前へ 1 2 3 4 5
46件中 1 - 10件表示
  • 日の丸飛行隊

    日の丸飛行隊から見た原田雅彦原田雅彦

    札幌オリンピック後は1970年代後半から80年代前半にかけて八木弘和と秋元正博が活躍。その後は低迷が続いたが、カルガリーオリンピック(1988年)直後からナショナルチーム入りした原田雅彦、岡部孝信、東輝、葛西紀明らの登場で成績が再び上昇し、1992-93シーズンに葛西がW杯で日本人初の総合3位入賞を達成、1998年の長野オリンピックではラージヒル団体で金メダル(原田、岡部、船木和喜、斉藤浩哉)、ラージヒル個人で船木が金メダル、原田が銅メダル、ノーマルヒル個人で船木が銀メダルを獲得する大活躍を演じた。ワールドカップでも1997-98シーズンに船木が日本人最高の総合2位に入る。日の丸飛行隊 フレッシュアイペディアより)

  • 1998年長野オリンピック

    1998年長野オリンピックから見た原田雅彦原田雅彦

    日本勢が金2個(ラージヒル個人・船木和喜、ラージヒル団体・日本代表)、銀1個(ノーマルヒル個人・船木)、銅1個(ラージヒル個人・原田雅彦)を獲得した。1998年長野オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤浩哉

    斉藤浩哉から見た原田雅彦原田雅彦

    現役時代は「教科書」とも評された基本に忠実な、安定したジャンプスタイルで、1997年-1998年シーズンには3度あった日本のW杯表彰台独占において唯一3度全てで表彰台に上がり(1月1日・ガルミッシュ=パルテンキルヒェン:1位船木、2位原田、3位斉藤。1月11日・ラムソー:1位原田、2位船木、3位斉藤。3月1日・ヴィケルスン:1位岡部、2位斉藤、3位葛西)、長野五輪では団体戦の2番手として1回目130m、2回目124mと非常に堅実なジャンプで実力を見せつけ、日本の金メダル獲得に大きく貢献するなど大活躍だった。しかし長野五輪後は度重なるケガに泣かされた。1998年7月に右ひざの前十字靭帯、1999年6月には左ひざの(しつがいけん)3カ所を断裂したがそのたびに復活した。斉藤浩哉 フレッシュアイペディアより)

  • 西方仁也

    西方仁也から見た原田雅彦原田雅彦

    西方 仁也(にしかた じんや、1968年12月4日 - )は、長野県下高井郡野沢温泉村出身のスキージャンプ選手。兄の西方俊也もスキージャンプ選手として活躍した。同学年に原田雅彦らがいる。2001年引退。西方仁也 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見た原田雅彦原田雅彦

    2月の長野オリンピックでは金メダル2つ(個人ラージヒル、団体ラージヒル)、銀メダル1つ(個人ノーマルヒル)を獲得する活躍を見せた。個人ラージヒルの2本目では、オリンピック史上初めて審判全員が飛形点20点をつけるなど、「世界一美しい」と称されるジャンプフォームを誇った(国際大会で5人の審判全員が20点をつけたのは船木の他には1976年のジャンプ週間でのアントン・インナウアー、2009年のジャンプ週間でのウォルフガング・ロイツルのみ。)。オリンピック後のW杯順位はやや伸び悩み、プリモジュ・ペテルカに総合得点で逆転を許したが、3月21日のプラニツァ大会を含むシーズン5勝をあげて、個人総合成績で日本人選手歴代最高の2位に入った。総合ポイントはペテルカの1253点に対し船木は1234点で、総合優勝と19点差は日本人では歴代最少である(二番目は同シーズンの原田雅彦の133点差。旧スコア方式を含めれば1992-93シーズンの葛西紀明の34点差)。世界歴代でも、現スコア方式の1993-94シーズン以降では2014-15シーズンのペテル・プレヴツ(0点差)、2003-04シーズンのロアル・ヨケルソイ(10点差)に次ぐ三番目の僅差である。船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 葛西紀明

    葛西紀明から見た原田雅彦原田雅彦

    2014年2月のソチオリンピック()では夏季・冬季通じて史上最年長で日本選手団主将を務める。2月9日、最初の競技となった個人ノーマルヒルでは、1本目101.5mで、1回目首位のカミル・ストッフと10.8点差、3位のペテル・プレヴツとは3.6点差の131.2点の8位で2本目に進んだが、2回目に上位陣を上回ることが出来ずそのまま8位で終了した。同月15日に行われた男子ラージヒル個人では、1回目139mを飛び、飛距離は1回目1位のストッフと同じだったが、着地で後ろ足がやや流れた葛西の方が飛型点が1.5点低く、また向かい風による減点も葛西の方が大きかったために、計2.8ポイント差の2位となり、2回目は133.5mを飛びストッフの距離を1m上回ったことで、2回目のポイントだけならばストッフを上回ったものの、1回目の得点差を覆すまでに至らずそのまま2位に終わる。それでも、1994年・リレハンメルオリンピックでの団体銀メダル以来20年ぶり、個人としてはオリンピック7度目の出場で初のメダルとなる銀メダルを獲得した。日本ジャンプ勢のオリンピックでのメダル獲得は1998年・長野オリンピックでの船木和喜・原田雅彦以来16年ぶりのことであり、41歳254日でのメダル獲得は、冬季五輪に於ける日本人最年長記録となったほか、冬季五輪ジャンプ競技に限れば1948年のサンモリッツ大会に於いて「36歳168日」で銀メダルを獲得したビルゲル・ルート(ノルウェー)以来約66年ぶりの世界最年長記録更新となった。同月17日、清水礼留飛、竹内択、伊東大貴と出場した団体ラージヒルでも銅メダルを獲得した。団体での合計得点はメダル獲得チームの選手中で最高だった(全体で四番目)。このメダル記録により葛西は、更新したばかりの最年長メダル記録を、「41歳256日」と僅かながら更に更新した。葛西紀明 フレッシュアイペディアより)

  • 1998年長野オリンピックの日本選手団

    1998年長野オリンピックの日本選手団から見た原田雅彦原田雅彦

    主将:荻原健司(スキーノルディック複合)副将:原田雅彦(スキージャンプ)開会式・閉会式旗手:清水宏保(スピードスケート)1998年長野オリンピックの日本選手団 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年リレハンメルオリンピック

    1994年リレハンメルオリンピックから見た原田雅彦原田雅彦

    ノルディックスキー・ジャンプ団体で日本チームは最終ジャンパーの原田雅彦が105m以上飛ぶことができれば(=よほどの失敗ジャンプをしなければ)優勝が決まるはずであったが、結果は97.5mで2位に終わった。この失敗ジャンプで原田は大バッシングを受け、「大舞台に弱い」というイメージの払拭は長野オリンピックでの団体優勝を待たなければならなかった。1994年リレハンメルオリンピック フレッシュアイペディアより)

  • エスペン・ブレーデセン

    エスペン・ブレーデセンから見た原田雅彦原田雅彦

    リレハンメルオリンピックの団体ジャンプで日本が金メダルをほぼ掌中にしていたところ、原田雅彦が大失敗ジャンプをしてしまったことに対してバイスフロクが声をかけたことで原田が萎縮して失敗ジャンプになったのだろうとマスコミに話している。エスペン・ブレーデセン フレッシュアイペディアより)

  • 野呂田義一

    野呂田義一から見た原田雅彦原田雅彦

    (1)原田雅彦(雪印)243・0点(90・5m、96m=最長不倒)野呂田義一 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
46件中 1 - 10件表示

「原田雅彦」のニューストピックワード