前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
145件中 1 - 10件表示
  • 銭形平次 (大川橋蔵)

    銭形平次 (大川橋蔵)から見た原田大二郎原田大二郎

    第693話「妹のいのち」原田大二郎、岡まゆみ、中田博久、小鹿番銭形平次 (大川橋蔵) フレッシュアイペディアより)

  • おはようパーソナリティ道上洋三です

    おはようパーソナリティ道上洋三ですから見た原田大二郎原田大二郎

    2009年3月までは、当コーナー →「話のマーケット」→「話のハイウェイ」の順に放送。同年4月以降は、当コーナーの直後に「話のマーケット」を組み込んでいた。現在は、当コーナーの放送時間を拡大するとともに、「話のハイウェイ」「話のマーケット」で放送していた企画・特集を当コーナーへ集約。「話のマーケット」時代からのレギュラーゲスト(高石ともや・原田大二郎・張真紀など)をはじめ、各界の著名人・有識者・専門家がスタジオや電話で出演することもある。おはようパーソナリティ道上洋三です フレッシュアイペディアより)

  • 幕末青春グラフィティ 福沢諭吉

    幕末青春グラフィティ 福沢諭吉から見た原田大二郎原田大二郎

    本作と同じく河合義隆演出により1982年(昭和57年)に日本テレビ放送網で製作、放映された『幕末青春グラフィティ 坂本竜馬』の第2作とも言うべき作品である。『坂本竜馬』では全編にわたってザ・ビートルズの音楽がBGMに使われているが、本作ではサイモン&ガーファンクルの楽曲がBGMとして使われている(後に発売されたVHSビデオ(販売元:ポニー/品番:V128F-1312)及びDVD(販売元:松竹/品番:DB-0740)では、BGMはすべて谷村新司の楽曲に差し替えられている)。また配役も『坂本竜馬』と共通する役者陣を配している(柴俊夫、原田大二郎、矢崎滋、島田紳助など)。特に武田鉄矢と石坂浩二は前作と同じ役柄を演じている。また、武田は脚本も一部担当している。幕末青春グラフィティ 福沢諭吉 フレッシュアイペディアより)

  • 青山リマ

    青山リマから見た原田大二郎原田大二郎

    1970年(昭和45年)10月31日に公開された新藤兼人監督の『裸の十九才』では、主人公の少年を演じる原田大二郎が同棲する2人の女のうちの1人、「マリ」役に抜擢され、「少年の心をいやす役を好演」と評された(『成人映画』元編集長・川島のぶ子)。同作は和田嘉訓監督の『銭ゲバ』(主演唐十郎)と二本立で、ともに東宝の配給により一般映画として全国公開された。1973年(昭和48年)2月17日に公開された石原裕次郎の主演作『反逆の報酬』(監督澤田幸弘)にも「みゆき」役で出演、これも東宝が配給して全国公開されている。この時期、団鬼六の編集・監修する雑誌で、青山 リエあるいは青山 真樹の名で緊縛写真のモデルも務めた。青山リマ フレッシュアイペディアより)

  • 池田美穂

    池田美穂から見た原田大二郎原田大二郎

    東京生まれ東京育ち。3歳の時に、母親の影響で子役としてCMデビュー。立教大学入学式の際、雑誌の編集者にスカウトされ、ViVi、CanCam、JJ、Rayなどの読者モデルを務める。その後、日本テレビ「恋のから騒ぎ」レギュラーメンバーとして出演。説教部屋行きは6回。番組出演中にミス日本大会に出場しファイナリストに選ばれる。明石家さんまに「なぜグランプリを取れなかったんだ。」と番組中にいじられる。その後、芸能事務所Beingに所属するが、新卒でSoftBank株式会社の本社に入社したため、芸能事務所を辞める。SoftBankではデータ営業本部、法人第二営業本部を経て、会社を退職。フリーアナウンサーの事務所に転職をする。ラジオパーソナリティー、舞台、ナレーションと活躍し、もっと表現を磨きたいという想いから、文学座附属演劇研究所に入所し約1年間に渡り演劇の修行をする。そのきっかけとなったのが舞台「めぐみへの誓い」で共演した原田大二郎の存在である。彼女のオーラと演技力を見た原田大二郎は「お前は女優としての才能がある」と賞賛し、師匠として朗読や演技の指導をする。その後、日本三大劇団である文学座・俳優座・青年座と合格を果たし、文学座附属演劇研究所に決める。現在はフリーで舞台に出演している。時代劇「滝の白糸」では三越劇場にて若葉役を務め上げた。池田美穂 フレッシュアイペディアより)

  • 劇団夜想会

    劇団夜想会から見た原田大二郎原田大二郎

    出演:原田大二郎、あづみれいか、立川三貴、石村とも子 他劇団夜想会 フレッシュアイペディアより)

  • 天才・たけしの元気が出るテレビ!!

    天才・たけしの元気が出るテレビ!!から見た原田大二郎原田大二郎

    「元気が出る商事(当初は「風林火山商事」)」という設定で、出演者に「社長」「部長」「課長」「秘書」といった肩書があるのは、企画段階では会社を舞台にしたコメディ番組だった名残りである。また、お笑いバラエティ番組であるが、松方弘樹、原田大二郎、宝田明などの大物俳優や、野口五郎などの有名歌手がレギュラー出演しており、これは当初、テレビドラマを制作する予定でキャスティングし、スケジュールを空けてもらっていたためである。天才・たけしの元気が出るテレビ!! フレッシュアイペディアより)

  • 矢野 明仁

    矢野明仁から見た原田大二郎原田大二郎

    原田大二郎に師事。1989年「地球おいしいぞ」(日本テレビ)の撮影で、原田大二郎とともに世界を回る。矢野明仁 フレッシュアイペディアより)

  • Gメン'75

    Gメン'75から見た原田大二郎原田大二郎

    関屋警部補:原田大二郎(-22、32・33話)Gメン'75 フレッシュアイペディアより)

  • さやえんどう (テレビドラマ)

    さやえんどう (テレビドラマ)から見た原田大二郎原田大二郎

    沢野秀也:原田大二郎(第3話)さやえんどう (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
145件中 1 - 10件表示

「原田大二郎」のニューストピックワード