499件中 61 - 70件表示
  • 経済協力開発機構原子力機関

    経済協力開発機構原子力機関から見た原子力原子力

    原子力に関するエネルギー供給において果たすべき役割を評価するため、原子力発電の技術的、経済的な側面を再検討し、核燃料サイクルの諸段階における需給と供給を予測することによって、原子力発電の貢献度を評価する。経済協力開発機構原子力機関 フレッシュアイペディアより)

  • アレヴァNP

    アレヴァNPから見た原子力原子力

    原子力複合企業のアレヴァグループの一員。持株比率はアレヴァSA 66%、ジーメンス 34%。アレヴァNP フレッシュアイペディアより)

  • 原子燃料政策研究会

    原子燃料政策研究会から見た原子力原子力

    目的:原子力の平和利用、そのための原子燃料リサイクルの確立のために設立された。唯一の被爆国である日本として、核兵器を地球から廃絶するためにも、プルトニウムの平和利用を積極的に進めるべきであると考え、活動を続けている。原子燃料政策研究会 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州原子力共同体

    欧州原子力共同体から見た原子力原子力

    スエズ危機によりヨーロッパ諸国はエネルギーの大部分が供給不可能となり、また一部の禁輸対象国での協調が欠けていたことにより事態を深刻なものにさせていた。この危機を受けて共同総会は欧州石炭鉄鋼共同体(英略称:ECSC)について、ほかのエネルギーも対象とできるように権限を拡大させることを提案した。ところが当時、欧州石炭鉄鋼共同体の創設者で初代委員長を務めていたジャン・モネは、原子力エネルギーについては別に共同体を創設することを望んでいた。ルイ・アルマンは当時ヨーロッパにおける原子力エネルギーの活用について研究する立場を任されており、アルマンの報告書では、埋蔵石炭の枯渇による不足を補い、産油国への依存を減らすために核開発をさらに進める必要があるという結論が出された。ところがベネルクスとドイツ(西ドイツ)が全般的な市場統合に積極的であるのに対して、フランスが保護主義の立場からこれに反対し、またジャン・モネも共同市場設立は壮大すぎで極めて困難であると考えていた。結局双方の妥協を図るため、モネはそれぞれ個別の共同体を設立することを提案した。欧州原子力共同体 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力安全課

    原子力安全課から見た原子力原子力

    原子力の安全及び平和利用の確保原子力安全課 フレッシュアイペディアより)

  • 中村誠太郎

    中村誠太郎から見た原子力原子力

    原子力の知識』要選書 1953年中村誠太郎 フレッシュアイペディアより)

  • アンダー・コントロール

    アンダー・コントロールから見た原子力原子力

    アンダー・コントロール(原題 ドイツ語:Unter Kontrolle)は、2010年にドイツで製作された原子力技術・産業に関するドキュメンタリー映画作品である。監督はフォルカー・ザッテル(Volker Sattel)。アンダー・コントロール フレッシュアイペディアより)

  • 日本真空学会

    日本真空学会から見た原子力原子力

    真空,表面,薄膜はもちろん,金属,機械,光学,化学,原子力,宇宙工学,電子工学等の広い分野となっている。日本真空学会 フレッシュアイペディアより)

  • タリビー (原子力潜水艦)

    タリビー (原子力潜水艦)から見た原子力原子力

    ノーチラスにおいて原子力を、アルバコアにおいて涙滴型船殻を手に入れたアメリカ海軍は、両者を結合したスキップジャック級において、潜水艦にとって長年の夢であった「潜航可能な船(submergible ship)」ではない「真の潜水艦(submarine)」を手に入れた。しかし、これは新たな課題のはじまりでもあった。潜航しているのが常態となった潜水艦は、その探知手段が音響的な手段(ソナー)に限定されるが、その際に自身が発する水中雑音もソナーの妨げになり、水中戦においては不利である。また、涙滴型船殻と核動力の組合せによる水中高速力は武器になるはずだったが、同時に大きな騒音の源ともなり、対潜水艦部隊からの探知を招く危険があった。タリビー (原子力潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • 原子力の日

    原子力の日から見た原子力原子力

    原子力の日(げんしりょくのひ)は、原子力に関する歴史的出来事を記念するために制定された記念日の一つ。原子力の日 フレッシュアイペディアより)

499件中 61 - 70件表示

「原子力」のニューストピックワード