68件中 41 - 50件表示
  • 原口元気

    原口元気から見た2008年のJリーグ

    ユースチーム昇格1年目からサテライトの試合に出場(2007年は4試合、2008年は2試合)。トップチームへの登録がスポーツ新聞で取りざたされたり、浦和の提携先であるFCバイエルン・ミュンヘンから練習生としての2年間オファーを受けるなど、動向が注目されていたが、2008年5月23日付けで2種登録選手としてトップ登録された。そして、5月25日のナビスコカップ、対名古屋グランパスエイト戦で公式戦デビューを飾った。これは、FCバイエルン・ミュンヘンのオファーに危機感を持ったフロントの意向もあったとされる。10月13日、高円宮杯第19回全日本ユースサッカー選手権 (U-18)大会決勝の、対名古屋グランパスエイトU-18戦に出場。1得点2アシストを挙げ、優勝に貢献した。また、AFC U-19選手権2008に出場するU-19日本代表に選出され、1試合に出場している。ユース時代は主に3トップの左ウィングとして起用されていた。原口元気 フレッシュアイペディアより)

  • 原口元気

    原口元気から見たサッカーシリア代表

    2016年3月29日、W杯2次予選のシリア戦ではボランチで起用されて1得点を決めて結果を出した。W杯最終予選ではタイ戦、イラク戦、オーストラリア戦、サウジアラビア戦で連続ゴールを決め、三浦知良や呂比須ワグナーの記録を塗り替えるW杯最終予選としては史上初となる4試合連続得点を記録した。原口元気 フレッシュアイペディアより)

  • 原口元気

    原口元気から見た熊谷市

    原口 元気(はらぐち げんき、1991年5月9日 - )は、埼玉県熊谷市出身のプロサッカー選手。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー、ディフェンダー。日本代表。ブンデスリーガ2部・フォルトゥナ・デュッセルドルフ所属。原口元気 フレッシュアイペディアより)

  • 原口元気

    原口元気から見た2. ブンデスリーガ (ドイツサッカー)

    原口 元気(はらぐち げんき、1991年5月9日 - )は、埼玉県熊谷市出身のプロサッカー選手。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー、ディフェンダー。日本代表。ブンデスリーガ2部・フォルトゥナ・デュッセルドルフ所属。原口元気 フレッシュアイペディアより)

  • 原口元気

    原口元気から見たサッカータイ王国代表

    2016年3月29日、W杯2次予選のシリア戦ではボランチで起用されて1得点を決めて結果を出した。W杯最終予選ではタイ戦、イラク戦、オーストラリア戦、サウジアラビア戦で連続ゴールを決め、三浦知良や呂比須ワグナーの記録を塗り替えるW杯最終予選としては史上初となる4試合連続得点を記録した。原口元気 フレッシュアイペディアより)

  • 原口元気

    原口元気から見た2008年のJリーグカップ

    公式戦初ベンチ: 2008年5月25日 ナビスコカップ第4節 vs名古屋グランパスエイト戦 (豊田スタジアム)原口元気 フレッシュアイペディアより)

  • 原口元気

    原口元気から見たプレミアリーグ

    2017-18年、シーズン開幕前はヘルタとの契約を延長せずに、以前からプレーする事を希望していたプレミアリーグのブライトンへ移籍する可能性が高いと報道されていたが、結局ヘルタに残留してプレーする事を決断。8月19日のブンデスリーガ開幕節VfBシュトゥットガルト戦にて後半から途中出場し、今季初出場をしている。9月14日、欧州ELのアスレティック・ビルバオ戦で途中出場してELデビューを果たした。9月20日、ブンデスリーガ第5節バイエル・レバークーゼン戦で途中出場を果たし、ヘルタでの公式戦100試合出場を達成した。原口元気 フレッシュアイペディアより)

  • 原口元気

    原口元気から見たSCフォルトゥナ・ケルン

    2014年5月25日、ドイツ・ブンデスリーガのヘルタ・ベルリンへ完全移籍することが発表された。契約期間は2014年6月から4年間。公式戦デビューとなったDFBポカール1回戦のSCフォルトゥナ・ケルン戦で、左MFに先発して移籍後初ゴールを挙げた。8月24日のブンデスリーガ開幕節ヴェルダー・ブレーメン戦でスタメン出場し、2得点に絡む活躍を見せた が、終了間際に相手からのタックルにより右肩関節を負傷し、3週間の離脱となってしまった。2015年3月14日、ブンデスリーガ第25節シャルケ04戦に途中出場し、ブンデスリーガ初ゴールを上げた。また、リーグ戦終盤にかけて監督の信頼を勝ち取り、献身的な動きでサイドのレギュラーを獲得した。原口元気 フレッシュアイペディアより)

  • 原口元気

    原口元気から見たブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC

    2017-18年、シーズン開幕前はヘルタとの契約を延長せずに、以前からプレーする事を希望していたプレミアリーグのブライトンへ移籍する可能性が高いと報道されていたが、結局ヘルタに残留してプレーする事を決断。8月19日のブンデスリーガ開幕節VfBシュトゥットガルト戦にて後半から途中出場し、今季初出場をしている。9月14日、欧州ELのアスレティック・ビルバオ戦で途中出場してELデビューを果たした。9月20日、ブンデスリーガ第5節バイエル・レバークーゼン戦で途中出場を果たし、ヘルタでの公式戦100試合出場を達成した。原口元気 フレッシュアイペディアより)

  • 原口元気

    原口元気から見たU-20サッカー日本代表

    ユースチーム昇格1年目からサテライトの試合に出場(2007年は4試合、2008年は2試合)。トップチームへの登録がスポーツ新聞で取りざたされたり、浦和の提携先であるFCバイエルン・ミュンヘンから練習生としての2年間オファーを受けるなど、動向が注目されていたが、2008年5月23日付けで2種登録選手としてトップ登録された。そして、5月25日のナビスコカップ、対名古屋グランパスエイト戦で公式戦デビューを飾った。これは、FCバイエルン・ミュンヘンのオファーに危機感を持ったフロントの意向もあったとされる。10月13日、高円宮杯第19回全日本ユースサッカー選手権 (U-18)大会決勝の、対名古屋グランパスエイトU-18戦に出場。1得点2アシストを挙げ、優勝に貢献した。また、AFC U-19選手権2008に出場するU-19日本代表に選出され、1試合に出場している。ユース時代は主に3トップの左ウィングとして起用されていた。原口元気 フレッシュアイペディアより)

68件中 41 - 50件表示

「原口元気」のニューストピックワード