55件中 41 - 50件表示
  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た雪印メグミルク杯全日本ジャンプ大会

    雪印メグミルク杯全日本ジャンプ大会成年の部 優勝(1992、2001)原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た国際スキー連盟

    ジャンプ競技について強風の為に出場枠を減らすというオリンピック運営側の通告があったが、原田は最後の出場枠に入ることが出来た。出場した個人ノーマルヒル予選で95mの記録を残すが、ジャンプ終了後の抜き打ち検査によりスキー板が国際スキー連盟(FIS)の定めた規定に違反していた事が発覚、失格となった。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見たK点

    しかしサンダーベイ世界選手権で惨敗した後の1995年夏頃から原点に立ち返り高いジャンプを心がけるようになると、それまで船木型を目指して得た良い部分と合わさり、インパクトをつける高いジャンプでありながらタイミングが多少合わなくても飛距離を落とさない「原田型」というスタイルを会得(踏切のタイミングの許容範囲は一流選手でも80cm程度というが、この頃の原田は1m近くあったと言われていた)、1996-97年シーズンに軽い不調に陥るも同年のトロンハイム世界選手権までに復活を遂げると、その夏からは他の選手より2m近く短い助走でK点を大きく超えるジャンプを見せるほど圧倒的な強さを見せるようになった。しかし他の選手に比べて飛びすぎてしまうため、他の選手が軽々大ジャンプを見せるようなアプローチ速度の速い試合運営が続いた時に実力を抑えざるを得なくなって順位に結びつかないケースが増えたが、この技術が長野五輪の団体戦1本目の大雪の中で飛距離には現れなかったが最大限のジャンプが出来る要因となった。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見たオーストリア

    豪快なジャンプスタイルと、いかなる苦境でも悲壮感を見せないそのユーモアとウィットに富んだ人柄から、欧州では「Happy Harada(ハッピー・ハラダ)」と呼ばれ、オーストリアのアンドレアス・ゴルトベルガーと人気を二分するほどの人気を誇った。なお、両者とも競技者としては引退しているが、飛ぶこと自体は辞めていない。(なお、2007年8月3日の大倉山でのイベントで「ミスターX」と言うジャンパーが男子の部で2位に入っているが、このジャンパーが原田であったという証言がされている。)原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会

    2006年3月20日、現役引退を表明。3月25日の伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会で現役を引退。長野オリンピックで金メダルを取って注目された選手のうち、船木や清水宏保(スピードスケート)が所属企業から独立してプロ選手への道を歩んだのに対し、原田はサラリーマンとして所属する雪印乳業への愛社精神が強く、現役引退後も引き続き会社に残った。その愛社精神は、雪印主催のオリンピック祝勝会での「金メダルを取れたのは、わが社の牛乳のおかげです。」という冗談まじりの発言にもその一端が現れている(原田以外の雪印の選手もこのような場で自社製品を宣伝することは多く、チームを通して愛社精神は強い)。全国の同社工場や営業所を激励訪問した原田の活躍は雪印グループ社員の士気を高めたが、2000年に発生した雪印集団食中毒事件では原田も謝罪会見を行い、同社によるスポーツ活動の自粛は原田自身にも悪影響を及ぼした。経営再建の一環で雪印乳業は各スポーツ活動から撤退をしたが(参照:札幌ホッケークラブ)、スキージャンプ部のみは存続させ、原田は引き続き同社の社員として競技に携わる事になった。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た鋭角

    後に原田は、当時活躍していた日本人選手の主流だった、出来るだけ踏み切りの動作を抑えたスタイルに移行する。その後、長い間スランプに陥った原田はトリノオリンピックの直前に、助走姿勢でのひざの角度をこれまでより鋭角にするようにした。このスタイルは、従来の立ち幅跳びで中腰で飛ぶ場合に比べ、より多くひざを曲げることができパワーを得られるが、方向性、タイミングの取り方が難しくなる。つまり、このスタイルは方向性よりもインパクトを重視した姿勢である。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た複雑骨折

