1 2 3 4 5 6 7 次へ
64件中 61 - 64件表示
  • 原田雅彦

    原田雅彦から見たリレハンメル

    オリンピック(1994年、リレハンメル原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た札幌アイスホッケークラブ

    2006年3月20日、現役引退を表明。3月25日の伊藤杯シーズンファイナル大倉山ナイタージャンプ大会で現役を引退。長野オリンピックで金メダルを取って注目された選手のうち、船木や清水宏保(スピードスケート)が所属企業から独立してプロ選手への道を歩んだのに対し、原田はサラリーマンとして所属する雪印乳業への愛社精神が強く、現役引退後も引き続き会社に残った。その愛社精神は、雪印主催のオリンピック祝勝会での「金メダルを取れたのは、わが社の牛乳のおかげです。」という冗談まじりの発言にもその一端が現れている(原田以外の雪印の選手もこのような場で自社製品を宣伝することは多く、チームを通して愛社精神は強い)。全国の同社工場や営業所を激励訪問した原田の活躍は雪印グループ社員の士気を高めたが、2000年に発生した雪印集団食中毒事件では原田も謝罪会見を行い、同社によるスポーツ活動の自粛は原田自身にも悪影響を及ぼした。経営再建の一環で雪印乳業は各スポーツ活動から撤退をしたが(参照:札幌アイスホッケークラブ)、スキージャンプ部のみは存続させ、原田は引き続き同社の社員として競技に携わる事になった。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見た北海道

    原田 雅彦(はらだ まさひこ、1968年5月9日 - )は、北海道上川町出身、雪印乳業所属の元スキージャンプ選手。身長174cm、血液型A型。原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 原田雅彦

    原田雅彦から見たヨーロッパ

    豪快なジャンプスタイルと、いかなる苦境でも悲壮感を見せないそのユーモアとウィットに富んだ人柄から、欧州では「Happy Harada(ハッピー・ハラダ)」と呼ばれ、オーストリアのアンドレアス・ゴルトベルガーと人気を二分するほどの人気を誇った。なお、両者とも競技者としては引退しているが、飛ぶこと自体は辞めていない。(なお、2007年8月3日の大倉山でのイベントで「ミスターX」と言うジャンパーが男子の部で2位に入っているが、このジャンパーが原田であったという証言がされている。)原田雅彦 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
64件中 61 - 64件表示

「原田雅彦」のニューストピックワード