499件中 41 - 50件表示
  • 松田美夜子

    松田美夜子から見た原子力原子力

    松田美夜子(まつだ みやこ、1963年 - )は日本の生活環境評論家、内閣府原子力委員。松田美夜子 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力安全局

    原子力安全局から見た原子力原子力

    原子力安全局(げんしりょくあんぜんきょく、フランス語:Autorité de sûreté nucléaire、略称:ASN)はフランスにおける原子力安全対策および放射能に対して保護対策を担当している独立行政機関(仏:Autorité administrative indépendante)の一つ。2006年に創設される。日本語では原子力安全機関あるいは原子力安全官庁と言うこともある。原子力安全局 フレッシュアイペディアより)

  • ハンズ・スース

    ハンズ・スースから見た核エネルギー原子力

    ウィーンで生まれた。1935年、ウィーン大学で化学の博士号を取得した。第2次世界大戦中は核エネルギーを開発するドイツ人科学者のチームに参加し、ノルウェーの工場での重水の製造に参加した。戦後は核物理学の分野でヨハネス・ハンス・イェンゼンと原子核のシェルモデルはの研究を行った。1950年にアメリカ合衆国に移り、シカゴ大学で宇宙化学の分野でハロルド・ユーリーと隕石中の元素存在比の研究を行った。ハンズ・スース フレッシュアイペディアより)

  • 原子力・ 代替エネルギー庁 (フランス)

    原子力・ 代替エネルギー庁 (フランス)から見た原子力原子力

    フランスの原子力・代替エネルギー庁(げんしりょく・だいたいえねるぎいちょう、 仏 Commissariat à l’énergie atomique et aux énergies alternatives 、略称 CEA)とは、『公共事業体』的性格のフランス政府機関で、軍需・民需を問わずに原子力の開発応用を推進する政府機関である。2010年からの新名は原子力・ 新エネルギー庁ともいう。原子力・ 代替エネルギー庁 (フランス) フレッシュアイペディアより)

  • 熱化学水素製造

    熱化学水素製造から見た原子力原子力

    原子力による核熱の応用分野として研究が進んでいる。熱化学水素製造 フレッシュアイペディアより)

  • 名雪哲夫

    名雪哲夫から見た原子力原子力

    科学技術庁において原子力の安全規制、研究開発推進にかかわる行政に従事。のち、環境庁企画調整局において有害化学物質対策行政に従事。文部科学省原子力安全課防災環境対策室長、原子力安全委員会事務局審査指針課長などを歴任した。名雪哲夫 フレッシュアイペディアより)

  • R水素

    R水素から見た原子力原子力

    「Rでない」水素:炭素と水素の化合物である化石燃料などから水素を取り出す。その他には、工業プロセス(例:製鉄など)でできる副生水素や計画中である原子力の余剰電力で水から水素を取り出す持続可能でない方法がある。R水素 フレッシュアイペディアより)

  • アマシャム (企業)

    アマシャム (企業)から見た原子力原子力

    国営企業「放射化合物センター」(The Radiochemical Centre: TRC) として始まった。同社は第二次世界大戦前からの原子力技術開発に関連があり、放射性化合物を医学など平和産業に応用する目的で1946年設立された。その後世界を代表する放射性化合物メーカーに発展した。アマシャム (企業) フレッシュアイペディアより)

  • レオ・キンレン

    レオ・キンレンから見た原子力原子力

    レオ・キンレン (Leo Kinlen) は英国の悪性腫瘍の研究者である。彼の仮説である、英国の他の部分よりもセラフィールド原子力施設周辺地域において白血病罹患率が高い事の説明は、人々が原子力施設で仕事をするために他の地域からセラフィール周辺に移動し始めたために発生した集団の混合であり、白血病を引き起こす可能性があるウイルスの拡散をもたらしたという物である。レオ・キンレン フレッシュアイペディアより)

  • 中村政雄 (ジャーナリスト)

    中村政雄 (ジャーナリスト)から見た原子力原子力

    山口県生まれ。九州工業大学工学部卒業。読売新聞社入社、東京本社社会部、科学部記者、解説部次長、論説委員を歴任。原子力、環境、宇宙開発、科学技術全般を担当、国内外の取材経験多数。電力中央研究所名誉研究顧問、元東京工業大学大学院非常勤講師。中村政雄 (ジャーナリスト) フレッシュアイペディアより)

499件中 41 - 50件表示

「原子力」のニューストピックワード