651件中 81 - 90件表示
  • 馬背峠

    馬背峠から見た原子力発電所原子力発電所

    この道は主に夏季の海水浴シーズンに海水浴客が利用されることから交通量が非常に多く、県外ナンバーの車による渋滞が頻発している。ただし、それ以外のシーズンは原子力発電所の関係者やツーリング以外の車両はほとんど通ることも無い。馬背峠 フレッシュアイペディアより)

  • 馬瀬川第二ダム

    馬瀬川第二ダムから見た原子力発電所原子力発電所

    戦後、朝日ダム(飛騨川)の建設に始まった飛騨川流域一貫開発計画は、1960年代になって従来の一般水力発電所から大規模な揚水発電計画を行う方向性にシフトしていった。火力発電所や原子力発電所の連携が可能な揚水発電は次第に全国の電力会社が手掛けてゆくようになり、飛騨川では1963年(昭和38年)から高根第一ダム・高根第二ダム(飛騨川)による高根第一発電所が着手された。中部電力が次に手をつけたのは飛騨川流域最大の支流・馬瀬川であった。馬瀬川第二ダム フレッシュアイペディアより)

  • コミックボックス

    コミックボックスから見た原子力発電所原子力発電所

    1980年代後半、編集長の才谷遼の方針から、原子力発電所の建設や運用に反対する姿勢を誌面に明確に打ち出した。1988年8月号は『まんが・危険な話』(タイトルは広瀬隆の著書から)と題して反原発特集号の様相を呈し、手塚治虫が原発反対のコメントを寄せる一方、関西電力の新聞PR広告に出た松本零士がインタビュアーからその意図を厳しく問われる記事も掲載された。付録には青森県 六ヶ所村での核燃料再処理工場建設への反対署名用紙がつけられた。他の月の通常の号でも反原発記事が掲載されていた。再処理工場の誘致を進める当時の青森県知事・北村正哉の顔写真に落書きをしたものを掲載して読者から批判されることもあり、編集方針は時に非常に過激なものであった。さらに、編集後記を書くべき才谷が反原発デモに参加して逮捕されたため、後記が書けない号もあった。コミックボックス フレッシュアイペディアより)

  • 原子力損害賠償紛争解決センター

    原子力損害賠償紛争解決センターから見た原子力発電所原子力発電所

    原子力損害賠償紛争解決センター(げんしりょくそんがいばいしょうふんそうかいけつセンター)とは、東京都港区新橋に存在する原子力発電所の事故により被害を被った人々が円滑、迅速、構成に紛争を解決することを目的として設置される公的機関。原子力損害賠償紛争審査会の下部組織で、様々な機関に所属する法律の専門家によって構成されている。業務の進行管理はセンター内の総括委員会が行い、弁護士などの仲介委員が和解案の提示や仲介を行う。2011年8月29日に開所式が行われ、9月1日より申し立ての受付を開始。原子力損害賠償紛争解決センター フレッシュアイペディアより)

  • 石門区

    石門区から見た原子力発電所原子力発電所

    台湾最初の原子力発電所を有す石門郷は、同じく日本最初の商業用原子力発電所を有す美浜町と1988年8月に姉妹都市関係を締結している。石門区 フレッシュアイペディアより)

  • 松沢呉一

    松沢呉一から見た原子力発電所原子力発電所

    広瀬隆の著書『危険な話 チェルノブイリと日本の運命』を信奉して、周囲に広めていたこともあるが、後にこれは、「間違っていた」と撤回した。その後、2011年の福島第一原子力発電所事故発生まで原子力発電所についての言及は控えていた。ただし、原発推進に転じたわけではない。福島第一原子力発電所事故に際しては、自身の有料メールマガジン(後述)で、体内被曝の危険性、原発産業の問題点などを指摘している。松沢呉一 フレッシュアイペディアより)

  • 福沢卓宏

    福沢卓宏から見た原子力発電所原子力発電所

    退団後はバーの手伝いなどをしていたが、9月25日に社会人野球チームの福井ミリオンドリームズに所属することが決まった。その後はミリオンドリームズに在籍する傍ら、福井県高浜町で原子力発電所関連の下請けの仕事をしている。福沢卓宏 フレッシュアイペディアより)

  • TRU廃棄物

    TRU廃棄物から見た原子力発電所原子力発電所

    TRU廃棄物とは、核兵器の製造や原子力発電所から発生する使用済燃料を再処理したり、ここからウラン・プルトニウム混合酸化物燃料を製造したりする際に生じる超ウラン元素(TRans-Uranium)を含む放射性廃棄物のこと。TRU廃棄物 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木厚人

    鈴木厚人から見た原子力発電所原子力発電所

    スーパーカミオカンデ実験が稼働すると東北大学に戻り、それまでの水を使った検出器ではなく、原子炉ニュートリノや地球ニュートリノなど低エネルギーのニュートリノに極めて感度の高い油(液体シンチレーター)を用いた検出器の開発と製作に情熱を燃やし、世界最大の1000トン液体シンチレータ検出器であるカムランド実験を提唱。小柴から譲り受けたカミオカンデを大改造して検出器を建設し、2002年(平成14年)1月から実験を開始した。その第一の目的は当時未解決の難問であった「太陽ニュートリノの欠損問題」の解決であった。これがニュートリノ振動によるのかどうか決定打を放つには同じ電子型の(反)ニュートリノで発生量が正確にわかる原子炉ニュートリノを観測することが鍵であり、神岡から平均距離180kmに点在する大型原発から飛来する大量のニュートリノを観測して、ニュートリノ振動が正に原因であることを世界で初めて突き止めた。鈴木厚人 フレッシュアイペディアより)

  • 土用ダム

    土用ダムから見た原子力発電所原子力発電所

    中国電力は1998年(平成10年)に中電技術コンサルタントからの報告によって改竄の事実を知り得ていたが、以降長きにわたって公表しなかったということは大きな問題である。事実を重く見た国は電力会社各社に対し調査を指示。改竄があったという事実は各社の水力発電用ダムにとどまらず、火力発電所や原子力発電所(制御棒引き抜け事象など)にまで及んでいた。2006年秋から2007年(平成19年)初頭にかけて相次いで明るみに出た一連の各電力会社による不祥事は、この土用ダムの不正発覚がきっかけとなって飛び火したようなものである。土用ダム フレッシュアイペディアより)

651件中 81 - 90件表示

「原子力発電所」のニューストピックワード