    原田は2本目「両足を複雑骨折してもいい」との覚悟で137mの大ジャンプを決め(決して飛型点の高い美しいジャンプではなかったが)、金メダルへの立役者となった。ジャンプ後自失したように嗚咽しながらも、次のジャンパーである船木和喜への声援「ふなき〜!ふなきい…!!」や、また金メダル決定直後のインタビューで「(リレハンメルオリンピック団体戦での事を聞かれ)でもね、今日は長野だから」「4人たすきをさ、渡しあったんだよ」「(1本目後の気持ちを聞かれ)辛かったよもぅ…。またね、みんな迷惑かけてんのかなと思ってた…辛かった…」「でもね…屋根ついてないからしょうがないよね」などと、号泣しながら答える姿もみせた(心理学的にこの時の原田の精神状況は「破壊」と呼ばれている)。なお「ふなき〜ふなきい…」に関しては、インタビュアーに「今は船木が飛ぶから待ってくれ」と言いたかったらしい。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見たマスメディア

    1994年リレハンメルオリンピック団体での大失敗ジャンプ以降、マスコミ・一般人からのバッシングもあり、また船木和喜の台頭により彼のフォームを意識するあまりスランプに陥ったが、1995-96シーズンに本来のフォームに戻したことで調子を取り戻し、度々ワールドカップで優勝するようになる。長野オリンピックの前年である1996-97シーズンは一時不振に陥るも、トロンハイムの世界選手権の個人ラージヒルで優勝。五輪、世界選手権を通じてラージヒルの優勝は日本人初の快挙(また、1993年ノーマルヒル優勝と併せて、ノーマルヒル・ラージヒルの両種目で優勝した初の日本人選手ということにもなる)。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た札幌ホッケークラブ

    2006年3月20日、現役引退を表明。3月25日の伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会で現役を引退。長野オリンピックで金メダルを取って注目された選手のうち、船木や清水宏保(スピードスケート)が所属企業から独立してプロ選手への道を歩んだのに対し、原田はサラリーマンとして所属する雪印乳業への愛社精神が強く、現役引退後も引き続き会社に残った。その愛社精神は、雪印主催のオリンピック祝勝会での「金メダルを取れたのは、わが社の牛乳のおかげです。」という冗談まじりの発言にもその一端が現れている(原田以外の雪印の選手もこのような場で自社製品を宣伝することは多く、チームを通して愛社精神は強い)。全国の同社工場や営業所を激励訪問した原田の活躍は雪印グループ社員の士気を高めたが、2000年に発生した雪印集団食中毒事件では原田も謝罪会見を行い、同社によるスポーツ活動の自粛は原田自身にも悪影響を及ぼした。経営再建の一環で雪印乳業は各スポーツ活動から撤退をしたが(参照:札幌ホッケークラブ)、スキージャンプ部のみは存続させ、原田は引き続き同社の社員として競技に携わる事になった。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見たたすき

    原田は2本目「両足を複雑骨折してもいい」との覚悟で137mの大ジャンプを決め(決して飛型点の高い美しいジャンプではなかったが)、金メダルへの立役者となった。ジャンプ後自失したように嗚咽しながらも、次のジャンパーである船木和喜への声援「ふなき〜!ふなきい…!!」や、また金メダル決定直後のインタビューで「(リレハンメルオリンピック団体戦での事を聞かれ)でもね、今日は長野だから」「4人たすきをさ、渡しあったんだよ」「(1本目後の気持ちを聞かれ)辛かったよもぅ…。またね、みんな迷惑かけてんのかなと思ってた…辛かった…」「でもね…屋根ついてないからしょうがないよね」などと、号泣しながら答える姿もみせた(心理学的にこの時の原田の精神状況は「破壊」と呼ばれている)。なお「ふなき〜ふなきい…」に関しては、インタビュアーに「今は船木が飛ぶから待ってくれ」と言いたかったらしい。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

55件中 41 - 50件表示

「原田雅彦」のニューストピックワード