1104件中 51 - 60件表示
  • 反核運動

    反核運動から見た原子力発電所原子力発電所

    1986年4月26日にソビエト連邦でチェルノブイリ原子力発電所事故が発生し、これ以後は日本でも原子力発電所や核燃料再処理工場など核施設での災害が目立つようになった。この時期は、1995年12月8日のもんじゅナトリウム漏れ事故に伴う「もんじゅ訴訟」、東海村で2度発生した被曝事故(1997年3月11日の動燃爆発事故、1999年9月30日のJCO臨界事故)を動機に、核施設への反対運動としての反核運動が起こった。その中でも、日本で最も多い核施設である原子力発電所への反対運動(反原発運動)が代表的である。反核運動 フレッシュアイペディアより)

  • 敦賀市

    敦賀市から見た原子力発電所原子力発電所

    敦賀市(つるがし)は、福井県南西部(嶺南地方)の敦賀湾に面する市である。原子力発電所が多く立地する都市、昆布の加工地として知られている。敦賀市 フレッシュアイペディアより)

  • 山口啓介

    山口啓介から見た原子力発電所原子力発電所

    1962年西宮市に生まれる。祖父は兵庫の寺(浄土宗)の住職で、祖父亡きあと父が住職をつとめる。当時サラリーマンだった父の転勤で大阪府枚方市、福岡県福岡市、東京都世田谷区と転居をくりかえす。実弟はアートディレクターの山口アツシ。大学時代から東京都福生市の米軍ハウスに居住し制作。大学では油絵を描いていたが授業で銅版画を経験したことがきっかけで制作をはじめる。卒業後、同大学の研究室に入る。この頃に山口自身が恩人と語る池田満寿夫と出会い、満陽工房で銅版画制作の手伝いをしながら自身の作品をつくる機会を得る?《水船のためのsketch-満陽工房で》(1989年)。1989年からの2年間で集中的に大型銅版画にとりくむ。1990年ヒルサイドギャラリー(東京)で初個展。1992年、Asian Cultural Councilの助成によりニューヨーク滞在、同年文化庁芸術家在外研修員としてフィラデルフィア(ペンシルベニア大学)に派遣。このとき大型組み合わせ銅版画の中で最も大きい作品となる《エノラ・ゲイ》の制作にとりかかる。1994年《エノラ・ゲイ》を含む銅製の船の立体作品などと組み合わされたインスタレーション《Calder Hall Ship Project》を発表。1995年に大阪トリエンナーレ1994の関西ドイツ文化センター・デュッセルドルフ市特別賞により渡独。ドイツ、デュッセルドルフ市から提供されたアトリエで《原子力発電所》《象の檻》《世界地図》の3つのシリーズからなるドローイングを制作する。その後、引き続きアトリエ・ヒューアベックの助成を受けデュッセルドルフに滞在。1997年に帰国後、キャンバス絵画《コロニー》シリーズと、カセットプラントを発表。1998年以降、カセットプラントによるワークショップなど活動を広げる。2001年ごろ、ゲーテの原植物の概念や、三木成夫の考えに触発され、植物と人間のアナロジー的絵画作品《花の心臓》シリーズを制作、発表。2005年、イラクの劣化ウラン弾に被曝した子供を描いた《DU Child》を、初めての木版で制作。2011年3月11日以降、《震災後ノート》を付けはじめる。2013年、瀬戸内国際芸術祭2013で男木島に歩く方舟を制作。同年いわき市立美術館でhakobune プロジェクトを開催。2001年から、東京と兵庫に在住、制作。山口啓介 フレッシュアイペディアより)

  • オプリヒハイム (バーデン)

    オプリヒハイム (バーデン)から見た原子力発電所原子力発電所

    戦争後、東部ドイツからの放逐者たちはノイブルク城内に収容された。1961年にこの町は、ドイツ初の商用原子力発電所の建設地に選ばれた。資本金1億ドイツマルクのオプリヒハイム原子力発電所GmbH (KWO) の設立がこの地域に及ぼした経済上のインパクトについては、議論の余地がある。この原子力発電所は2005年初頭から操業を停止している。オプリヒハイム (バーデン) フレッシュアイペディアより)

  • 2020年代

    2020年代から見た原子力発電所原子力発電所

    ドイツの全原子力発電所が、稼働を停止する予定。2020年代 フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た原子力発電所原子力発電所

    福島第一原子力発電所(福島第一原発。大熊)など、多数の原子炉を持つ原子力発電所が多く立地するため、「原発銀座」とも呼ばれている。また、村落型施設として、サッカーのナショナルトレーニングセンターであるJヴィレッジ(広野)や、テレビ番組『ザ!鉄腕!DASH!!』の企画として設けられたDASH村(浪江)がある。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 風力発電

    風力発電から見た原子力発電所原子力発電所

    デンマークの沖合6-15kmに2MW基を80基、合計160MWを建設した実例では、現場での建設作業は約半年、製造から含めても約1年半で済んでいる。これは他の大規模集中型発電所(原発や地熱発電所など)に比べると格段に短い。これは需要構造の変化への対応や機器の更新を容易にする他、工事期間中の利子も低く抑える効果がある。例えば、下記のような利益が得られる。風力発電 フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ

    ドイツから見た原子力発電所原子力発電所

    2008年現在、ドイツは世界第6位のエネルギー消費国であり、主要エネルギーの60%を輸入に依存している。政府はエネルギー効率改善と再生可能エネルギー活用を推進している。エネルギー効率は1970年前半以降改善しており、政府は2050年までに国内電力需要を再生可能エネルギーのみで賄うことを目標に掲げている。2010年時点でのエネルギー源は石油(33.8%)、褐炭を含む石炭(22.8%)、天然ガス(21.8%)、原子力(10.8%)、水力発電や風力発電(1.5%)、そしてその他の再生可能エネルギー(7.9%)となっている。2000年、政府と原子力産業は2021年までに全ての原子力発電所を閉鎖することに合意した。ドイツ フレッシュアイペディアより)

  • 21世紀

    21世紀から見た原子力発電所原子力発電所

    3月11日 - 日本の東北地方と関東地方で、原子力発電所5カ所が東北地方太平洋沖地震により被災。福島第一原発では炉心溶融が発生、日本史上最悪レベルの原子力事故となった。21世紀 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松広隆

    赤松広隆から見た原子力発電所原子力発電所

    書記長時代は党の基本政策の見直しに意欲を見せ、1993年2月、社会党の旧来の主張を翻してコメ関税化肯定、原子力発電所容認を表明した。赤松広隆 フレッシュアイペディアより)

1104件中 51 - 60件表示

「原子力発電所」のニューストピックワード