1 2 3 4 5 次へ
46件中 41 - 46件表示
  • サラメシ

    サラメシから見た原田雅彦原田雅彦

    2018年2月12日(月曜日・振替休日)8:15 - 8:58に放送。平昌オリンピックの応援企画として放送されたもので、平昌オリンピック日本代表チームからはヨハン・デ・ウィット(スピードスケート・コーチ)、鷲澤徹(スキージャンプ女子・チーフコーチ)、山中武司(アイスホッケー女子・監督)の3名、平昌パラリンピック日本代表チームからは中北浩仁(パラアイスホッケー男子・コーチ)、荒井秀樹(パラノルディックスキー・監督)の2名、合わせて5名の指導者のサラメシを紹介。このほか「メダルメシ」と題して、冬季オリンピック歴代メダリスト3名(荻原健司、清水宏保、原田雅彦)のサラメシを紹介した。サラメシ フレッシュアイペディアより)

  • 須田健仁

    須田健仁から見た原田雅彦原田雅彦

    1992年のアルベールビルオリンピックに出場し、上原子次郎、原田雅彦、葛西紀明と共に団体4位になった。個人成績はノーマルヒル39位、ラージヒル17位。須田健仁 フレッシュアイペディアより)

  • 山田優梨菜

    山田優梨菜から見た原田雅彦原田雅彦

    長野県北安曇郡小谷村出身。1歳7ヶ月で長野オリンピックを観戦して原田雅彦に憧れるようになる。小学3年生の時、スキークラブに入りスキージャンプ競技を始め、6年生の時、コンチネンタルカップに初出場。小谷村立小谷中学校在学時の2011-2012シーズン、2012年1月7日に開催されたヒンターツァルテン大会()でスキージャンプ・ワールドカップに初出場。同シーズンの世界ジュニア選手権団体戦では同学年の高梨沙羅らとともに金メダルを獲得している。山田優梨菜 フレッシュアイペディアより)

  • 小野学 (スキージャンプ)

    小野学 (スキージャンプ)から見た原田雅彦原田雅彦

    その後1984年から全日本スキー連盟ノルディックスキーナショナルチームジャンプコーチを兼任。1992年から2000年までナショナルチームヘッドコーチを務めリレハンメルオリンピック、長野オリンピックなどにおける日本の黄金期を築いた。1986年2月第41回国体成年3部優勝。翌年、2月の第42回国体成年C優勝。1988年2月カルガリーオリンピックのコーチとして就任した。1989年2月第44回国体成年C優勝、1991年第46回国体成年C優勝。翌年のアルベールオリンピックも4年前と同様、コーチとして就任。その年、3月には第47回国体成年C優勝果たしている。7月には実績が認められ全日本ナショナルチーム ヘッドコーチに就任した。1994年2月のリレハンメルオリンピックでもヘッドコーチに就任し日本チームを団体競技で銀メダルへと導いた。その時のメンバーは西方、岡部、葛西、原田であった。4年後の長野オリンピックではLHで船木が金メダル、原田が銅メダル、NHで船木が銀メダル団体競技においては見事に金メダルに導いた。その時のメンバーは岡部、斎藤、船木、原田であった。小野学 (スキージャンプ) フレッシュアイペディアより)

  • 工藤三郎

    工藤三郎から見た原田雅彦原田雅彦

    1994年のリレハンメルオリンピックのスキージャンプ団体戦で、原田雅彦の二回目が「世紀の大失敗ジャンプ」に終わり、日本チームはドイツに逆転され金メダルを逃してしまう。この試合を実況していた工藤アナは、試技直後に座り込んで頭を抱える原田の姿を目の当たりにすることとなる。工藤三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 藤本美貴

    藤本美貴から見た原田雅彦原田雅彦

    北海道出身ということもあって、プロ野球では地元球団・北海道日本ハムファイターズ、プロ野球選手では中田翔のファン。2013年分の球団オフィシャルガイドブックでは、倉本聰・原田雅彦・野々村芳和と共に「北海道ゆかりの著名人」として応援のコメントを出している。藤本美貴 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
46件中 41 - 46件表示

「原田雅彦」のニューストピックワード