46件中 11 - 20件表示
  • 岡部孝信

    岡部孝信から見た原田雅彦原田雅彦

    団体ラージヒル 2位(西方仁也、岡部孝信、葛西紀明、原田雅彦岡部孝信 フレッシュアイペディアより)

  • 金子祐介

    金子祐介から見た原田雅彦原田雅彦

    2005年3月25日に札幌大倉山で行われた伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会で2本目に145.0mという驚異的バッケンレコード(ジャンプ台記録)を記録、2002年に原田雅彦が記録したそれまでの記録141.0mを4m更新した。なお、本人曰く目が悪くて暗い着地斜面が見えず、気がついたら一番下の笹(=距離の目安を示すためにランディングバーンに笹を一列に挿して線を作っている)を越えて飛んでいたとのこと。金子祐介 フレッシュアイペディアより)

  • 山田大起

    山田大起から見た原田雅彦原田雅彦

    団体ラージヒル 5位(原田雅彦、山田大起、宮平秀治、船木和喜)山田大起 フレッシュアイペディアより)

  • 秋元正博

    秋元正博から見た原田雅彦原田雅彦

    その後も好成績を残したが1988年のカルガリーオリンピックメンバーから漏れ落選。翌1988年-1989年シーズンをもって原田雅彦、葛西紀明らと入れ替わるように現役を退いた。秋元正博 フレッシュアイペディアより)

  • スキーフライング

    スキーフライングから見た原田雅彦原田雅彦

    また、日本人でも飛行曲線の高い原田雅彦は成功ジャンプでも途中でジャンプを止めて手前で降りることもあったほか、強風の中で行われた1998年のヴィケルスンでの大会では1本目3位ながら2本目を棄権している(この時他にディーター・トーマやアンドレアス・ゴルトベルガーなど、飛行曲線の高いジャンパーがこぞって2本目を棄権した)。一方で着地斜面をなめるジャンプが持ち味の岡部孝信や船木和喜はフライングヒルを苦にしていなかった。スキーフライング フレッシュアイペディアより)

  • いのちの響

    いのちの響から見た原田雅彦原田雅彦

    原田雅彦 スキージャンパーいのちの響 フレッシュアイペディアより)

  • 葦本祐二

    葦本祐二から見た原田雅彦原田雅彦

    翌日の団体戦でも東輝、原田雅彦、葛西紀明と組んで3位となった。葦本祐二 フレッシュアイペディアより)

  • 1968年のスポーツ

    1968年のスポーツから見た原田雅彦原田雅彦

    5月9日 - 原田雅彦(北海道、スキージャンプ)1968年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • スキージャンプ・コンチネンタルカップ

    スキージャンプ・コンチネンタルカップから見た原田雅彦原田雅彦

    スキージャンプ・コンチネンタルカップは国際スキー連盟(FIS)が主催するシーズンごとの大会で、スキージャンプ・ワールドカップより1つ下の格付けである。各国によって異なるがワールドカップを転戦するのがAチーム、コンチネンタルカップを転戦するのがBチームという構成とし、シーズン中にも何人かの選手の入替が行われることがある。トリノオリンピック日本選手団に選ばれた原田雅彦は2005年12月26日に行われたサン・モリッツ大会で2位に入り代表として選ばれている。スキージャンプ・コンチネンタルカップ フレッシュアイペディアより)

  • 浅利正勝

    浅利正勝から見た原田雅彦原田雅彦

    後に同社のスキー部監督に就任し、原田雅彦選手などを育て、第二期日本スキー界の黄金期を支え、育てた。同社スキー部監督退任後は、スキージャンプの国際飛型審判員として、日本スキー連盟に貢献。浅利正勝 フレッシュアイペディアより)

46件中 11 - 20件表示

「原田雅彦」のニューストピックワード