前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示
  • 原口元気

    原口元気から見た岡本拓也

    2011年12月10日にチームメートの岡本拓也と喧嘩になり、コーチ陣が静止しているにも関わらず倒れていた岡本の左肩を蹴って左肩関節脱臼(全治3週間)の怪我を負わせ、翌11日にクラブからけん責及び1週間の謹慎処分が下された。原口元気 フレッシュアイペディアより)

  • 原口元気

    原口元気から見た阿部勇樹

    2009年1月30日に浦和とプロ契約を締結。これは日本人でクラブ史上最年少である(エスクデロは17歳ちょうどで契約したが、その時はまだ日本に帰化前)。2009年シーズンは、開幕戦の3月7日対鹿島戦でスタメンを飾りJリーグ初出場を果たすと、4月12日第5節名古屋戦において、負傷した田中達也と交代で途中出場。クラブ日本人最年少ゴール(17歳11ヶ月3日)を決めた。その後、田中や梅崎司を怪我で欠くチーム事情もあり、スタメンに定着し、チーム2位となる32試合に出場した(1位は、全34試合に出場した阿部勇樹)。4月27日にはリーグ史上4番目の若さ(森本貴幸、阿部勇樹、稲本潤一に次ぐ)でA契約を結んだ。推定年俸は700万円。原口元気 フレッシュアイペディアより)

  • 原口元気

    原口元気から見た柏木陽介

    チームメイトである柏木陽介のブログで「生意気小僧」と評されていた。2009年には練習中にエジミウソンと小競り合いを起こし「謝れよ!」と怒鳴ったが、練習後和解している。原口元気 フレッシュアイペディアより)

  • 原口元気

    原口元気から見た田中達也

    2009年1月30日に浦和とプロ契約を締結。これは日本人でクラブ史上最年少である(エスクデロは17歳ちょうどで契約したが、その時はまだ日本に帰化前)。2009年シーズンは、開幕戦の3月7日対鹿島戦でスタメンを飾りJリーグ初出場を果たすと、4月12日第5節名古屋戦において、負傷した田中達也と交代で途中出場。クラブ日本人最年少ゴール(17歳11ヶ月3日)を決めた。その後、田中や梅崎司を怪我で欠くチーム事情もあり、スタメンに定着し、チーム2位となる32試合に出場した(1位は、全34試合に出場した阿部勇樹)。4月27日にはリーグ史上4番目の若さ(森本貴幸、阿部勇樹、稲本潤一に次ぐ)でA契約を結んだ。推定年俸は700万円。原口元気 フレッシュアイペディアより)

  • 原口元気

    原口元気から見た森本貴幸

    2009年1月30日に浦和とプロ契約を締結。これは日本人でクラブ史上最年少である(エスクデロは17歳ちょうどで契約したが、その時はまだ日本に帰化前)。2009年シーズンは、開幕戦の3月7日対鹿島戦でスタメンを飾りJリーグ初出場を果たすと、4月12日第5節名古屋戦において、負傷した田中達也と交代で途中出場。クラブ日本人最年少ゴール(17歳11ヶ月3日)を決めた。その後、田中や梅崎司を怪我で欠くチーム事情もあり、スタメンに定着し、チーム2位となる32試合に出場した(1位は、全34試合に出場した阿部勇樹)。4月27日にはリーグ史上4番目の若さ(森本貴幸、阿部勇樹、稲本潤一に次ぐ)でA契約を結んだ。推定年俸は700万円。原口元気 フレッシュアイペディアより)

  • 原口元気

    原口元気から見たエスクデロ・セルヒオ

    2009年1月30日に浦和とプロ契約を締結。これは日本人でクラブ史上最年少である(エスクデロは17歳ちょうどで契約したが、その時はまだ日本に帰化前)。2009年シーズンは、開幕戦の3月7日対鹿島戦でスタメンを飾りJリーグ初出場を果たすと、4月12日第5節名古屋戦において、負傷した田中達也と交代で途中出場。クラブ日本人最年少ゴール(17歳11ヶ月3日)を決めた。その後、田中や梅崎司を怪我で欠くチーム事情もあり、スタメンに定着し、チーム2位となる32試合に出場した(1位は、全34試合に出場した阿部勇樹)。4月27日にはリーグ史上4番目の若さ(森本貴幸、阿部勇樹、稲本潤一に次ぐ)でA契約を結んだ。推定年俸は700万円。原口元気 フレッシュアイペディアより)

  • 原口元気

    原口元気から見た梅崎司

    2009年1月30日に浦和とプロ契約を締結。これは日本人でクラブ史上最年少である(エスクデロは17歳ちょうどで契約したが、その時はまだ日本に帰化前)。2009年シーズンは、開幕戦の3月7日対鹿島戦でスタメンを飾りJリーグ初出場を果たすと、4月12日第5節名古屋戦において、負傷した田中達也と交代で途中出場。クラブ日本人最年少ゴール(17歳11ヶ月3日)を決めた。その後、田中や梅崎司を怪我で欠くチーム事情もあり、スタメンに定着し、チーム2位となる32試合に出場した(1位は、全34試合に出場した阿部勇樹)。4月27日にはリーグ史上4番目の若さ(森本貴幸、阿部勇樹、稲本潤一に次ぐ)でA契約を結んだ。推定年俸は700万円。原口元気 フレッシュアイペディアより)

  • 原口元気

    原口元気から見た稲本潤一

    2009年1月30日に浦和とプロ契約を締結。これは日本人でクラブ史上最年少である(エスクデロは17歳ちょうどで契約したが、その時はまだ日本に帰化前)。2009年シーズンは、開幕戦の3月7日対鹿島戦でスタメンを飾りJリーグ初出場を果たすと、4月12日第5節名古屋戦において、負傷した田中達也と交代で途中出場。クラブ日本人最年少ゴール(17歳11ヶ月3日)を決めた。その後、田中や梅崎司を怪我で欠くチーム事情もあり、スタメンに定着し、チーム2位となる32試合に出場した(1位は、全34試合に出場した阿部勇樹)。4月27日にはリーグ史上4番目の若さ(森本貴幸、阿部勇樹、稲本潤一に次ぐ)でA契約を結んだ。推定年俸は700万円。原口元気 フレッシュアイペディアより)

  • 原口元気

    原口元気から見たミハイロ・ペトロヴィッチ

    2012年はベンチスタートが多かったがJ1第14節ガンバ大阪戦からスタメンに定着する。J1第27節柏レイソルでは、前半27分で交代させられた後、監督のミハイロ・ペトロヴィッチに詰め寄りチームメイトになだめられたものの試合後サポーターへの挨拶の場に出向かず帰宅した。その翌日、練習場にてチームメイトら全員の前で謝罪した。原口元気 フレッシュアイペディアより)

  • 原口元気

    原口元気から見た浦和レッドダイヤモンズ

    原口 元気(はらぐち げんき、1991年(平成3年)5月9日 - )は、埼玉県熊谷市出身のプロサッカー選手。ポジションはセンターフォワード、左ウィング、左サイドハーフ、トップ下。Jリーグ・浦和レッドダイヤモンズ所属。原口元気 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示

「原口元気」のニューストピックワード