前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
382件中 1 - 10件表示
  • 大阪府立放射線中央研究所

    大阪府立放射線中央研究所から見た原子力原子力

    1955年:日本政府は、原子力の研究・開発・利用の推進によって、将来のエネルギー資源を確保し、学術の進歩と産業の振興を図り、人類社会の福祉と国民生活の水準向上に寄与することを目的とする「原子力基本法」を制定した。大阪府立放射線中央研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 日本原子力研究所

    日本原子力研究所から見た原子力原子力

    日本原子力研究所(にほんげんしりょくけんきゅうじょ: JAERI)は、かつて存在した、原子力に関する総合的な日本の研究機関。日本原子力研究所法にもとづき、日本の原子力平和利用の推進を目的として、1956年(昭和31年)6月に特殊法人として設立された。2005年(平成17年)10月1日核燃料サイクル開発機構との統合に伴い解散、独立行政法人日本原子力研究開発機構となった。略称は原研(げんけん)。日本原子力研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥飼欣一

    鳥飼欣一から見た原子力原子力

    鳥飼 欣一(とりかい きんいち、男性、1925年(大正14年)11月13日 - 2006年(平成18年)4月6日)は、鳥取県生まれの物理学者、工学博士。鳥取県立倉吉東高等学校卒。1950年代に、米国のアルゴンヌ国立研究所(Argonne National Laboratory)に留学、帰国後、原子力工学の草分けとして、日本原子力研究所(原研)における原子力平和利用の研究に従事。日本原子力研究所大洗研究所所長、東京理科大学教授などを歴任。日本機会学会名誉員、社団法人日本工学アカデミー会員。鳥飼欣一 フレッシュアイペディアより)

  • IPCC第4次評価報告書

    IPCC第4次評価報告書から見た原子力原子力

    低排出なエネルギー源の開発・利用(再生可能エネルギー、コジェネレーション、原子力、石炭から天然ガスへの移行など)(4.3,4.4)IPCC第4次評価報告書 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬研吉

    広瀬研吉から見た原子力原子力

    広瀬 研吉(ひろせ けんきち、1948年 - )は、日本の科学技術官僚、工学者(原子力法制・核セキュリティ)。学位は博士(エネルギー科学)(京都大学・1998年)。福井大学重点研究高度化推進本部特命教授、東海大学国際教育センター特任教授、独立行政法人科学技術振興機構研究開発戦略センター上席フェロー、内閣府参与。広瀬研吉 フレッシュアイペディアより)

  • アルゴンヌ国立研究所

    アルゴンヌ国立研究所から見た原子力原子力

    原子力の父と言われるエンリコ・フェルミを中心とした研究チームが1942年に世界最初の制御核分裂連鎖反応を成功させたシカゴ大学(The University of Chicago)冶金研究所(核開発を隠す為に冶金研究所の名称が使われた)と第二次世界大戦中に推進されたマンハッタン計画研究者の一部を母体に原子力の平和利用を研究する目的で1946年に設立された国立研究所。その後原子力以外にも研究対象を広げ、現在は研究者約1,000名(うち4分の3は博士号を有する)を擁するアメリカ屈指の研究施設となった。アメリカ合衆国エネルギー省が所有し、同省との契約のもとシカゴ大学が管理運営を行っている。日本で冶金研究所というと日立金属の研究所有名であるが、核開発を直接手がけているわけではない。アルゴンヌ国立研究所 フレッシュアイペディアより)

  • テクノロジー史

    テクノロジー史から見た原子力原子力

    ホワイトは、特定の発明ではなくエネルギーを文化の進化段階を判断する尺度とした。ホワイトによれば「文化の最重要機能」は「エネルギー制御方法」だという。ホワイトは、人類の発展段階を5段階に分けた。第1段階では、人類は自らの筋肉をエネルギー源としていた。第2段階では家畜化した動物をエネルギー源としていた。第3段階では植物のエネルギーを使っていた(農業革命)。第4段階では天然資源(石炭、石油、天然ガス)のエネルギー活用法を学んだ。第5段階では原子力エネルギーを利用できるようになった。ホワイトは P=E*T という式を導入した。ここで、Eは消費エネルギー量、Tはエネルギー利用技術の効率である。ホワイトは、年間一人当たりのエネルギー利用量が増えるか、エネルギーを利用する際の技術的効率が向上することで文化が発展すると主張する。ロシアの天文学者ニコライ・カルダシェフはこの理論を発展させ、より発展した文明でのエネルギー利用を分類したカルダシェフの文明階梯を生み出した。テクノロジー史 フレッシュアイペディアより)

  • アンヌ・ロベルジョン

    アンヌ・ロベルジョンから見た原子力原子力

    アンヌ・ロベルジョン(フランス語:Anne Lauvergeon、1959年8月2日 - )は、フランスの女性経営者。現在、世界最大の原子力産業複合企業であるアレヴァのCEOを務めていたことで知られ、原子力業界の代表的人物であることから「アトミック・アンヌ」(Atomic Anne)の異名を持つ。アンヌ・ロベルジョン フレッシュアイペディアより)

  • 小笠原貞子

    小笠原貞子から見た原子力原子力

    日本共産党副委員長だった1987年12月11日、国会で原子力政策について、「私たちとしては原子力絶対反対だという立場をとっていない。原子力は当然新しい問題をいろいろ出しているけれども、原子力の発見というのは新しいエネルギーを得たことになり、有効利用の可能性ということを考えると、これをもう全面的に否定だという硬直した考え方は私たちは間違っていると思うのです。」と、反原子力の立場にくみしないと述べる一方で、スリーマイル・チェルノブイリ原子力発電所の両事故の教訓として「安全性確保の原子力開発政策というものに今のものから転換させることと、その規制を十分行うということが必要だ」と、原子力利用に関する規制強化・政策転換が必要との党の立場を明らかにした。小笠原貞子 フレッシュアイペディアより)

  • 日本原子力産業協会

    日本原子力産業協会から見た原子力原子力

    一般社団法人 日本原子力産業協会(にほんげんしりょくさんぎょうきょうかい、英文名称:Japan Atomic Industrial Forum Inc.、略称:原産、原産協会、JAIF)は、日本の原子力産業の企業で構成する業界団体。2006年に改組される前の名称は、日本原子力産業会議(略称:原産会議)。以前は文部科学省所管の社団法人であったが、公益法人制度改革に伴い一般社団法人へ移行した。日本原子力産業協会 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
382件中 1 - 10件表示

「原子力」のニューストピックワード