前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
651件中 1 - 10件表示
  • 非核地帯

    非核地帯から見た原子力発電所原子力発電所

    非核地帯(ひかくちたい、、NFZ)とは、核兵器や原子力発電所などの使用を禁止した地域。その具体的な範囲や内容は該当の地域によって異なる。非核地帯 フレッシュアイペディアより)

  • 原子炉

    原子炉から見た原子力発電所原子力発電所

    安全かつ継続的に原子核反応を持続させるための装置である。多くは原子力発電所や、航空母艦・潜水艦・大型の軍用艦艇などに使われる。核種変換による核物質生産や研究などの中性子源などにも使用される。原子炉 フレッシュアイペディアより)

  • 英国核燃料会社

    英国核燃料会社から見た原子力発電所原子力発電所

    原子力発電所や原子炉施設の廃炉・解体事業英国核燃料会社 フレッシュアイペディアより)

  • 関西電力

    関西電力から見た原子力発電所原子力発電所

    1970年11月28日 - 電力会社では初の原子力発電所、美浜発電所1号機が運転開始。関西電力 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本

    2012年の日本から見た原子力発電所原子力発電所

    関西電力が福井県のすべての原子力発電所(11基)が運転停止をした、これにより60Hz地域の原発がすべて運転停止をした。2012年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 海水淡水化

    海水淡水化から見た原子力発電所原子力発電所

    ソビエト連邦内陸部では、塩湖であるカスピ海の水を淡水化して飲料水としている。カザフスタンのアクタウ原子力発電所では熱源として高速増殖炉BN-350を利用した海水淡水化が行われていた。生産水量は日量12万トン。この原子炉は老朽化したことと、カザフスタン政府による国内の原子力発電所全廃の方針により1999年に停止され、その後は稼動していない模様である。海水淡水化 フレッシュアイペディアより)

  • セイギノヒーロー

    セイギノヒーローから見た原子力発電所原子力発電所

    場所:関東電力 原子力発電所セイギノヒーロー フレッシュアイペディアより)

  • 山口啓介

    山口啓介から見た原子力発電所原子力発電所

    1962年西宮市に生まれる。祖父は兵庫のお寺(浄土宗)の住職で、祖父亡きあと父が住職をつとめる。当時サラリーマンだった父の転勤で大阪府枚方市、福岡県福岡市、東京都世田谷区と転居をくりかえす。実弟はアートディレクターの山口アツシ。大学時代から東京都福生市の米軍ハウスに居住し制作。大学では油絵を描いていたが授業で銅版画を経験したことがきっかけで制作をはじめる。卒業後、同大学の研究室に入る。この頃に山口自身が恩人と語る池田満寿夫と出会い、満陽工房で銅版画制作の手伝いをしながら自身の作品をつくる機会を得る?《水船のためのsketch-満陽工房で》(1989年)。1989年からの2年間で集中的に大型銅版画にとりくむ。1990年ヒルサイドギャラリー(東京)で初個展。1992年、Asian Cultural Councilの助成によりニューヨーク滞在、同年文化庁芸術家在外研修員としてフィラデルフィア(ペンシルベニア大学)に派遣。このとき大型組み合わせ銅版画の中でも最も大きく最後の作品となる《エノラ・ゲイ》の制作にとりかかる。1994年《エノラ・ゲイ》を含む銅製の船の立体作品などと組み合わされたインスタレーション《Calder Hall Ship Project》を発表。1995年に大阪トリエンナーレ1994の関西ドイツ文化センター・デュッセルドルフ市特別賞により渡独。ドイツ、デュッセルドルフ市から提供されたアトリエで《原子力発電所》《象の檻》《世界地図》の3つのシリーズからなるドローイングを制作する。その後、引き続きアトリエ・ヒューアベックの助成を受けデュッセルドルフに滞在。1997年に帰国後、キャンバス絵画《コロニー》シリーズと、カセットプラントを発表。1998年以降、カセットプラントによるワークショップなど活動を広げる。2001年ごろ、ゲーテの原植物の概念や、三木成夫の考えに触発され、植物と人間のアナロジー的絵画作品を制作、発表。2005年、イラクの劣化ウラン弾に被曝した子供を描いた《DU Child》を、初めての木版で制作。2001年から、東京と兵庫に在住、制作。山口啓介 フレッシュアイペディアより)

  • 今井一

    今井一から見た原発原子力発電所

    いまは福島第一原発事故を受け、原発の是非について国民投票を行うための活動をしている。今井一 フレッシュアイペディアより)

  • オプリヒハイム (バーデン)

    オプリヒハイム (バーデン)から見た原子力発電所原子力発電所

    戦争後、東部ドイツからの放逐者たちはノイブルク城内に収容された。1961年にこの町は、ドイツ初の商用原子力発電所の建設地に選ばれた。資本金1億ドイツマルクのオプリヒハイム原子力発電所GmbH (KWO) の設立がこの地域に及ぼした経済上のインパクトについては、議論の余地がある。この原子力発電所は2005年初頭から操業を停止している。オプリヒハイム (バーデン) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
651件中 1 - 10件表示

「原子力発電所」のニューストピックワード