前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示
  • 浦和レッドダイヤモンズ

    浦和レッドダイヤモンズから見た原口元気原口元気

    内舘秀樹が引退、岡野雅行や相馬崇人が退団(その後、岡野はTSWペガサスへ、相馬はCSマリティモへ入団)、永井雄一郎が清水に完全移籍した一方、レンタル移籍から復帰した赤星貴文、大卒新人の野田紘史、ユースから昇格の原口元気(飛び級昇格)、山田直輝、高橋峻希、濱田水輝、永田拓也と若手選手を獲得した(赤星は山形に、野田は岡山にシーズン途中でレンタル移籍)。浦和レッドダイヤモンズ フレッシュアイペディアより)

  • 山田直輝

    山田直輝から見た原口元気原口元気

    2009年、高橋峻希、濱田水輝、永田拓也とともにトップ昇格。第2節の3月14日、対FC東京戦にて後半33分から途中出場し、ポンテのゴールをアシスト。これがプロ入り初アシストである。4月29日、対清水エスパルス戦にて後半29分、プロ初得点をあげた。また、4月にはチームメイトである原口元気とともに、U-20代表候補に選ばれたが、右太腿裏を痛めたため代表合宿への参加を辞退した(原口は参加)。山田直輝 フレッシュアイペディアより)

  • 豊嶋邑作

    豊嶋邑作から見た原口元気原口元気

    小学生の頃は、鹿島アントラーズの下部組織に所属し、セレクションを受けずにジュニアユースへの昇格を受けていたが、実家のあるつくばみらい市から近かった柏レイソルに入団。柏レイソルジュニアユースに入った初年度のレガフトロで得点王、MVPを獲得しチームの優勝に貢献した。またその年には、ナショナルトレセンにも選出されている。U-14日本代表時には、原口元気・高木俊幸・田口泰士・風間宏希・扇原貴宏・大崎淳矢・阿部巧ら、現在Jリーグや海外でプレーしている選手と共に韓国親善試合に出場している。中学最後の年では、メニコンカップに出場。茨田陽生・原口元気・宇佐美貴史・高木俊幸らと共にプレーをした。豊嶋邑作 フレッシュアイペディアより)

  • スター・システム

    スター・システムから見た原口元気原口元気

    スポーツにおいてスターシステムという言葉が多用されるようになったのはフィリップ・トルシエがサッカー日本代表の監督であった1998年 - 2002年ころである。マスコミ報道による過度のプレッシャーにより選手が潰されてしまった実例として、しばしばトルシエは前園真聖の名を挙げた。そのほかにトルシエはイタリアのクラブチームで控えの選手(中田英寿)をスーパースター扱いする日本のマスコミを不思議がっていた。「日本のテレビニュースでは日本人選手が活躍したところだけダイジェストで流すため、その選手が世界的な大物だと視聴者が勘違いしてしまう」と語っていた。世界第二位の市場を持つ日本のマスコミの扱い方次第で、中田クラスの選手が日本市場向けのスポンサーが付けば年に10億円以上稼げて世界のサッカー選手の年収ベスト10に入るという現象が起きていた。このことはサッカーだけでなく野球やゴルフ等の海外での日本選手の行動を扱う際の日本マスコミ報道の異様さを批判する時に度々引用され、それは2002年にトルシエが退任した後も続いている。また2009年には浦和レッズの原口元気がU-19の代表に選出された直後の加熱ぶりに当時の監督であるフォルカー・フィンケはマスコミに対して不快感を示し、5月5日の柏レイソル戦後の記者会見で「あのように実力もあって、もちろん才能のある若い選手が毎日のようにメディアに出てしまうのは良くないことだと思う」と発言しサッカー界のスター・システムのあり方に波紋を広げた。スター・システム フレッシュアイペディアより)

  • コパ・チーバス

    コパ・チーバスから見た原口元気原口元気

    原口元気 (2008年・U-17日本代表)コパ・チーバス フレッシュアイペディアより)

  • 2011年J1最終節

    2011年J1最終節から見た原口元気原口元気

    一方、埼玉では前半1本もシュートも打てなかった浦和が後半開始時に山田に代えてFW原一樹を投入し、2列目のMF柏木陽介・MF原口元気の仕掛けを生かした攻撃を始めると、徐々に浦和にもチャンスが生まれる。53分、浦和MF平川忠亮の放ったクロスを飛び込んできた柏木が頭で合わせて、浦和が1点を返し、埼玉スタジアムは一気に盛り上がりを見せ浦和に勢いをもたらす。機を同じくして、新潟では名古屋がゴール右45度で得たフリーキックをFW玉田圭司が直接決めて名古屋に待望の先制点が入る。また、同じ頃、清水でもG大阪MF二川孝広のゴールが生まれて2点差とし、優勝争いの3会場は一気に緊迫の度合いを高めることになる。2011年J1最終節 フレッシュアイペディアより)

  • 第一学院高等学校

    第一学院高等学校から見た原口元気原口元気

    原口元気(サッカー選手)第一学院高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 1991年のスポーツ

    1991年のスポーツから見た原口元気原口元気

    5月9日 - 原口元気(埼玉県、サッカー)1991年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 赤星貴文

    赤星貴文から見た原口元気原口元気

    2008年10月、長谷部誠(現VfLヴォルフスブルク)・小野伸二(現清水)の海外移籍でボランチを欠いていた浦和の事情もあり、2009年シーズンからの浦和への復帰が決定。同年12月に正式発表される。しかしその2009年シーズンは、チームが3バックから4バックに移行したことにより、前年までDFにコンバートされていた阿部勇樹や細貝萌(現バイエル・レバークーゼン)がボランチに復帰し、ポジション争いが激化。また、2列目でも原口元気、山田直輝といった赤星より更に若い世代の選手たちが台頭。出場機会に恵まれず、6月までの出場はナビスコカップの3試合のみ(全て途中出場、計36分)だった。赤星貴文 フレッシュアイペディアより)

  • 新井涼平

    新井涼平から見た原口元気原口元気

    小学校3年時に江南南サッカー少年団でサッカーを始める。当時はフォワードで原口元気(浦和レッドダイヤモンズ)と2トップを組んでいた。新井涼平 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示

「原口元気」のニューストピックワード

  • 公明党がこぞって仮に反対しても、自民党と日本維新の会で多数から成立してしまう

  • 古屋自民選対委員長

  • 3次補正組むなら、解散もあり得る