158件中 51 - 60件表示
  • 名寄せ

    名寄せから見た厚生年金厚生年金

    一個人でも職歴が複数にまたがると、国民年金・厚生年金の支払人が複数あると記録されてしまい、実態に沿わない結果になる。名寄せにより、同一人格が継続して納付していたと判断しないと老齢年金支給が受けられず、かつての社会保険庁では、支払記録を管理する側の管理能力が問われた。名寄せ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス劇場

    オリックス劇場から見た厚生年金厚生年金

    旧施設である大阪厚生年金会館は、1968年(昭和43年)4月14日に完成した、厚生年金保険加入者の福祉増進を目的として社会保険庁が設置した厚生年金福祉施設。全国に所在する厚生年金会館(ウェルシティ)の一つであり、『ウェルシティ大阪』の通称があった。社会保険庁に関連する財団法人厚生年金事業振興団が運営していた。オリックス劇場 フレッシュアイペディアより)

  • 建設業

    建設業から見た厚生年金厚生年金

    法人個人を問わず、工事を請け負う実態であっても、請負契約でなければ建設業ではないので、工事内容にあわせて人数を計算し、単価×日数で労働力を提供するものであるなら、一般的な雇用契約(従業員としての労働)、あるいは労働者派遣に該当し、建設業の範囲からは外れ、建設業許可の対象外となる。この場合、雇用保険や厚生年金、健康保険は元の業者の従業員としての加入が必要である。建設業 フレッシュアイペディアより)

  • 船員

    船員から見た厚生年金厚生年金

    船員の労働時間、休日、年次有給休暇等は、海上労働の特殊性から、労働基準法の規定の大部分が適用されず(労働基準法第116条)、別途船員法で定められている。また、医療保険制度についても、一般労働者の健康保険ではなく、船員の特殊事情を加味した船員保険(かつては一般の労災保険、雇用保険、厚生年金も統合されていた)に加入することとなる。船員 フレッシュアイペディアより)

  • アルモニーサンク

    アルモニーサンクから見た厚生年金厚生年金

    同年3月31日までは厚生年金保険加入者の福祉増進を目的として社会保険庁が設置した厚生年金福祉施設(厚生年金会館の一つである、九州厚生年金会館(きゅうしゅうこうせいねんきんかいかん、通称:ウェルシティ小倉)であった。社会保険庁に関連する財団法人厚生年金事業振興団が運営していた。アルモニーサンク フレッシュアイペディアより)

  • クレサラ問題

    クレサラ問題から見た厚生年金厚生年金

    年金証書、印鑑、通帳を担保(国民年金や厚生年金の受給権が担保ではないことに注意されたい)に貸し付けを行うこと。また、印鑑と通帳を使って、「返済」と称して債務者の年金を勝手におろしてしまう業者もある。2004年12月28日より「貸金業の規制等に関する法律」の改正により、これらを担保に取る行為は罰則付きで禁止となる(それ以前は、金融庁の「事務ガイドライン」で禁じられていたのみ)。クレサラ問題 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生年金基金

    厚生年金基金から見た厚生年金厚生年金

    厚生年金基金(こうせいねんきんききん、Welfare Pension Fund、Employees' Pension Fund)は、厚生年金保険法を根拠法とする、企業年金の一種の給付を行う基金とする組織の認可法人である。1966年(昭和41年)に経済界からの要望により創設された。日本の企業年金制度のひとつで、いわゆる「3階建て」の年金構造のうち、国民年金(1階部分)、厚生年金や共済年金(2階部分)に上乗せした給付(3階部分)である。厚生年金基金 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生年金基金

    厚生年金基金から見た厚生年金保険厚生年金

    基金は、加入員の老齢について給付を行い、もって加入員の生活の安定と福祉の向上を図ることを目的とする。厚生年金保険の適用事業所の事業主と、その適用事業所に使用される被保険者で構成される(厚生年金保険法第107条)。厚生年金基金 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生年金保険法

    厚生年金保険法から見た厚生年金厚生年金

    第三章の二 離婚等をした場合における特例(第78条の2―第78条の12)厚生年金保険法 フレッシュアイペディアより)

  • 職業安定法

    職業安定法から見た厚生年金厚生年金

    健康保険、厚生年金、労働者災害補償保険及び雇用保険の適用に関する事項職業安定法 フレッシュアイペディアより)

158件中 51 - 60件表示

「厚生年金」のニューストピックワード