499件中 31 - 40件表示
  • 木元 教子

    木元教子から見た原子力原子力

    近年は、エネルギー、特に原子力にウエイトを置き発言。一般国民とのパイプ役としての役割を意識し、原子力委員会に「市民参加懇談会」(2001年 - )を立ち上げた。木元の原子力へのかかわりは、「小川宏ショー」特番で毎年「原爆の日」に広島、長崎から生レポートを担当したことや、その後のニュースキャスターで、被爆国なのに「なぜ原子力か」との疑問から始まっている。だがその前の1963年 - 1964年に当時のNET(現在のテレビ朝日)で、「マンガのおじさん」という生番組の司会を木元が担当、手塚治虫と週一回の共演をしていた。木元が、エネルギー、原子力に取り組む原点には手塚治虫と『鉄腕アトム』が存在し、原子力委員になった木元の「原子力の平和利用」の主張に、大きな影響を与えている。2002年6月5日朝日新聞の朝刊2面。当時の福田康夫官房長官、また安倍晋三代議士が早稲田大学で、核兵器の保有は日本国憲法に違反しないとか、非核三原則の見直し発言を行ったことにつき、6月4日の原子力委員会で、木元委員が「原子力の平和利用に限っている原子力基本法にもそぐわない」と発言、抗議表明を求めた。しかし委員長は継続して検討するに留まった。その後、6月18日の朝日新聞「私の視点」に、木元の「核論議『平和利用限定』を忘れるな」の原稿が載っており、平和利用の番人とされる原子力委員会でただ一人、その立場を明確にしていた。また、1978年、当時小学5年の次男が学校から社会科の参考として「こわい原子力発電」 というガリ版刷りの資料を持ち帰ってきた事に関心を抱き、自分の目で勉強し、確かめようと考え行動を起こしたと、原子力委員就任(1998年1月5日)の際に語った。またその時に、「見える」「逃げない」「行動する」原子力を委員のモットーとすると言明している。木元教子 フレッシュアイペディアより)

  • 福田ビジョン

    福田ビジョンから見た原子力原子力

    再生可能エネルギーや原子力などの”ゼロ・エミッション電源”の比率を50%以上に引き上げ、特に太陽光発電の普及率を2030年には現在の40倍に。新車販売の半分を次世代自動車に。福田ビジョン フレッシュアイペディアより)

  • 核施設

    核施設から見た原子力原子力

    核施設 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力人材育成プログラム

    原子力人材育成プログラムから見た原子力原子力

    原子力人材育成プログラム(げんしりょくじんざいいくせいぷろぐらむ)は、大学及び高等専門学校における原子力の人材育成の充実を図るために、2007年度から文部科学省と経済産業省が連携して策定した公募事業である。原子力人材育成プログラム フレッシュアイペディアより)

  • タイ原子力平和利用事務局

    タイ原子力平和利用事務局から見た原子力原子力

    原子力平和利用事務局は、タイ王国の持続的な発展のために、原子力エネルギー利用に関する政策や企画の立案に責任を負っている機関である。原子力エネルギー関係、放射線および利用者の健康安全管理、原子力関連の許可・認証業務も行っている。また、首相が委員長を務める原子力エネルギー平和利用委員会(もしくは、タイ原子力委員会:Thai AEC)の事務局としても機能している。タイは国際原子力機関(IAEA)に加盟。タイ原子力平和利用事務局 フレッシュアイペディアより)

  • トウィール

    トウィールから見た原子力原子力

    トートは原子力を開発できず、何らかの動力源を持っていたが、失われてしまった。トウィール族は、太陽システムを、少なくとも1万年前から運用してきたことが推測される。トウィールの相棒であり、『火星のオデッセイ』の主人公であるジャービスの記述によれば、建物の暗闇の中で三つ目が監視していた。この三つ目は、『寄生惑星』に登場する生物、トリオ・ノクティビアンの目と同じ。最初トートは石器時代の地球を訪問し、古代エジプト人に文字を教え、神として崇められた。トウィール フレッシュアイペディアより)

  • 制限戦争指導論

    制限戦争指導論から見た核エネルギー原子力

    戦間期に生じた民主主義、マルクス主義、国家社会主義の対立が第二次世界大戦を生み出すことになった。この戦争では連合国は勝利を達成するためにあらゆる犠牲を払いながら枢軸国との戦争を続け、結果として原子力を用いた兵器の発明やソ連の台頭を許すことになった。戦後における平和の問題を考えれば、戦争に核エネルギーが導入されたことは重要な変化をもたらすものであった。何故ならば、全面的な戦争において核兵器が使用されて勝利したとしても、その軍事的勝利に政治的目的を見出すことはできないからである。制限戦争指導論 フレッシュアイペディアより)

  • 制限戦争指導論

    制限戦争指導論から見た原子力原子力

    戦間期に生じた民主主義、マルクス主義、国家社会主義の対立が第二次世界大戦を生み出すことになった。この戦争では連合国は勝利を達成するためにあらゆる犠牲を払いながら枢軸国との戦争を続け、結果として原子力を用いた兵器の発明やソ連の台頭を許すことになった。戦後における平和の問題を考えれば、戦争に核エネルギーが導入されたことは重要な変化をもたらすものであった。何故ならば、全面的な戦争において核兵器が使用されて勝利したとしても、その軍事的勝利に政治的目的を見出すことはできないからである。制限戦争指導論 フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・シュナイダー

    マイケル・シュナイダーから見た原子力原子力

    1997年以来、フランス環境省(環境エネルギー省、:fr:Agence de l'environnement et de la maîtrise de l'énergie)、ドイツ環境省(ドイツ連邦環境・自然保護・原子炉安全省、:de:Bundesministerium für Umwelt, Naturschutz und Reaktorsicherheit)、ベルギーのエネルギー大臣、国際原子力機関 (IAEA)、グリーンピース (NGO)、核戦争防止国際医師会議、世界自然保護基金(WWF)、EC委員会等の依頼によって、原子力とエネルギー問題に関する研究・調査報告を提出している。2009年8月、ドイツ環境省の委託研究、「世界の原子力産業現状報告─経済性問題に焦点」を担当した。マイケル・シュナイダー フレッシュアイペディアより)

  • 核情報資料サービス

    核情報資料サービスから見た原子力原子力

    NIRSは核エネルギー、放射性廃棄物、放射、持続可能エネルギーなどの課題に関連する、市民や団体のための情報ネットワークセンターとして設立された。NIRSはエネルギーの効率的使用、太陽光発電、風力発電、プラグインハイブリッドなどの安全で持続可能な解決方法の実現を提唱している。核情報資料サービス フレッシュアイペディアより)

499件中 31 - 40件表示

「原子力」のニューストピックワード