1104件中 41 - 50件表示
  • 美浜発電所

    美浜発電所から見た原子力発電所原子力発電所

    美浜発電所(みはまはつでんしょ)は、福井県三方郡美浜町丹生に所在する関西電力原子力事業本部の原子力発電所美浜発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 桜井宏 (政治家)

    桜井宏 (政治家)から見た原子力発電所原子力発電所

    自然エネルギー供給の早期実現を目指し、本人も2012年(平成24年)2月に特許「太陽光発電パネル装置」を発明取得。エネルギー資源の安全安心安定供給の必要性を訴え、その過程としての原子力規制委員会の新基準を満たした原発は再開すべきとしている。桜井宏 (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • 女川原子力発電所

    女川原子力発電所から見た原子力発電所原子力発電所

    女川原子力発電所(おながわげんしりょくはつでんしょ)は、宮城県牡鹿郡女川町と石巻市にまたがる東北電力の原子力発電所女川原子力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 北神圭朗

    北神圭朗から見た原子力発電所原子力発電所

    2011年、首相(当時)の菅直人が提案した検査停止中の玄海原子力発電所再稼動に際してのストレステスト導入に強く反発し、長島昭久・吉良州司ら党内保守派の中堅・若手議員11人で結成された「国益を考える会」に参加。同年7月13日に長島、吉良の2名が首相官邸を訪れ、内閣官房副長官(当時)の仙谷由人に対し菅内閣の即時退陣及び安全性が確認された検査済みの原子力発電所の早期再稼動を求める文書「菅総理の即時退陣を求めるの議」を提出した。2012年の第46回衆議院議員総選挙では、原子力規制委員会の新基準を満たした原子力発電所の再稼働に賛成していたが、2014年の第47回衆議院議員総選挙では日本における原発の必要性を否定した。北神圭朗 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡達丸

    山岡達丸から見た原子力発電所原子力発電所

    原子力規制委員会の審査に合格した原発は再稼働すべきとしつつ、他方で、安全の確認できない原発は廃炉にするべき、とする。山岡達丸 フレッシュアイペディアより)

  • 榊原定征

    榊原定征から見た原子力発電所原子力発電所

    2013年2月18日、第2回産業競争力会議で「原発を早期に再稼働させることを、新たなエネルギー基本計画に明確に反映してほしい。 原発の再稼働が停滞すると、電気料金の値上げ幅が倍以上になる可能性。これは経済成長を阻害する大きな要因となるため、早期再稼働は産業界にとっても国民生活にとっても極めて重要。」と述べた。榊原定征 フレッシュアイペディアより)

  • 田原 総一朗

    田原総一朗から見た原子力発電所原子力発電所

    1976年には、原子力船むつ問題を扱った映画「原子力戦争」 をATG製作で映画化・公開した。映画は原田芳雄扮するヤクザが原子力発電所をめぐる利権争いに巻き込まれるという原作を曲げたものであった。問題作とも評され、田原は発表時脅迫されたという。著書「原子力戦争」では、底辺の人々(反対運動、賛成運動の人々、原子力潜水艦の技術者など)に取材した。だが、実際にものごとを決めているのは、「社会の上部の政治家や官僚だ」と気がつき、その後、政治家や官僚について取材していく「契機」となったという。『原子力戦争』の内容は、国会でも話題となり、大手広告会社の逆鱗にふれ、田原は東京12チャンネルを辞職したといわれる。なお現在の田原の原子力発電に対する姿勢は東日本大震災後においても「将来的には廃止が望ましい」としつつも「あと二十年は原発を維持すべきだ」と主張する等原発容認派に転向しており、自己のツイッターの中でも「日本の原子力発電所の技術は世界有数」と日本の原子力技術を賞賛する発言している。田原総一朗 フレッシュアイペディアより)

  • 大畠章宏

    大畠章宏から見た原子力発電所原子力発電所

    1974年、武蔵工業大学大学院工学研究科修士課程修了。その後、日立製作所に入社。原子力発電所プラントの設計及び建設業務に従事した。大畠章宏 フレッシュアイペディアより)

  • 打越明司

    打越明司から見た原子力発電所原子力発電所

    2014年3月12日、徳田は親族が選挙違反事件で逮捕される事態をうけて辞職。これに伴って同年4月27日に行われる鹿児島2区の補欠選挙へ出馬を表明し、出馬会見では民主党を離党して無所属で出馬する意向を示した。民主党の他に、生活の党、結いの党、日本維新の会が推薦を決定した。社会民主党も推薦する見通しであったが、原子力発電所の再稼働反対を明言していないことから自主投票となった。また、打越は連合鹿児島にも推薦申請を出したが、連合鹿児島は打越が民主党を離党した点について「戦略的な意図は理解するが、協力政党や(連合の)構成組織からの推薦申請ではなく推薦は難しい」として支持にとどめた。選挙の結果、自民党公認候補の金子万寿夫に敗れ、落選した。打越明司 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のダムの歴史

    日本のダムの歴史から見た原子力発電所原子力発電所

    こうした補償問題に対して政府は1951年(昭和26年)の土地収用法改正で補償の対象となる権利を明確化させて、補償交渉の円滑化を進めた。また1953年(昭和28年)には電源開発に伴う水没その他による損失補償要綱、翌1954年に公共事業の施行に伴う損失補償要綱を策定。その後も続発する補償問題に対応すべく法整備を実施したが、移転戸数が多いダム事業の増加に伴いそれだけでは根本的な解決が難しくなった。1969年(昭和44年)には全国知事会が水源地域開発のための立法化を要請、1972年(昭和47年)には再度立法化のための知事会試案を政府に提出するなど補償問題で矢面に立つ地方自治体側から補償に関する法整備が強く要望された。これを受け政府は1974年(昭和49年)に水源地域対策特別措置法(水特法)を施行した。水没戸数20戸以上または水没農地面積20ヘクタール以上(北海道は60ヘクタール以上)のダムについて生活再建、生活環境や産業基盤の整備などで住民の福祉増進を図ることを目的としており、1994年(平成6年)には貯水池の水質汚濁防止が目的に追加された。施行後1974年7月20日に手取川ダム(手取川)などが指定されたのを皮切りに2015年(平成27年)時点で96ダムと霞ヶ浦が指定されている。また同年には電源三法(電源開発促進税法・発電用施設周辺地域整備法・電源開発促進対策特別会計法)が施行された。主に原子力発電所の立地促進が目的であるが、発電用施設周辺地域整備法に関しては福島県の大川ダム(阿賀野川)など水力発電目的を有するダム事業においても補助が行われている。日本のダムの歴史 フレッシュアイペディアより)

1104件中 41 - 50件表示

「原子力発電所」のニューストピックワード