499件中 111 - 120件表示
  • アメリカ原子力委員会

    アメリカ原子力委員会から見た原子力原子力

    アメリカ原子力委員会(アメリカげんしりょくいいんかい、英語:Atomic Energy Commission、略称:AEC)は、かつて存在したアメリカ合衆国政府の独立行政機関。第二次世界大戦直後の平穏期において原子力技術の研究と利用のために、原子力エネルギー問題をアメリカ軍から民間の手に移すために、1946年8月1日に成立した。初代委員長はデビッド・リリエンソール。アメリカ原子力委員会 フレッシュアイペディアより)

  • Tu-119 (航空機)

    Tu-119 (航空機)から見た原子力原子力

    Tu-119とは、ソビエト連邦の航空機設計機関であるツポレフ設計局がTu-95爆撃機のターボプロップエンジンを原子力推進にすることが可能か否かを試験するために改造された実験機である。別名をTu-95LALともいう。Tu-119 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • 2012年ロシアAPEC

    2012年ロシアAPECから見た原子力原子力

    2012年6月24日〜25日にサンクトペテルブルクで行われたエネルギー相会合では、「''?“エネルギー安全保障:挑戦と戦略的選択”」が採択され、APEC地域のエネルギー安全保障強化や平和的原子力エネルギーの安全利用の重要性が謳われた。2012年ロシアAPEC フレッシュアイペディアより)

  • カナダ共産党

    カナダ共産党から見た原子力原子力

    エネルギーや天然資源の国有化及び化石燃料や原子力から再生可能エネルギーへの転換カナダ共産党 フレッシュアイペディアより)

  • グードルン・パウゼヴァング

    グードルン・パウゼヴァングから見た核エネルギー原子力

    パウゼヴァングの初期の作品は、とりわけ逃亡をめぐる小説であった。後年、彼女は、例えば核の脅威などの社会的な話題に拘わった。ラテン・アメリカにあって意識するようになった第三世界の問題に関心を抱いた。更に、平和と環境保護(:fr:Conservation de la nature)の運動に関与した。今日、もっとも議論の対象となっている彼女の作品の幾つかにおいて、パウゼヴァングは、社会の「エコシード(環境絶滅、:fr:Écocide)」について語り、また核エネルギーがもたらす危険性を、国家社会主義と比較している。1989年に教職を退職。グードルン・パウゼヴァング フレッシュアイペディアより)

  • ミレーヌ・ファルメール

    ミレーヌ・ファルメールから見た原子力原子力

    このアルバムからのシングルカット曲である『Dégénération』、『Appelle mon numéro』、『Si j'avais au moins…』、についての脅威を歌った『C'est dans l'air』、 マスターベーションについての『Sextonik』の5曲はすべてNo1となり、モービーとのデュエット曲「Slipping Away(Crier la vie)」を含め、これによりミレーヌはフランスにおけるシングルチャートNo1曲の最多保持者となった。ミレーヌ・ファルメール フレッシュアイペディアより)

  • 後藤茂

    後藤茂から見た原子力原子力

    1970年代以降、反原発色を強める社会党にありながら、原子力の平和利用をすすめ核拡散を防止する立場から原子力開発、核燃料サイクルを支持していた。後藤茂 フレッシュアイペディアより)

  • 平田バルブ工業

    平田バルブ工業から見た原子力原子力

    1968年 原子力用バルブの製造を開始。平田バルブ工業 フレッシュアイペディアより)

  • 水力

    水力から見た原子力原子力

    いずれにしても地球が太陽からの恩恵を受け続ける限りにおいては、そのエネルギーはほぼ無尽蔵に使うことができると考えられており、またそういった「自然に元々存在するエネルギーを利用する」という観点において、火力による二酸化炭素や原子力における放射性廃棄物などといった汚染の心配がないことから「公害のないクリーンなエネルギー」ともみなされる。ただ、この水の持つエネルギーを利用する上で、ダムの設置など水の移動を制限する施設を設置することで、周辺の環境に影響を与える可能性があり、流水量の変化に伴い水辺の生態系への影響から、下流の流水量変化に伴い、この水量に依存する様々な影響(河川の浄化能力の減少や浚渫力の減少に伴う水底への土砂の堆積など)もみられる。この影響は程度問題ではあるが、規模によっては深刻な環境問題となる場合もある(→アスワン・ハイ・ダムのケースなどを参照)。水力 フレッシュアイペディアより)

  • 国際ウラン映画祭

    国際ウラン映画祭から見た原子力原子力

    国際ウラン映画祭 (こくさいうらんえいがさい、) は、原子力やウラン採掘をめぐる問題を主題とする映画祭である。2010年5月に受付が開始され、2011年5月から開催されている。国際ウラン映画祭 フレッシュアイペディアより)

499件中 111 - 120件表示

「原子力」のニューストピックワード