前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示
  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た船木和喜

    1994年リレハンメルオリンピック団体での大失敗ジャンプ以降、マスコミ・一般人からのバッシングもあり、また船木和喜の台頭により彼のフォームを意識するあまりスランプに陥ったが、1995-96シーズンに本来のフォームに戻したことで調子を取り戻し、度々ワールドカップで優勝するようになる。長野オリンピックの前年である1996-97シーズンは一時不振に陥るも、トロンハイムの世界選手権の個人ラージヒルで優勝。五輪、世界選手権を通じてラージヒルの優勝は日本人初の快挙(また、1993年ノーマルヒル優勝と併せて、ノーマルヒル・ラージヒルの両種目で優勝した初の日本人選手ということにもなる)。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た雪印乳業

    原田 雅彦(はらだ まさひこ、1968年5月9日 - )は、北海道上川町出身、雪印乳業所属の元スキージャンプ選手。身長174cm、血液型A型。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た岡部孝信

    長野オリンピック・ジャンプ団体で、日本の3番手となった原田の1回目は運悪くほとんど前も見えないような大雪の中で行われた。このため、このグループの選手は、軒並み距離を落としたが、その中でも原田は直前に飛んだドイツのハンスイェルク・イエックレより1.8 km/h、このグループで一番早かった選手より3km/h以上も遅い87.1 km/hのスピードで飛び出すことになり(速度計測地点からカンテの先まででさらに85km/h近くまで減速した可能性もあるとこの時ヘッドコーチだった小野学は自著の中で指摘している。1本目終了直後、小野学はこの速度差に関して競技委員会に抗議したが却下されてしまった)、79.5mにとどまる。飛型点の減点もまだ斜度が緩い位置での着地でテレマークを入れられなかった分のみで決して失敗ジャンプではなかったが、国民の多くが4年前の悪夢を思い浮かべた。ちなみに岡部孝信は「第3グループのあの悪天候は…原田さんでなくて僕や斎藤、船木なら(もっと上で落ちてしまって、金には)届かなかった」と擁護するコメントを残している。岡部・船木は原田のように高く強く飛び出すジャンプではなく、低く鋭く飛び出すジャンプだからだという。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た吉岡和也

    団体ラージヒル 4位(宮平秀治、吉岡和也、葛西紀明、原田雅彦)原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た清水宏保

    2006年3月20日、現役引退を表明。3月25日の伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会で現役を引退。長野オリンピックで金メダルを取って注目された選手のうち、船木や清水宏保(スピードスケート)が所属企業から独立してプロ選手への道を歩んだのに対し、原田はサラリーマンとして所属する雪印乳業への愛社精神が強く、現役引退後も引き続き会社に残った。その愛社精神は、雪印主催のオリンピック祝勝会での「金メダルを取れたのは、わが社の牛乳のおかげです。」という冗談まじりの発言にもその一端が現れている(原田以外の雪印の選手もこのような場で自社製品を宣伝することは多く、チームを通して愛社精神は強い)。全国の同社工場や営業所を激励訪問した原田の活躍は雪印グループ社員の士気を高めたが、2000年に発生した雪印集団食中毒事件では原田も謝罪会見を行い、同社によるスポーツ活動の自粛は原田自身にも悪影響を及ぼした。経営再建の一環で雪印乳業は各スポーツ活動から撤退をしたが(参照:札幌ホッケークラブ)、スキージャンプ部のみは存続させ、原田は引き続き同社の社員として競技に携わる事になった。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た雪印メグミルク

    現役引退後、雪印メグミルクスキー部コーチの傍ら、スキージャンプ解説者としても活躍、原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た西方仁也

    1本目終了時点で悪天候により打ち切りの可能性もあった。2本目が行われるかどうかは、テストジャンプの結果次第であった。西方仁也、高橋竜二、葛西賀子ら25名のテストジャンパー達は、悪天候の中で一人の転倒者も出すことなく試技を続け、競技再開が可能な事を証明した。この結果を見た競技委員は2本目の実施を決断する。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た斉藤浩哉

    2014年春、同部の斉藤浩哉前監督の退任を受けて監督に就任。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た全日本スキー連盟

    2015年10月、全日本スキー連盟理事に就任。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た小野学 (スキージャンプ)

    長野オリンピック・ジャンプ団体で、日本の3番手となった原田の1回目は運悪くほとんど前も見えないような大雪の中で行われた。このため、このグループの選手は、軒並み距離を落としたが、その中でも原田は直前に飛んだドイツのハンスイェルク・イエックレより1.8 km/h、このグループで一番早かった選手より3km/h以上も遅い87.1 km/hのスピードで飛び出すことになり(速度計測地点からカンテの先まででさらに85km/h近くまで減速した可能性もあるとこの時ヘッドコーチだった小野学は自著の中で指摘している。1本目終了直後、小野学はこの速度差に関して競技委員会に抗議したが却下されてしまった)、79.5mにとどまる。飛型点の減点もまだ斜度が緩い位置での着地でテレマークを入れられなかった分のみで決して失敗ジャンプではなかったが、国民の多くが4年前の悪夢を思い浮かべた。ちなみに岡部孝信は「第3グループのあの悪天候は…原田さんでなくて僕や斎藤、船木なら(もっと上で落ちてしまって、金には)届かなかった」と擁護するコメントを残している。岡部・船木は原田のように高く強く飛び出すジャンプではなく、低く鋭く飛び出すジャンプだからだという。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示

「原田雅彦」のニューストピックワード