499件中 11 - 20件表示
  • ゲッティンゲンの18人

    ゲッティンゲンの18人から見た原子力原子力

    ゲッティンゲンの18人()とは、1957年に西ドイツのゲッティンゲンで「ゲッティンゲン宣言」を発表した18人の原子力研究者。西ドイツの核武装に反対するとともに、一切の核開発に関する研究に関与しない姿勢を示した。ゲッティンゲンの18人 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥飼欣一

    鳥飼欣一から見た原子力原子力

    鳥飼 欣一(とりかい きんいち、男性、1925年(大正14年)11月13日 - 2006年(平成18年)4月6日)は、鳥取県生まれの物理学者、工学博士。鳥取県立倉吉東高等学校卒。1950年代に、米国のアルゴンヌ国立研究所(Argonne National Laboratory)に留学、帰国後、原子力工学の草分けとして、日本原子力研究所(原研)における原子力平和利用の研究に従事。日本原子力研究所大洗研究所所長、東京理科大学教授などを歴任。日本機械学会名誉員、社団法人日本工学アカデミー会員。鳥飼欣一 フレッシュアイペディアより)

  • 小出裕章

    小出裕章から見た原子力原子力

    開成高校時代には「地質部」で、野外で岩石や地層を追い求めながら自然に親しんだ。小出は「これからは石油・石炭でなく原子力の時代」と考え原子力工学を志した。希望が叶い大学入学後は原子力工学を専攻。現代の原子力工学における放射線被害に興味をもち、原子力発電に反対している。以後現在まで一貫して「原子力をやめることに役に立つ研究」を行っている。小出裕章 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋信行

    高橋信行から見た原子力原子力

    原子力行政と透明性 : フランス原子力情報公開と地域情報委員会(CLI)」(宇賀克也編『行政法研究 第10号』信山社、2015年 ISBN 978-4-797-26540-8)高橋信行 フレッシュアイペディアより)

  • 超感覚ANALマン

    超感覚ANALマンから見た原子力原子力

    主人公である天才科学者・菊川肛司(きくかわこうぢ)が、原子力 (Atomic Energy)・中性子 (Neutron)・そして (And)・磁力線 (Lilear) の各エネルギーを統合する素粒子「ANAL(アナル)粒子」の力で強化された肛門の粘膜で全身を覆った超人「ANALマン」に変身し、悪の秘密結社「ビッグアヌス」の残党や東洋一の男色王「後方不敗」などと、どうでも良いような戦いを繰り広げる。超感覚ANALマン フレッシュアイペディアより)

  • イランの核開発計画

    イランの核開発計画から見た原子力原子力

    1967年、イラン原子力エネルギー庁(AEOI)が運営する「テヘラン原子力研究センター」(TNRC)が設立された。TNRCは米国提供の5メガワット級原子力実験炉を備え燃料に高濃縮ウランが用いられた。イランの核開発計画 フレッシュアイペディアより)

  • 非大気依存推進

    非大気依存推進から見た原子力原子力

    非大気依存推進(ひたいきいそんすいしん、)は、内燃機関(ディーゼル機関)の作動に必要な大気中の酸素を取り込むために浮上もしくはシュノーケル航走をせずに潜水艦を潜航させることを可能にする技術の総称。ただし、通常は原子力潜水艦で利用される核動力を含まず、非核動力艦のディーゼル・エレクトリック機関を補助・補完する技術を指す。非大気依存推進 フレッシュアイペディアより)

  • 反核団体

    反核団体から見た原子力原子力

    反核団体(はんかくだんたい、)とは、原子力すなわち核を動力とする事物に反対する運動を展開する団体である。反核団体 フレッシュアイペディアより)

  • 日本原子力産業協会

    日本原子力産業協会から見た原子力原子力

    一般社団法人 日本原子力産業協会(にほんげんしりょくさんぎょうきょうかい、英文名称:Japan Atomic Industrial Forum Inc.、略称:原産、原産協会、JAIF)は、日本の原子力産業の企業で構成する業界団体。2006年に改組される前の名称は、日本原子力産業会議(略称:原産会議)。以前は文部科学省所管の社団法人であったが、公益法人制度改革に伴い一般社団法人へ移行した。日本原子力産業協会 フレッシュアイペディアより)

  • 小笠原貞子

    小笠原貞子から見た原子力原子力

    日本共産党副委員長であった1987年12月11日、国会で原子力政策について、「私たちとしては原子力絶対反対だという立場をとっていない。原子力は当然新しい問題をいろいろ出しているけれども、原子力の発見というのは新しいエネルギーを得たことになり、有効利用の可能性ということを考えると、これをもう全面的に否定だという硬直した考え方は私たちは間違っていると思うのです。」と、反原子力の立場にくみしないと述べる一方で、スリーマイル・チェルノブイリ原子力発電所の両事故の教訓として「安全性確保の原子力開発政策というものに今のものから転換させることと、その規制を十分行うということが必要だ」と、原子力利用に関する規制強化・政策転換が必要との党の立場を明らかにした。小笠原貞子 フレッシュアイペディアより)

499件中 11 - 20件表示

「原子力」のニューストピックワード