158件中 91 - 100件表示
  • 船員保険法

    船員保険法から見た厚生年金厚生年金

    昭和14年(1939年)に制定された当時は政府管掌とされ、年金、医療、失業、労災を包括する総合保険として出発したが、年金・失業・労災の部分はそれぞれ一般の厚生年金・雇用保険・労災保険に移行したため、それらの規定は削除され、現在は医療部門と船員保険独自の給付のみが残っている。また管掌も政府から全国健康保険協会に代わっている。船員保険法 フレッシュアイペディアより)

  • 国家公務員共済組合法

    国家公務員共済組合法から見た厚生年金保険厚生年金

    第2款 厚生年金保険給付(第73条)国家公務員共済組合法 フレッシュアイペディアより)

  • 教育ローン

    教育ローンから見た厚生年金保険厚生年金

    国民年金・厚生年金保険に通算10年以上加入している者を対象とした制度で、福祉医療機構(旧年金資金運用基金)が公庫へ斡旋することにより融資を受けることが可能。貸付額は扶養家族である学生1人について国民年金加入中は50万円以内、厚生年金保険加入中は100万円以内。年収制限なし。福祉医療機構による斡旋が中止されているため、現在この制度を使うことは事実上不可となっている。教育ローン フレッシュアイペディアより)

  • 船員保険

    船員保険から見た厚生年金厚生年金

    1939年(昭和14年)の船員保険法制定により、ほぼすべての社会保険部門(年金、医療、労災、失業)を有する船員のための総合社会保険制度として発足した。その後、職務外年金部門は1986年(昭和61年)に厚生年金へ、職務上疾病・年金及び失業部門は2010年(平成22年)に一般の労災保険と雇用保険にそれぞれ統合された(職務上疾病・年金に関する給付については、労災保険制度に相当する部分を労災保険制度から給付することとし、それではカバーできない部分については、引き続き船員保険制度から給付することとされた)。この結果、現在は医療保険部門と船員保険独自の給付のみが残っている。また2013年(平成25年)の改正により、職務上の傷病であっても労災の対象とならない場合は包括的に船員保険の対象とすることとした。船員保険 フレッシュアイペディアより)

  • 年問題

    年問題から見た厚生年金厚生年金

    2031年問題 - 厚生年金積立金が枯渇し、破綻する問題。年問題 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生年金会館

    厚生年金会館から見た厚生年金厚生年金

    厚生年金会館(こうせいねんきんかいかん)は、厚生年金保険加入者の福祉増進を目的として社会保険庁が設置していた厚生年金福祉施設の一つ。厚生年金保険法第79条に基づき、厚生年金保険料を財源として設置されていた。社会保険庁に関連する財団法人である厚生年金事業振興団が運営していた。「ウェルシティ」の愛称があった。厚生年金会館 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生年金会館

    厚生年金会館から見た厚生年金保険厚生年金

    厚生年金会館(こうせいねんきんかいかん)は、厚生年金保険加入者の福祉増進を目的として社会保険庁が設置していた厚生年金福祉施設の一つ。厚生年金保険法第79条に基づき、厚生年金保険料を財源として設置されていた。社会保険庁に関連する財団法人である厚生年金事業振興団が運営していた。「ウェルシティ」の愛称があった。厚生年金会館 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の地方議会

    日本の地方議会から見た厚生年金厚生年金

    ちなみに議員年金は「特権」と見られることがあったが実際には厚生年金、共済組合に比べると掛け率は悪かった。ただ、3期12年で年金を受け取れる 事は有利な点であった。日本の地方議会 フレッシュアイペディアより)

  • 社会保険庁

    社会保険庁から見た厚生年金厚生年金

    2007年(平成19年)8月10日、愛知県内の8ヵ所の社会保険事務所が健康保険や厚生年金の保険料を滞納した事業所に対して課される延滞金を不正に減額していた。総額は少なくとも約6800万円にのぼるとされた。社会保険庁 フレッシュアイペディアより)

  • 社会保険庁

    社会保険庁から見た厚生年金保険厚生年金

    その責務は、政府管掌健康保険事業、船員保険事業、厚生年金保険事業、国民年金事業等の運営である。地方支分部局として都道府県単位の社会保険事務局が設置され、その傘下として地域毎に社会保険事務所が置かれていた。社会保険庁 フレッシュアイペディアより)

158件中 91 - 100件表示

「厚生年金」のニューストピックワード