前へ 1 2 3 4 5
46件中 1 - 10件表示
  • 長野オリンピック日本選手団

    長野オリンピック日本選手団から見た原田雅彦原田雅彦

    主将:荻原健司、副将:原田雅彦、旗手:清水宏保長野オリンピック日本選手団 フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤浩哉

    斉藤浩哉から見た原田雅彦原田雅彦

    現役時代は「教科書」とも評された基本に忠実な、安定したジャンプスタイルで、1997年-1998年シーズンには3度あった日本のW杯表彰台独占において唯一3度全てで表彰台に上がり(1月1日・ガルミッシュパルテンキルヘン:1位船木、2位原田、3位斉藤。1月11日・ラムソー:1位原田、2位船木、3位斉藤。3月1日・ヴィケルスン:1位岡部、2位斉藤、3位葛西)、長野五輪では団体戦の2番手として1回目130m、2回目124mと非常に堅実なジャンプで実力を見せつけ、日本の金メダル獲得に大きく貢献するなど大活躍だった。しかし長野五輪後は度重なるケガに泣かされた。1998年7月に右ひざの前十字靭帯、1999年6月には左ひざの(しつがいけん)3カ所を断裂したがそのたびに復活した。斉藤浩哉 フレッシュアイペディアより)

  • 船木和喜

    船木和喜から見た原田雅彦原田雅彦

    低く鋭い踏み切りの後、世界一と称される美しく、深い前傾姿勢から後半にぐんぐん飛距離を伸ばすスタイルで世界を席巻した。原田雅彦の高く強い踏み切りとは正反対のスタイルである。しかしジャンプスーツの規定変更等の影響もあり、現在のFISルールには必ずしも適合したものではない。このため、踏み切りの方向や強さ、空中姿勢の変更に取り組んでいる。船木和喜 フレッシュアイペディアより)

  • 葛西紀明

    葛西紀明から見た原田雅彦原田雅彦

    団体ラージヒル 11位(葛西紀明、東和広、竹内卓哉、原田雅彦葛西紀明 フレッシュアイペディアより)

  • 西方仁也

    西方仁也から見た原田雅彦原田雅彦

    西方 仁也(にしかた じんや、1968年12月4日 - )は長野県野沢温泉村出身の元スキージャンプ選手。兄西方俊也もスキージャンプ選手として活躍した。同学年に原田雅彦らがいる。西方仁也 フレッシュアイペディアより)

  • 長野オリンピック

    長野オリンピックから見た原田雅彦原田雅彦

    原田雅彦(、男子ラージヒル個人銅)長野オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • リレハンメルオリンピック

    リレハンメルオリンピックから見た原田雅彦原田雅彦

    ノルディックスキー・ジャンプ団体で日本チームは最終ジャンパーの原田雅彦が105m以上飛ぶことができれば(=よほどの失敗ジャンプをしなければ)優勝が決まるはずであったが、結果は97.5mで2位に終わった。この失敗ジャンプで原田は大バッシングを受け、「大舞台に弱い」というイメージの払拭は長野オリンピックでの団体優勝を待たなければならなかった。リレハンメルオリンピック フレッシュアイペディアより)

  • 日の丸飛行隊

    日の丸飛行隊から見た原田雅彦原田雅彦

    札幌オリンピック後に長期低迷が続いたが、カルガリーオリンピック(1988年)直後からナショナルチーム入りした原田雅彦、岡部孝信、東輝、葛西紀明らの登場で成績が再び上昇し、長野オリンピックではラージヒル団体で金メダル(原田、岡部、船木和喜、斉藤浩哉)、ラージヒル個人で船木が金メダル、原田が銅メダル、ノーマルヒル個人で船木が銀メダルを獲得する大活躍を演じた。日の丸飛行隊 フレッシュアイペディアより)

  • 小野学

    小野学から見た原田雅彦原田雅彦

    その後1984年から全日本スキー連盟ノルディックスキーナショナルチームジャンプコーチを兼任。1992年から2000年までナショナルチームヘッドコーチを務めリレハンメルオリンピック、長野オリンピックなどにおける日本の黄金期を築いた。1986年2月第41回国体成年3部優勝。翌年、2月の第42回国体成年C優勝。1988年2月カルガリーオリンピックのコーチとして就任した。1989年2月第44回国体成年C優勝、1991年第46回国体成年C優勝。翌年のアルベールオリンピックも4年前と同様、コーチとして就任。その年、3月には第47回国体成年C優勝果たしている。7月には実績が認められ全日本ナショナルチーム ヘッドコーチに就任した。1994年2月のリレハンメルオリンピックでもヘッドコーチに就任し日本チームを団体競技で銀メダルへと導いた。その時のメンバーは西方、岡部、葛西、原田であった。4年後の長野オリンピックではLHで船木が金メダル、原田が銅メダル、NHで船木が銀メダル団体競技においては見事に金メダルに導いた。その時のメンバーは岡部、斎藤、船木、原田であった。小野学 フレッシュアイペディアより)

  • 浅利正勝

    浅利正勝から見た原田雅彦原田雅彦

    後に同社のスキー部監督に就任し、原田雅彦選手などを育て、第二期日本スキー界の黄金期を支え、育てた。同社スキー部監督退任後は、スキージャンプの国際飛型審判員として、日本スキー連盟に貢献。浅利正勝 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
46件中 1 - 10件表示

「原田雅彦」のニューストピックワード