前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
132件中 1 - 10件表示
  • 公的年金

    公的年金から見た厚生年金厚生年金

    日本では、社会保障の観点から財政援助や税制優遇措置を与え、国が行う国民年金、厚生年金と公務員などの各種の共済年金の制度として公的年金がある。公的年金 フレッシュアイペディアより)

  • 年金

    年金から見た厚生年金厚生年金

    民間サラリーマンや公務員等には、厚生年金や共済年金に企業や組織が義務として強制加入しなければならず、自動的に加入していると見なされる1階部分の老齢基礎年金に加えて2階部分の老齢厚生年金や退職共済年金を受給できる。年金 フレッシュアイペディアより)

  • 船員保険

    船員保険から見た厚生年金厚生年金

    かつては独自の年金・雇用保険・労災保険制度もあったが、年金の部分は1986年(昭和61年)に厚生年金へ、雇用保険及び労災保険の部分は2010年(平成22年)に一般の雇用保険と労災保険にそれぞれ統合された。(職務上疾病・年金に関する給付については、労災保険制度に相当する部分を労災保険制度から給付することとし、それではカバーできない部分については、引き続き船員保険制度から給付することとされた。)船員保険 フレッシュアイペディアより)

  • 国民年金

    国民年金から見た厚生年金厚生年金

    産業構造の変化等により、財政基盤が不安定なっていたことや加入している制度により、給付と負担の両面で不公平が生じていたことから、1985年(昭和60年)、全国民共通で全国民で支える基礎年金制度を創設する年金制度の抜本的改革が行われた。1986年4月から、国民年金は、学生を除く(学生の強制加入は1991年4月から)20歳以上60歳未満の日本に住むすべての人を強制加入とし、共通の基礎年金(1階部分)を支給する制度になった。また、厚生年金等の被用者年金は、基礎年金の上乗せの2階部分として、報酬比例年金を支給する制度へと再編された。国民年金 フレッシュアイペディアより)

  • 老齢基礎年金

    老齢基礎年金から見た厚生年金厚生年金

    老齢厚生年金は65歳未満(「特例支給開始年齢」からも)でも先取りして、また65歳以降に先送りして受給できるが、受給をしながら就労して報酬を得る場合に適用される。就労する企業が厚生年金制度に加入し、かつそこの正規社員の勤務時間75%以上の就労時間ならば受給者も厚生年金に加入しなければならない。老齢基礎年金 フレッシュアイペディアより)

  • 老齢基礎年金

    老齢基礎年金から見た老齢厚生年金厚生年金

    老齢厚生年金」の受給者に65歳未満の配偶者が居る場合には、受給者の老齢厚生年金に「配偶者加給年金」が加算される。配偶者が65歳に達した以降は配偶者自身が老齢基礎年金の受給を出来るのでこの加給は無くなり、この加給額に相当する金額は「振替加算」として、配偶者自身が受給する「老齢基礎年金」内訳に振り替えられる。言い換えれば、配偶者にしかこの「振替加算額」は付かない。老齢基礎年金 フレッシュアイペディアより)

  • 2020年代

    2020年代から見た厚生年金厚生年金

    厚生年金保険料率の物価水準連動の期限。2020年代 フレッシュアイペディアより)

  • 年金

    年金から見た老齢厚生年金厚生年金

    一方、厚生年金保険の場合は「老齢厚生年金」と呼ばれるものを受給し、「厚生」の表記は無くならない。年金 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本

    2007年の日本から見た厚生年金厚生年金

    年金積立金管理運用独立行政法人、国民年金と厚生年金の市場運用の結果、2006年10月?12月期に2兆3795億円の黒字となったことを発表。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 共済組合

    共済組合から見た厚生年金保険厚生年金

    以下の共済組合は平成9年4月に厚生年金保険に統合され、現在は厚生年金保険に統合されなかった期間の長期給付事業のみを行なっている。共済組合 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
132件中 1 - 10件表示

「厚生年金」のニューストピックワード