382件中 61 - 70件表示
  • ハンズ・スース

    ハンズ・スースから見た核エネルギー原子力

    ウィーンで生まれた。1935年、ウィーン大学で化学の博士号を取得した。第2次世界大戦中は核エネルギーを開発するドイツ人科学者のチームに参加し、ノルウェーの工場での重水の製造に参加した。戦後は核物理学の分野でヨハネス・ハンス・イェンゼンと原子核のシェルモデルはの研究を行った。1950年にアメリカ合衆国に移り、シカゴ大学で宇宙化学の分野でハロルド・ユーリーと隕石中の元素存在比の研究を行った。ハンズ・スース フレッシュアイペディアより)

  • 原子力飛行機

    原子力飛行機から見た原子力原子力

    原子力飛行機(げんしりょくひこうき)は、原子力を動力源として用いる航空機である。船舶、鉄道など様々な交通機関で原子力推進が研究されていた1950年代に着手され、幾つかは試作もされたが、問題が余りに多く実用化されずに終息した。原子力飛行機 フレッシュアイペディアより)

  • 合意形成

    合意形成から見た原子力原子力

    また、主に原子力や環境問題などを中心に、一定のリスクについて行政、市民や企業が情報を共有し、意見の一致を図る取り組みとしてリスクコミュニケーションというものもあるが、これも合意形成のひとつといえる。また、合意形成自体を議論する学問がある。合意形成 フレッシュアイペディアより)

  • エネルギー革命

    エネルギー革命から見た原子力原子力

    「革命」という言葉の定義上、「石油が枯渇しそうだから原子力を使う」といった意味で使うことは誤りで、「より効率の高い新エネルギー資源の実用化により旧来の資源が必要とされなくなった」という意味において使用されるのが正しい。エネルギー革命 フレッシュアイペディアより)

  • 反憲法学生委員会全国連合

    反憲法学生委員会全国連合から見た原子力原子力

    学協は、やがて学園紛争を生み出した「戦後」という時代そのものへの批判を開始、「米ソによる世界支配」と「日本を永久に敗戦国として固定化せんとする戦後体制」打倒の「反ヤルタ、反ポツダム論」(反YP論)を政治路線として掲げ、「核拡散防止条約」(当時は「核防条約」といった)に対しても「米ソによる核エネルギー独占支配」として、締結及び批准阻止闘争を行った。反憲法学生委員会全国連合 フレッシュアイペディアより)

  • フッ化白金(VI)

    フッ化白金(VI)から見た原子力原子力

    他の元素による中性の六フッ化物もまた揮発性である。これには、オスミウム、イリジウム、ロジウム、ルテニウム、タングステン、テクネチウム、そしてウランが含まれる。全て強力な酸化剤である。フッ化ウラン(VI)とフッ化タングステン(VI)は原子力およびマイクロエレクトロニクス産業にそれぞれ利用されている。主な元素団、硫黄、キセノン、セレン、およびテルルも分離できる六フッ化物を形成する。六フッ化硫黄はその立体障害のため極めて安定しており、不活性流動体として電子機器で絶縁体として使われている。しかし、類似化合物の六フッ化セレンと六フッ化テルルは反応性が非常に大きい。フッ化白金(VI) フレッシュアイペディアより)

  • メテオライト (潜水艦)

    メテオライト (潜水艦)から見た原子力原子力

    イギリス海軍は本艦に続いて2隻のエクスプローラー級潜水艦を、ヴァルター機関搭載艦として建造し、さらなる研究開発を続けた。しかしながら、エクスプローラー級は1947年に発注されたものの、実用化が難航する間に、アメリカ海軍が原子力潜水艦の実用化に成功した。そのため、最終的にイギリス海軍でも、非大気依存推進に関する代替手段として核動力に方向転換し、ヴァルター機関への注力は放棄された。メテオライト (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • 吉田康彦

    吉田康彦から見た原子力原子力

    1993年より埼玉大学教養学部教授となり、国連、国際機構、NGO(非政府組織)、核・原子力問題、朝鮮半島問題についての解説・評論記事を数多く執筆。また、テレビ・新聞等のメディアで頻繁に登場し、発言している。2001年に同大学を定年退官後は、大阪経済法科大学教授を経て、現在、同大学アジア太平洋研究センター客員教授。他に財団法人日本国際フォーラム有識者政策委員、「核・エネルギー問題情報センター」常任理事、「放射線教育フォーラム」理事、「ポリシーフォーラム」共同代表・編集長、「北朝鮮人道支援の会」代表などを務める。吉田康彦 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井一夫

    酒井一夫から見た原子力原子力

    現在、東京大学大学院 工学系研究科 原子力国際専攻 客員教授 および 独立行政法人 放射線医学総合研究所 放射線防護研究センター センター長。酒井一夫 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ゴフマン

    ジョン・ゴフマンから見た原子力原子力

    1943年 触媒法でプルトニウムを抽出。同僚のシーボーグらとともにおこなったプロトアクチニウム232、ウラン232、プロトアクチニウム233、ウラン233発見により、同校より原子力及び物理化学に関する博士号取得。ジョン・ゴフマン フレッシュアイペディアより)

382件中 61 - 70件表示

「原子力」のニューストピックワード