106件中 81 - 90件表示
  • 原子力

    原子力から見た原子核分裂

    「原子力」という語は、原義的には、ウランやプルトニウムの核分裂、放射性物質の崩壊、重水素・トリチウムなどの核融合により放出される核エネルギーのことを指す。原子核変換は、原子核崩壊と原子核反応に分類され、原子核反応はさらに原子核融合反応と原子核分裂反応に分類される。原子力 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力

    原子力から見た東海発電所

    1963年 東海村の東海発電所において、日本で最初の原子力発電が開始された。原子力 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力

    原子力から見た国際放射線防護委員会

    しかし、核分裂か核融合かを問わず、原子力の利用は、放射線、放射線を放出する能力(放射能)を持った物質(放射性物質、放射性廃棄物)を発生させる。放射線は、その量や強さに応じて生物に対して悪影響(放射線障害)を与えるため、適切に防護(放射線防護)する必要がある。放射線防護についての国際的な研究機関として、国際放射線防護委員会 (ICRP) がある。原子力 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力

    原子力から見た核反応

    原子力(げんしりょく。)とは、原子核の変換や核反応に伴って放出される多量のエネルギーのこと、またはそのエネルギーを兵器や動力源に利用すること。核エネルギー(かくエネルギー)や原子エネルギー(げんしエネルギー)ともともいい、単に核(かく、)と呼ぶ場合には、原子力を指すことが通例である。原子力 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力

    原子力から見た放射線医学

    原子核反応により発生するエネルギーは、化石燃料の燃焼などの化学反応により発生するエネルギーに比べて桁違いに大きく、兵器として利用されるほか、エネルギー資源として主に発電に利用されている。ただし現在のところ発電に利用されているのは原子核分裂だけであり、原子核融合による発電はまだ実用化されていない。一方、原子核崩壊により発生する比較的弱いエネルギーは原子力電池や放射線医学などに利用されている。原子力 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力

    原子力から見た核分裂反応

    1938年 ドイツのオットー・ハーンにより発見され、リーゼ・マイトナーによって核分裂反応と確認され、質量とエネルギーの等価性が実証された。原子力 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力

    原子力から見たチェルノブイリ原子力発電所事故

    1986年 ソ連内ウクライナ共和国のチェルノブイリ原子力発電所で、実験中に爆発事故が起こり、放射性物質が環境中に放出され47人が急性の放射線障碍で死亡した。2006年のIAEAの報告では、晩発の放射線障碍を含む死者の推計数は約9000人とされており、商用の原子力災害としては史上最悪の事態となった。原子力 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力

    原子力から見た焼津市

    1954年 3月1日、ビキニ岩礁での水素爆弾実験で、焼津の漁船・第五福竜丸が被爆。同年、ソビエト連邦(ソ連)において最初の商用の原子力発電が開始された。原子力 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力

    原子力から見たソビエト連邦

    1954年 3月1日、ビキニ岩礁での水素爆弾実験で、焼津の漁船・第五福竜丸が被爆。同年、ソビエト連邦(ソ連)において最初の商用の原子力発電が開始された。原子力 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力

    原子力から見たビキニ岩礁

    1954年 3月1日、ビキニ岩礁での水素爆弾実験で、焼津の漁船・第五福竜丸が被爆。同年、ソビエト連邦(ソ連)において最初の商用の原子力発電が開始された。原子力 フレッシュアイペディアより)

106件中 81 - 90件表示

「原子力」のニューストピックワード