55件中 31 - 40件表示
  • 原田雅彦

    原田雅彦から見たトロンハイム

    1994年リレハンメルオリンピック団体での大失敗ジャンプ以降、マスコミ・一般人からのバッシングもあり、また船木和喜の台頭により彼のフォームを意識するあまりスランプに陥ったが、1995-96シーズンに本来のフォームに戻したことで調子を取り戻し、度々ワールドカップで優勝するようになる。長野オリンピックの前年である1996-97シーズンは一時不振に陥るも、トロンハイムの世界選手権の個人ラージヒルで優勝。五輪、世界選手権を通じてラージヒルの優勝は日本人初の快挙(また、1993年ノーマルヒル優勝と併せて、ノーマルヒル・ラージヒルの両種目で優勝した初の日本人選手ということにもなる)。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た人見知り

    今でこそ明るく笑顔を絶やさないイメージがあるが、幼少時は泣き虫で人見知りであった。それがジャンプを始めたことで精神的にも成長し、今の笑顔につながっているが、さすがに長年の重圧から解放された長野オリンピックの団体戦直後は幼い頃の「泣き虫原田」に戻ってしまった。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た2007年ノルディックスキー世界選手権札幌大会

    また、その人柄と国際的知名度から2007年に札幌市で行われた2007年ノルディックスキー世界選手権札幌大会の特別広報大使に任命されている。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た上川町

    原田 雅彦(はらだ まさひこ、1968年5月9日 - )は、北海道上川町出身、雪印乳業所属の元スキージャンプ選手。身長174cm、血液型A型。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見たJOCスポーツ賞

    1998年度JOCスポーツ賞最優秀賞原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た体重

    2005年に「身長に対し体重が軽すぎる選手のスキー板を短くする」というBMIルールが導入されており、規定によると原田の登録身長174cmで使用できる板の長さは「身長の146%(254 cm)まで」で、かつこの場合は「スーツとブーツを着用した体重が61.0kg以上」なくてはならない(この体重に足りない場合、使用できる板の長さは最長でも251cmとなる)。実際にジャンプで使用したスキー板の長さは253cmだったが、検査による原田の体重は60.8kgと、僅か200g不足していた。しかし、雪印スキー部や全日本スキー連盟に公式登録されている当シーズンの原田の身長は173cmであり、過去4度出場したオリンピックでの登録身長も全て173cmであった。173cmの場合は体重が60.0kg以上であれば丁度253cmまでのスキー板を使用することができる。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た全日本スキー選手権大会ノルディックスキー・スペシャルジャンプ

    全日本スキー選手権大会ノーマルヒル 優勝(1995、1998、2000、2001、2005)原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た大倉山ジャンプ競技場

    豪快なジャンプスタイルと、いかなる苦境でも悲壮感を見せないそのユーモアとウィットに富んだ人柄から、欧州では「Happy Harada(ハッピー・ハラダ)」と呼ばれ、オーストリアのアンドレアス・ゴルトベルガーと人気を二分するほどの人気を誇った。なお、両者とも競技者としては引退しているが、飛ぶこと自体は辞めていない。(なお、2007年8月3日の大倉山でのイベントで「ミスターX」と言うジャンパーが男子の部で2位に入っているが、このジャンパーが原田であったという証言がされている。)原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た1997年ノルディックスキー世界選手権

    1994年リレハンメルオリンピック団体での大失敗ジャンプ以降、マスコミ・一般人からのバッシングもあり、また船木和喜の台頭により彼のフォームを意識するあまりスランプに陥ったが、1995-96シーズンに本来のフォームに戻したことで調子を取り戻し、度々ワールドカップで優勝するようになる。長野オリンピックの前年である1996-97シーズンは一時不振に陥るも、トロンハイムの世界選手権の個人ラージヒルで優勝。五輪、世界選手権を通じてラージヒルの優勝は日本人初の快挙(また、1993年ノーマルヒル優勝と併せて、ノーマルヒル・ラージヒルの両種目で優勝した初の日本人選手ということにもなる)。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見たボディマス指数

    2005年に「身長に対し体重が軽すぎる選手のスキー板を短くする」というBMIルールが導入されており、規定によると原田の登録身長174cmで使用できる板の長さは「身長の146%(254 cm)まで」で、かつこの場合は「スーツとブーツを着用した体重が61.0kg以上」なくてはならない(この体重に足りない場合、使用できる板の長さは最長でも251cmとなる)。実際にジャンプで使用したスキー板の長さは253cmだったが、検査による原田の体重は60.8kgと、僅か200g不足していた。しかし、雪印スキー部や全日本スキー連盟に公式登録されている当シーズンの原田の身長は173cmであり、過去4度出場したオリンピックでの登録身長も全て173cmであった。173cmの場合は体重が60.0kg以上であれば丁度253cmまでのスキー板を使用することができる。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

55件中 31 - 40件表示

「原田雅彦」のニューストピックワード