前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
158件中 1 - 10件表示
  • 老齢年金

    老齢年金から見た厚生年金厚生年金

    新法施行前に、旧厚生年金保険・旧船員保険の老齢年金の受給権が発生した者老齢年金 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の年金

    日本の年金から見た厚生年金厚生年金

    歴史的経緯として、第二階部分である被用者年金が先に制度化されており、これは所得比例拠出型の社会保険である。保険料は事業主と折半して拠出し、保険者には政府管掌の厚生年金と共済組合管掌の共済年金が存在する。日本の年金 フレッシュアイペディアより)

  • 年金

    年金から見た厚生年金厚生年金

    自営業者は社会保障税を全額自己負担(日本の国民年金に相当)、会社員は雇用者と折半(日本の厚生年金に相当、税率6.2%+6.2%)であるが、税率、年間納税上限、退職後の支給額との関係などに差はない。軍人の場合は軍が負担する。研修(J-1)ビザなどで一時的に滞在する外国人は国内で所得を得ても社会保障税は免除される。社会保障税は労役所得にのみ課税されるので、株や不動産の売買益や利子・配当所得には課税されないが、例えば株式トレーディングを職業としている場合は課税される。年金 フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た厚生年金厚生年金

    国税の徴収・課税をする国税庁と、国民年金と厚生年金など公的年金の運営業務をする日本年金機構を統合して、新たに歳入庁を設置する構想ができた。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 公的年金

    公的年金から見た厚生年金厚生年金

    公的年金(こうてきねんきん、)とは、社会保障の観点から財政援助や税制優遇措置を与え、国が行う年金である。日本の公的年金には、老齢年金として国民年金、厚生年金、共済年金がある。厚生労働省の調査では、公的年金の支給総額(年金総額)が2009年度に50兆円に達し、名目国内総生産(GDP)に対する割合が1割を超えた。年金の受給者数が3703万人と前年度比で3.1%増え、加入者数は0.9%減の6874万人に減った。公的年金 フレッシュアイペディアより)

  • 法人成り

    法人成りから見た厚生年金保険厚生年金

    業種や従業員数に関わらず、労働保険(労災保険・雇用保険)や社会保険(健康保険・厚生年金保険)の強制適用事業となり、保険関係成立届の提出などの面倒な手続きや経費が嵩む。法人成り フレッシュアイペディアより)

  • 財政投融資

    財政投融資から見た厚生年金厚生年金

    戦後はドッジ・ラインによる均衡財政下で長期産業資金として日本国政府、地方公共団体、特殊銀行で運用された。1953年からは財政投融資計画として予算とともに国会に提出されるようになり、郵便貯金、厚生年金及び国民年金の積立金などから預託を受け、「大蔵省資金運用部資金」として日本国政府、特殊法人、地方公共団体への融資・運用が行われるようになった。その後、財政投融資は年々その規模を拡大し、「第二の予算」として景気調節、資源再配分の役割を担ってきた。財政投融資 フレッシュアイペディアより)

  • 年金記録問題

    年金記録問題から見た厚生年金厚生年金

    2007年(平成19年)2月に社会保険庁は平成19年(2007年)度の事業計画案の中で、特別強化体制により、基礎年金番号への過去記録の統合・整理等を進めるとした。しかし、2006年(平成18年)6月時点において、コンピュータに記録(年金番号)があるものの、基礎年金番号に統合・整理されていない記録が約5000万件(厚生年金番号4000万件、国民年金番号1000万件)あることが判明し、社会保険庁が年金記録をきちんと管理していないことが指摘された。これが、いわゆる「宙に浮いた年金記録」である。年金記録問題 フレッシュアイペディアより)

  • 社会保険労務士

    社会保険労務士から見た厚生年金厚生年金

    社会保険(健康保険・厚生年金等)における私傷病、出産、死亡等に関する申請等の事務手続き社会保険労務士 フレッシュアイペディアより)

  • 共済組合

    共済組合から見た厚生年金厚生年金

    以下の共済組合は厚生年金に統合され、現在は厚生年金に統合されなかった期間の長期給付事業のみを行なっている。共済組合 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
158件中 1 - 10件表示

「厚生年金」のニューストピックワード