64件中 41 - 50件表示
  • 原田雅彦

    原田雅彦から見たアルベールビルオリンピック

    小学校3年の時からスキージャンプを始め、上川中学時代に全国優勝。東海大学付属第四高等学校卒業後雪印乳業に入社。1990年代以降、日本を代表するスキージャンプ選手となる。1992年アルベールビル、1994年リレハンメル、1998年長野、2002年ソルトレイクシティ、2006年トリノの計5回の冬季オリンピックに出場。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た体重

    2005年に「身長に対し体重が軽すぎる選手のスキー板を短くする」というBMIルールが導入されており、規定によると原田の登録身長174cmで使用できる板の長さは「身長の146%(254 cm)まで」で、且つこの場合は「スーツとブーツを着用した体重が61.0kg以上」なくてはならない(この体重に足りない場合、使用できる板の長さは最長でも251cmとなる)。実際にジャンプで使用したスキー板の長さは253cmだったが、検査による原田の体重は60.8kgと、僅か200g不足していた。しかし、雪印スキー部や全日本スキー連盟に公式登録されている当シーズンの原田の身長は173cmであり、過去4度出場したオリンピックでの登録身長も全て173cmであった。173cmの場合は体重が60.0kg以上であれば丁度253cmまでのスキー板を使用することができる。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た大倉山ジャンプ競技場

    豪快なジャンプスタイルと、いかなる苦境でも悲壮感を見せないそのユーモアとウィットに富んだ人柄から、欧州では「Happy Harada(ハッピー・ハラダ)」と呼ばれ、オーストリアのアンドレアス・ゴルトベルガーと人気を二分するほどの人気を誇った。なお、両者とも競技者としては引退しているが、飛ぶこと自体は辞めていない。(なお、2007年8月3日の大倉山でのイベントで「ミスターX」と言うジャンパーが男子の部で2位に入っているが、このジャンパーが原田であったという証言がされている。)原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見たボディマス指数

    2005年に「身長に対し体重が軽すぎる選手のスキー板を短くする」というBMIルールが導入されており、規定によると原田の登録身長174cmで使用できる板の長さは「身長の146%(254 cm)まで」で、且つこの場合は「スーツとブーツを着用した体重が61.0kg以上」なくてはならない(この体重に足りない場合、使用できる板の長さは最長でも251cmとなる)。実際にジャンプで使用したスキー板の長さは253cmだったが、検査による原田の体重は60.8kgと、僅か200g不足していた。しかし、雪印スキー部や全日本スキー連盟に公式登録されている当シーズンの原田の身長は173cmであり、過去4度出場したオリンピックでの登録身長も全て173cmであった。173cmの場合は体重が60.0kg以上であれば丁度253cmまでのスキー板を使用することができる。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見たアルベールビル

    オリンピック(1992年、アルベールビル原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見たヴァル・ディ・フィエンメ

    世界選手権(1991年、ヴァル・ディ・フィエンメ原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た国際スキー連盟

    ジャンプ競技について強風の為に出場枠を減らすというオリンピック運営側の通告があったが、原田は最後の出場枠に入ることが出来た。出場した個人ノーマルヒル予選で95mの記録を残すが、ジャンプ終了後の抜き打ち検査によりスキー板が国際スキー連盟(FIS)の定めた規定に違反していた事が発覚、失格となった。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見たサンダーベイ (オンタリオ州)

    世界選手権(1995年、サンダーベイ原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見たK点

    しかしサンダーベイ世界選手権で惨敗した後の1995年夏頃から原点に立ち返り高いジャンプを心がけるようになると、それまで船木型を目指して得た良い部分と合わさり、インパクトをつける高いジャンプでありながらタイミングが多少合わなくても飛距離を落とさない「原田型」というスタイルを会得(踏切のタイミングの許容範囲は一流選手でも80cm程度というが、この頃の原田は1m近くあったと言われていた)、1996-97年シーズンに軽い不調に陥るも同年のトロンハイム世界選手権までに復活を遂げると、その夏からは他の選手より2m近く短い助走でK点を大きく超えるジャンプを見せるほど圧倒的な強さを見せるようになった。しかし他の選手に比べて飛びすぎてしまうため、他の選手が軽々大ジャンプを見せるようなアプローチ速度の速い試合運営が続いた時に実力を抑えざるを得なくなって順位に結びつかないケースが増えたが、この技術が長野五輪の団体戦1本目の大雪の中で飛距離には現れなかったが最大限のジャンプが出来る要因となった。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見たオーストリア

    豪快なジャンプスタイルと、いかなる苦境でも悲壮感を見せないそのユーモアとウィットに富んだ人柄から、欧州では「Happy Harada(ハッピー・ハラダ)」と呼ばれ、オーストリアのアンドレアス・ゴルトベルガーと人気を二分するほどの人気を誇った。なお、両者とも競技者としては引退しているが、飛ぶこと自体は辞めていない。(なお、2007年8月3日の大倉山でのイベントで「ミスターX」と言うジャンパーが男子の部で2位に入っているが、このジャンパーが原田であったという証言がされている。)原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

64件中 41 - 50件表示

「原田雅彦」のニューストピックワード