132件中 51 - 60件表示
  • 厚生年金老人ホーム

    厚生年金老人ホームから見た厚生年金厚生年金

    社会保険庁が厚生年金保険の加入者を対象として、福祉を増進する目的で設置した厚生年金福祉施設の一つであり、財団法人厚生年金事業振興団が運営している。厚生年金老人ホーム フレッシュアイペディアより)

  • オリックス劇場

    オリックス劇場から見た厚生年金厚生年金

    旧施設である大阪厚生年金会館は、1968年(昭和43年)4月14日に完成した、厚生年金保険加入者の福祉増進を目的として社会保険庁が設置した厚生年金福祉施設。全国に所在する厚生年金会館(ウェルシティ)の一つであり、『ウェルシティ大阪』の通称があった。社会保険庁に関連する財団法人厚生年金事業振興団が運営していた。オリックス劇場 フレッシュアイペディアより)

  • 山口剛彦

    山口剛彦から見た厚生年金厚生年金

    基礎年金制度の導入を進め、厚生年金と国民年金の一元化を推進した。この改革により、両年金制度の一部が統合され、年金の財政基盤が従来より安定することとなった山口剛彦 フレッシュアイペディアより)

  • NTT健康保険組合

    NTT健康保険組合から見た厚生年金厚生年金

    元は日本電信電話公社共済組合であった。民営化後も約10年間は共済組合であったが、1997年に短期給付は健康保険組合に移行した。(同時に旧3公社(JR、NTT、JT)の共済年金が厚生年金に統合された)NTT健康保険組合 フレッシュアイペディアより)

  • ねんきん特別便

    ねんきん特別便から見た厚生年金厚生年金

    ねんきん特別便は社会保険庁の事業であるため、社会保険庁が所管している国民年金・厚生年金・旧船員保険の記録が記載されている。共済年金については基礎年金の支給の必要性から社会保険庁では加入月数のみを共済組合から伝えてもらっているので、ねんきん特別便にもその加入月数の記載しかない。ねんきん特別便 フレッシュアイペディアより)

  • ねんきん定期便

    ねんきん定期便から見た厚生年金厚生年金

    2009年4月から一旦、全加入者宛に順次発送され加入期間、見込み受給年金額、加入履歴、過去のすべての厚生年金の標準報酬月額および国民年金の保険料納付状況(納付、未納、免除の別)などを記載。「ねんきん特別便」は加入期間とその期間における勤務先を確認する目的であるが、「ねんきん定期便」は加入者自身が過去の納付状況を確認できるものとされる。ここで言う一旦とは新たな「ねんきん定期便」を開始するに当たって一旦全加入者に発送時点までの内容を記載し、確認を促すものとなる。ねんきん定期便 フレッシュアイペディアより)

  • 源泉徴収

    源泉徴収から見た厚生年金厚生年金

    源泉徴収は所得税を給与や報酬から控除する場合をいい個人の住民税の場合は特別徴収、社会保険料(健康保険、厚生年金保険料など)や雇用保険料等の場合は単に徴収という。源泉徴収 フレッシュアイペディアより)

  • 財政投融資

    財政投融資から見た厚生年金厚生年金

    戦後はドッジ・ラインによる均衡財政下で長期産業資金として国、地方公共団体、特殊銀行で運用された。1953年からは財政投融資計画として予算とともに国会に提出されるようになり、郵貯、厚生年金、国民年金などの預託を受け、「大蔵省資金運用部資金」として国、特殊法人、地方公共団体への融資・運用が行われるようになった。その後、財政投融資は年々その規模を拡大し、「第二の予算」として景気調節、資源再配分の役割を担ってきた。財政投融資 フレッシュアイペディアより)

  • 人事

    人事から見た厚生年金厚生年金

    法定福利に関して、保険料は、健康保険、厚生年金、雇用保険はそれぞれ労使の折半、労災保険、健康診断は会社側が全額負担することになっている。人事 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生年金休暇センター

    厚生年金休暇センターから見た厚生年金保険厚生年金

    厚生年金休暇センター(こうせいねんきんきゅうかセンター)は、かつて厚生年金保険加入者の福祉増進を目的として社会保険庁が設置した厚生年金福祉施設の一つ。厚生年金保険法第79条に基づき設置されている。社会保険庁に関連する財団法人である厚生年金事業振興団が運営していた。「ウェルサンピア」の愛称を用いていた。厚生年金休暇センター フレッシュアイペディアより)

132件中 51 - 60件表示