106件中 61 - 70件表示
  • 原子力

    原子力から見た臨界事故

    1999年 日本の東海村のJCO核燃料施設で、正規の作業手順を無視したことにより臨界事故が発生し、大量の放射線を浴びた作業員2名が、急性の放射線障害で死亡した。この他にも原子力空母と原子力潜水艦で動力用原子炉が使用されている。原子力 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力

    原子力から見た大量破壊兵器

    原子力兵器や原子力潜水艦などは「核の戦争利用」「軍用核」の代表例であり、原子力兵器は代表的な大量破壊兵器とされている。原子力発電や原子力商船などの「核の平和利用」「商用核」も、その過程で発生する放射性廃棄物など問題を抱えている。又、原子力には、軍用か商用かを問わず、各種の原子力事故や放射性廃棄物の処理、核テロリズムの危険性などの課題が存在している。原子力 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力

    原子力から見たウクライナ

    1986年 ソ連内ウクライナ共和国のチェルノブイリ原子力発電所で、実験中に爆発事故が起こり、放射性物質が環境中に放出され47人が急性の放射線障碍で死亡した。2006年のIAEAの報告では、晩発の放射線障碍を含む死者の推計数は約9000人とされており、商用の原子力災害としては史上最悪の事態となった。原子力 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力

    原子力から見た原子力事故

    原子力兵器や原子力潜水艦などは「核の戦争利用」「軍用核」の代表例であり、原子力兵器は代表的な大量破壊兵器とされている。原子力発電や原子力商船などの「核の平和利用」「商用核」も、その過程で発生する放射性廃棄物など問題を抱えている。又、原子力には、軍用か商用かを問わず、各種の原子力事故や放射性廃棄物の処理、核テロリズムの危険性などの課題が存在している。原子力 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力

    原子力から見た兵器

    原子核反応により発生するエネルギーは、化石燃料の燃焼などの化学反応により発生するエネルギーに比べて桁違いに大きく、兵器として利用されるほか、エネルギー資源として主に発電に利用されている。ただし現在のところ発電に利用されているのは原子核分裂だけであり、原子核融合による発電はまだ実用化されていない。一方、原子核崩壊により発生する比較的弱いエネルギーは原子力電池や放射線医学などに利用されている。原子力 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力

    原子力から見た佐世保エンタープライズ寄港阻止闘争

    1968年 日本の佐世保で、原子力空母エンタープライズへの入港への反対運動。この頃、米国などで原子力空母の造成が盛んに行われる。原子力 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力

    原子力から見た被爆

    1954年 3月1日、ビキニ岩礁での水素爆弾実験で、焼津の漁船・第五福竜丸が被爆。同年、ソビエト連邦(ソ連)において最初の商用の原子力発電が開始された。原子力 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力

    原子力から見たアルファ線

    1895年 放射線の発見。レントゲンが謎のビーム(X線)を発見、ベクレルもウランが発する同様のビーム(アルファ線)を発見して、これらは「放射線」と名づけられた。3年後、ピエール・キュリーとマリー・キュリーの夫妻がラジウムを発見し、ここから放射線の研究が始まった。原子力 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力

    原子力から見たむつ (原子力船)

    核を動力源とする物体の推進運動を原子力推進(nuclear propulsion)と呼ぶ。鉄腕アトムなどの原子力ロボット、むつなどの原子力商船、原子力飛行機の他、各種の原子力ロケットが考えられている。原子力 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力

    原子力から見た原子力電池

    原子核反応により発生するエネルギーは、化石燃料の燃焼などの化学反応により発生するエネルギーに比べて桁違いに大きく、兵器として利用されるほか、エネルギー資源として主に発電に利用されている。ただし現在のところ発電に利用されているのは原子核分裂だけであり、原子核融合による発電はまだ実用化されていない。一方、原子核崩壊により発生する比較的弱いエネルギーは原子力電池や放射線医学などに利用されている。原子力 フレッシュアイペディアより)

106件中 61 - 70件表示

「原子力」のニューストピックワード