり基盤技術振興基本法8条にもとづき、国会に報告する「ものづくり基盤技術の振興施策」を収録した法定白書であり、経済産業省・文部科学省とともに執筆している。広報誌には月刊の『厚生労働』がある。2009年度までは厚生労働問題研究会が発行主体であったが、2009年3月31日をもって解散したため、2009年4月号からは中央法規出版が編集・発行元となった。さらに、2012年4月号からは、日本医療企画が編集・発行元となる。厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た地方厚生局

    地方厚生局 (法律第17条) - 健康福祉部(政令第153条)、麻薬取締部、地方厚生支局(法律第19条)、地方麻薬取締支所(法律第20条)厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た鉱業労働災害防止協会

    特別の法律により設立される民間法人(特別民間法人)には2016年4月1日現在、社会保険診療報酬支払基金(保健局)、建設業労働災害防止協会(労働基準局)、陸上貨物運送事業労働災害防止協会(労働基準局)、林業・木材製造業労働災害防止協会(労働基準局)、港湾貨物運送事業労働災害防止協会(労働基準局)、中央職業能力開発協会(職業能力開発局)、中央労働災害防止協会(労働基準局)、企業年金連合会(年金局)、石炭鉱業年金基金(年金局)および全国社会保険労務士会連合会(労働基準局)の10法人がある。以前は労働基準局所管の鉱業労働災害防止協会(略称:鉱災防)があったが、2014年3月31日に解散した。厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た国立重度知的障害者総合施設のぞみの園

    国立重度知的障害者総合施設のぞみの園(社会・援護局)厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た厚生労働大臣

    厚生労働大臣(法律第2条第2項)厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た船員災害防止協会

    特別の法律により設立される法人には健康保険組合連合会(保険局)、全国健康保険協会(保険局)、国民年金基金連合会(年金局)および船員災害防止協会(労働基準局)の4法人がある。船員災害防止協会は国土交通省との共管である。任意団体には総合型健康保険組合の連合体である総合健康保険組合協議会がある。厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省

    厚生労働省から見た医薬品医療機器総合機構

    医薬品医療機器総合機構(医薬・生活衛生局)厚生労働省 フレッシュアイペディアより)

120件中 71 - 80件表示