55件中 11 - 20件表示
  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た高橋竜二

    1本目終了時点で悪天候により打ち切りの可能性もあった。2本目が行われるかどうかは、テストジャンプの結果次第であった。西方仁也、高橋竜二、葛西賀子ら25名のテストジャンパー達は、悪天候の中で一人の転倒者も出すことなく試技を続け、競技再開が可能な事を証明した。この結果を見た競技委員は2本目の実施を決断する。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見たシモン・アマン

    皮肉にもこの頃より世界のジャンプスタイルの主流はかつて原田が実践していた「低速でも距離を伸ばす高いジャンプ」に移行、世界の技術が当時の原田にやっと追いついたと言える。この頃にジャンプ界を席巻したシモン・アマンも典型的な原田型のジャンパーである。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見たアンドレアス・ゴルトベルガー

    豪快なジャンプスタイルと、いかなる苦境でも悲壮感を見せないそのユーモアとウィットに富んだ人柄から、欧州では「Happy Harada(ハッピー・ハラダ)」と呼ばれ、オーストリアのアンドレアス・ゴルトベルガーと人気を二分するほどの人気を誇った。なお、両者とも競技者としては引退しているが、飛ぶこと自体は辞めていない。(なお、2007年8月3日の大倉山でのイベントで「ミスターX」と言うジャンパーが男子の部で2位に入っているが、このジャンパーが原田であったという証言がされている。)原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た須田健仁

    団体ラージヒル 4位(上原子次郎、原田雅彦、葛西紀明、須田健仁原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た和田源二

    長野オリンピックでも、ノーマルヒルでは2回目に失敗しメダルを逃し、また団体競技当日の悪天候もあいまって1回目は79.5mのジャンプとなるが、2回目は当時のバッケンレコードとなる137メートルの大ジャンプで見事に巻き返した。この時の大ジャンプを、当時の実況の和田源二は『別の世界へ飛んでいった原田!』と評した。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見たイェンス・バイスフロク

    リレハンメルオリンピック・ジャンプ団体で7人が飛び、よほどの大失敗ジャンプでもない限り金メダルが確定している場面で原田は最後の一本を飛ぶことになった。しかし原田の前に飛んだドイツのエース、イェンス・バイスフロクが135.5mのスーパージャンプをマークする。この時点でも105m以上飛べば日本の優勝が決まるはずであったが、(原田本人は否定しているが)これが大きな重圧になったのか、97.5mの結果に終わり銀メダルとなった。原田はこのことで一部から「へらへら笑うな」「お前のせいで負けた」等と大バッシングを受け、1年以上自宅などへの嫌がらせもあった。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た山田大起

    団体ラージヒル 5位(宮平秀治、山田大起、原田雅彦、船木和喜)原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た宮平秀治

    団体ラージヒル 5位(宮平秀治、山田大起、原田雅彦、船木和喜)原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見たハンスイェルク・イエックレ

    長野オリンピック・ジャンプ団体で、日本の3番手となった原田の1回目は運悪くほとんど前も見えないような大雪の中で行われた。このため、このグループの選手は、軒並み距離を落としたが、その中でも原田は直前に飛んだドイツのハンスイェルク・イエックレより1.8 km/h、このグループで一番早かった選手より3km/h以上も遅い87.1 km/hのスピードで飛び出すことになり(速度計測地点からカンテの先まででさらに85km/h近くまで減速した可能性もあるとこの時ヘッドコーチだった小野学は自著の中で指摘している。1本目終了直後、小野学はこの速度差に関して競技委員会に抗議したが却下されてしまった)、79.5mにとどまる。飛型点の減点もまだ斜度が緩い位置での着地でテレマークを入れられなかった分のみで決して失敗ジャンプではなかったが、国民の多くが4年前の悪夢を思い浮かべた。ちなみに岡部孝信は「第3グループのあの悪天候は…原田さんでなくて僕や斎藤、船木なら(もっと上で落ちてしまって、金には)届かなかった」と擁護するコメントを残している。岡部・船木は原田のように高く強く飛び出すジャンプではなく、低く鋭く飛び出すジャンプだからだという。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見たアンドレアス・ビドヘルツル

    長野オリンピックでは個人でもラージヒルで銅メダルを獲得している。それも、1本目に6位から、2本目に一時は測定不能となるほどの大ジャンプを見せての大逆転であった。この時世界一低速に強いといわれていた原田は1本目、早い順番で飛んだ選手さえK点を軽々超えるほどの超オーバースピードによる飛び過ぎへの不安とノーマルヒルから引きずった固さから踏み切りに失敗するも、強い向かい風に助けられて120mを記録。1本目のジャンプで吹っ切れた原田は2本目に日本中を驚かせる超特大ジャンプを見せる。飛距離が自動計測できる135mを超えて着地したため飛距離がすぐ表示されず、飛距離が発表されたのは最後のアンドレアス・ビドヘルツルが飛んでからしばらくたってからだった。4位のビドヘルツルをわずか0.1ポイント上回る逆転3位というドラマチックな展開は、NHKの工藤三郎アナウンサーによる「因縁の2回目」、「立て! 立て! 立て! 立ってくれ!! 立った!!!」という実況にあらわされている。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

55件中 11 - 20件表示

「原田雅彦」のニューストピックワード