42件中 11 - 20件表示
  • 2011年J1最終節

    2011年J1最終節から見た原口元気原口元気

    一方、埼玉では前半1本もシュートも打てなかった浦和が後半開始時に山田に代えてFW原一樹を投入し、2列目のMF柏木陽介・MF原口元気の仕掛けを生かした攻撃を始めると、徐々に浦和にもチャンスが生まれる。53分、浦和MF平川忠亮の放ったクロスを飛び込んできた柏木が頭で合わせて、浦和が1点を返し、埼玉スタジアムは一気に盛り上がりを見せ浦和に勢いをもたらす。機を同じくして、新潟では名古屋がゴール右45度で得たフリーキックをFW玉田圭司が直接決めて名古屋に待望の先制点が入る。また、同じ頃、清水でもG大阪MF二川孝広のゴールが生まれて2点差とし、優勝争いの3会場は一気に緊迫の度合いを高めることになる。2011年J1最終節 フレッシュアイペディアより)

  • 高円宮杯第19回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会

    高円宮杯第19回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会から見た原口元気原口元気

    原口元気 (浦和レッズユース→浦和レッズ)高円宮杯第19回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 永田拓也

    永田拓也から見た原口元気原口元気

    ジュニアユース時の2005年には高円宮杯U-15、ユース時の2008年には高円宮杯U-18でそれぞれ優勝を飾っており、山田直輝や高橋峻希、原口元気、濱田水輝らと共に、「浦和ユース黄金世代」と呼ばれる選手の1人。高円宮杯U-18決勝では、アシストも記録している。また、サテライトでも2007年には3試合、2008年には1試合に出場している。永田拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 濱田水輝

    濱田水輝から見た原口元気原口元気

    アメリカには中学校3年時まで滞在し、後日本に帰国して浦和レッズユースに入団。帰国半年程前より高校やJリーグのクラブユースに練習参加し、帰国後の進路を模索していたが、クラブユースサッカー選手権と高円宮杯の両方で優勝したジュニアユースの選手たちと一緒にプレーすることを希望し、浦和レッズユースを選んだと後にインタビューで語っている。ユース時代はボランチとしてプレー。2008年の高円宮杯U-18で優勝を飾っており、マスコミから山田直輝や高橋峻希、原口元気らと共に「ユース黄金世代」と称された。また、サテライトでも2007年には4試合、2008年には2試合に出場。2006年、2007年にはU-16、U-17日本代表に選ばれている。2008年10月、山田直輝、高橋峻希、永田拓也とともにトップチームへの昇格内定が発表された。濱田水輝 フレッシュアイペディアより)

  • 矢部雅明

    矢部雅明から見た原口元気原口元気

    浦和レッドダイヤモンズの下部組織出身。2005年にJrユースから昇格。2007年ユース3年生の時、7月開催の第31回日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会に出場。準々決勝でサンフレッチェ広島ユースに1-5で敗れ、ベスト8。また8月にヴィラ=レアル(スペイン)に遠征し、国際ユース大会「ビジャレアルユーストーナメント」に参加。9月開催の高円宮杯第18回全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会にも出場。準決勝で流通経済大学付属柏高等学校に1-4で敗れ、ベスト4敗退の3位だった。当時のユースメンバーは、濱田水輝、山田直輝、永田拓也、高橋峻希、原口元気、阪野豊史、林容平、大谷幸輝など、現在もプロで活躍する選手が多い。矢部雅明 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋峻希

    高橋峻希から見た原口元気原口元気

    山田直輝、原口元気、濱田水輝とともに「浦和ユース黄金世代」と呼ばれる右サイドの選手。高橋峻希 フレッシュアイペディアより)

  • 永井雄一郎

    永井雄一郎から見た原口元気原口元気

    高卒新人FWとして浦和レッドダイヤモンズに入団。4月12日の開幕戦・対横浜マリノス戦でプロデビューを果たした。この試合で当時の日本代表DF井原正巳をフェイントで、小村徳男をドリブルで翻弄し、強烈なインパクトを残し、翌日の新聞・TVで大きく取り上げられた。7月9日のヴェルディ川崎戦にて初得点を記録。18歳4ヶ月25日で達成したこの記録は、2009年4月12日に原口元気(17歳11ヶ月3日、対名古屋グランパスエイト戦)に塗り替えられるまでの12年間は浦和のクラブ史上最年少得点記録だった。また、U-20日本代表として1997 FIFAワールドユース選手権に出場し、チームのベスト8に貢献した。永井雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星貴文

    赤星貴文から見た原口元気原口元気

    2008年10月、長谷部誠(現アイントラハト・フランクフルト)・小野伸二(現コンサドーレ札幌)の海外移籍でボランチを欠いていた浦和の事情もあり、2009年シーズンからの浦和への復帰が決定。同年12月に正式発表される。しかしその2009年シーズンは、チームが3バックから4バックに移行したことにより、前年までDFにコンバートされていた阿部勇樹や細貝萌(現柏レイソル)がボランチに復帰し、ポジション争いが激化。また、2列目でも原口元気(現ヘルタ・ベルリン)、山田直輝(現湘南ベルマーレ)といった赤星より更に若い世代の選手たちが台頭。出場機会に恵まれず、6月までの出場はナビスコカップの3試合のみ(全て途中出場、計36分)だった。赤星貴文 フレッシュアイペディアより)

  • フォルカー・フィンケ

    フォルカー・フィンケから見た原口元気原口元気

    就任1年目は、これまで浦和が行なってきたカウンター重視のスタイルから、ポゼッションを重視するパスサッカーへの移行を推進。また、育成重視を志向するクラブの方針もあって、他クラブからの補強を行なわずに新戦力獲得を新人のみに抑え、若手選手への世代交代を図った。開幕戦で17歳の原口元気をスタメン起用したのを皮切りに、山田直輝や高橋峻希(後に神戸へ移籍)といった10代の選手に対し積極的に出場機会を与え、4月には首位に立つなど前年不振に終わった浦和の復活を予感させる躍進で、2位で前半戦を折り返した。フォルカー・フィンケ フレッシュアイペディアより)

  • JFA 全日本U-12フットサル選手権大会

    JFA 全日本U-12フットサル選手権大会から見た原口元気原口元気

    過去には小野伸二や我那覇和樹、遊佐克美、原口元気、フットサル日本代表の木暮賢一郎らを輩出している。JFA 全日本U-12フットサル選手権大会 フレッシュアイペディアより)

42件中 11 - 20件表示

「原口元気」のニューストピックワード