64件中 21 - 30件表示
  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た工藤三郎

    長野オリンピックでは個人でもラージヒルで銅メダルを獲得している。それも、1本目に6位から、2本目に一時は測定不能となるほどの大ジャンプを見せての大逆転であった。この時世界一低速に強いといわれていた原田は1本目、早い順番で飛んだ選手さえK点を軽々超えるほどの超オーバースピードによる飛び過ぎへの不安とノーマルヒルから引きずった固さから踏み切りに失敗するも、強い向かい風に助けられて120mを記録。1本目のジャンプで吹っ切れた原田は2本目に日本中を驚かせる超特大ジャンプを見せる。飛距離が自動計測できる135mを超えて着地したため飛距離がすぐ表示されず、飛距離が発表されたのは最後のアンドレアス・ビドヘルツルが飛んでからしばらくたってからだった。4位のビドヘルツルをわずか0.1ポイント上回る逆転3位というドラマチックな展開は、NHKの工藤三郎アナウンサーによる「因縁の2回目」、「立て! 立て! 立て! 立ってくれ!! 立った!!!」という実況にあらわされている。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た札幌市

    また、その人柄と国際的知名度から2007年に札幌市で行われた2007年ノルディックスキー世界選手権札幌大会の特別広報大使に任命されている。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た心理学

    原田は2本目「両足を複雑骨折してもいい」との覚悟で137mの大ジャンプを決め(決して飛型点の高い美しいジャンプではなかったが)、金メダルへの立役者となった。ジャンプ後自失したように嗚咽しながらも、次のジャンパーである船木和喜への声援「ふなき?ふなき?」や、また金メダル決定直後のインタビューで「(リレハンメルオリンピック団体戦での事を聞かれ)でもね、今日は長野だから」「4人たすきをさ、渡しあったんだよ」「(1本目後の気持ちを聞かれ)辛かったよもぅ・・。またね、みんな迷惑かけてんのかなと思ってた・・辛かった・・」「でもね・・屋根ついてないからしょうがないよね」などと、号泣しながら答える姿もみせた(心理学的にこの時の原田の精神状況は「破壊」と呼ばれている)。なお、「ふなき?ふなき?」に関してはインタビュアーに「今は船木が飛ぶから待ってくれ」と言いたかったらしい。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た全日本スキー連盟

    2005年に「身長に対し体重が軽すぎる選手のスキー板を短くする」というBMIルールが導入されており、規定によると原田の登録身長174cmで使用できる板の長さは「身長の146%(254 cm)まで」で、且つこの場合は「スーツとブーツを着用した体重が61.0kg以上」なくてはならない(この体重に足りない場合、使用できる板の長さは最長でも251cmとなる)。実際にジャンプで使用したスキー板の長さは253cmだったが、検査による原田の体重は60.8kgと、僅か200g不足していた。しかし、雪印スキー部や全日本スキー連盟に公式登録されている当シーズンの原田の身長は173cmであり、過去4度出場したオリンピックでの登録身長も全て173cmであった。173cmの場合は体重が60.0kg以上であれば丁度253cmまでのスキー板を使用することができる。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た冬季オリンピック

    小学校3年の時からスキージャンプを始め、上川中学時代に全国優勝。東海大学付属第四高等学校卒業後雪印乳業に入社。1990年代以降、日本を代表するスキージャンプ選手となる。1992年アルベールビル、1994年リレハンメル、1998年長野、2002年ソルトレイクシティ、2006年トリノの計5回の冬季オリンピックに出場。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た日本放送協会

    長野オリンピックでは個人でもラージヒルで銅メダルを獲得している。それも、1本目に6位から、2本目に一時は測定不能となるほどの大ジャンプを見せての大逆転であった。この時世界一低速に強いといわれていた原田は1本目、早い順番で飛んだ選手さえK点を軽々超えるほどの超オーバースピードによる飛び過ぎへの不安とノーマルヒルから引きずった固さから踏み切りに失敗するも、強い向かい風に助けられて120mを記録。1本目のジャンプで吹っ切れた原田は2本目に日本中を驚かせる超特大ジャンプを見せる。飛距離が自動計測できる135mを超えて着地したため飛距離がすぐ表示されず、飛距離が発表されたのは最後のアンドレアス・ビドヘルツルが飛んでからしばらくたってからだった。4位のビドヘルツルをわずか0.1ポイント上回る逆転3位というドラマチックな展開は、NHKの工藤三郎アナウンサーによる「因縁の2回目」、「立て! 立て! 立て! 立ってくれ!! 立った!!!」という実況にあらわされている。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た長野オリンピック

    小学校3年の時からスキージャンプを始め、上川中学時代に全国優勝。東海大学付属第四高等学校卒業後雪印乳業に入社。1990年代以降、日本を代表するスキージャンプ選手となる。1992年アルベールビル、1994年リレハンメル、1998年長野、2002年ソルトレイクシティ、2006年トリノの計5回の冬季オリンピックに出場。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見たスキージャンプ

    原田 雅彦(はらだ まさひこ、1968年5月9日 - )は、北海道上川町出身、雪印乳業所属の元スキージャンプ選手。身長174cm、血液型A型。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見たトロンハイム

    リレハンメルオリンピック団体での大失敗ジャンプ以降、マスコミ・一般人からのバッシングもあり、また船木和喜の台頭により彼のフォームを意識するあまりスランプに陥ったが、95-96シーズンに本来のフォームに戻したことで調子を取り戻し、度々ワールドカップで優勝するようになる。長野オリンピックの前年である96-97シーズンは一時不振に陥るも、トロンハイムの世界選手権で優勝。五輪、世界選手権を通じてラージヒルの優勝は日本人初の快挙。ノーマルヒル、団体で準優勝に輝いている。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見たトリノオリンピック

    小学校3年の時からスキージャンプを始め、上川中学時代に全国優勝。東海大学付属第四高等学校卒業後雪印乳業に入社。1990年代以降、日本を代表するスキージャンプ選手となる。1992年アルベールビル、1994年リレハンメル、1998年長野、2002年ソルトレイクシティ、2006年トリノの計5回の冬季オリンピックに出場。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

64件中 21 - 30件表示

「原田雅彦」のニューストピックワード