前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
195件中 1 - 10件表示
  • 桑田佳祐

    桑田佳祐から見た原由子原由子

    1982年に、サザンのキーボーディスト・原由子と結婚し、これまでに2男をもうける。桑田佳祐 フレッシュアイペディアより)

  • 彩 〜Aja〜

    彩 〜Aja〜から見た原由子原由子

    本作にはc/wとして2000年の「この青い空、みどり 〜BLUE IN GREEN〜」以来約3年半ぶりに原由子ボーカル曲が収録されているが、作品上の名義は原由子&ALL STARSとなっている。彩 〜Aja〜 フレッシュアイペディアより)

  • この青い空、みどり 〜BLUE IN GREEN〜

    この青い空、みどり 〜BLUE IN GREEN〜から見た原由子原由子

    チャイナムーンとビーフン娘(作詞:関口和之 作曲:原由子 編曲:サザンオールスターズ 弦編曲:島健)作詞が関口、作曲とボーカルを原が担当した新たな試みである楽曲。メンバー全員での共作は過去に存在していたが、個々のメンバー同士の共作と言うのは初であり、現在でも唯一の楽曲である。歌詞は関口ならではのほのぼのとした世界感で、中国から横浜中華街に出稼ぎに来た少女が忙しくも直向きな毎日を送りながら、夜空を見上げると日本でも中国と同じ月が見られて故郷を思い出す少女の心情を歌っている。当初のタイトルは「横浜チャイナムーン」で、リリース直前の告知ポスター等でもこのタイトルで表記されていたが、桑田から「タイトルがありきたりでは」の一言があった為、関口が改めて考案し、最終的にこのタイトルになった。桑田はタイトルへの助言以外、制作には一切関わらずメンバーに一任したという。原がシングル曲でボーカルを取ったのは1990年の「真夏の果実」c/wの「ナチカサヌ恋歌 (Live at BUDOKAN)」以来、スタジオレコーディングの新曲としては1980年の「シャ・ラ・ラ」以来2度目である。この青い空、みどり 〜BLUE IN GREEN〜 フレッシュアイペディアより)

  • 綺麗

    綺麗から見た原由子原由子

    この作品は本作収録の18thシングル「EMANON」との同発である。同時発売なので厳密にはシングルカットではない。2作品ともジャケット写真を含めタイトル表記以外は同じため、間違えて買う人も多い。この2作品を含む以降の作品は全て発売元がサザン専用のプライベートレーベルビクターTAISHITAレーベルからの発売となった。因みに命名はメンバーの原由子によるものである(ビクタータイシタ参照)。ジャケットに使用されている花はLP盤と再発のCD盤とでは微妙に異なる。本作は収録曲のほぼ全てがメンバーによる作詞・作曲・編曲のみで構成されたアルバムであり、クレジットでは「EMANON」の弦・管編曲者が八木正生であるのみである。綺麗 フレッシュアイペディアより)

  • 夢を誓った木の下で

    夢を誓った木の下でから見た原由子原由子

    『夢を誓った木の下で』(ゆめをちかったきのしたで)は、サザンオールスターズのキーボーディスト・原由子と風味堂によるユニット、ハラフウミのシングル。2007年11月7日発売。発売元はタイシタレーベル/SPEEDSTAR RECORDS。夢を誓った木の下で フレッシュアイペディアより)

  • ボディ・スペシャルII

    ボディ・スペシャルIIから見た原由子原由子

    ボディ・スペシャル II (BODY SPECIAL)(作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 管編曲:新田一郎)現在ではライブの定番曲であり、「勝手にシンドバッド」や「マンピーのG★SPOT」と同じくライブの最も盛り上がる部分に演奏されることが多い。その中でステージの縁に水を入れた紙コップを並べ、それを客席に向かってぶちまけるというパフォーマンスが行われる(屋外のライブの場合、ホースで水をまくというものもある)。歌詞の内容もジャケット同様エロティックなものである。2番冒頭の歌詞には放送禁止用語を英語とのダブルミーニングでぼかした歌詞が登場するが、その部分の歌詞自体は『Man Call』となっているため、特に放送自粛の処置が取られることはない。サウンド面では、原由子の奏でるオルガンが前面に押し出され、ソロ演奏こそないものの曲全体に渡って強烈な存在感を放っている。ボディ・スペシャルII フレッシュアイペディアより)

  • DIRTY OLD MAN 〜さらば夏よ〜

    DIRTY OLD MAN 〜さらば夏よ〜から見た原由子原由子

    DIRTY OLD MAN 〜さらば夏よ〜(作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 弦編曲:原由子)フジテレビ『お台場冒険王2006』テーマソング。並びに同イベントのCMソングとして起用されている。同テーマソングに企画物でないバンドやグループが採用されるのは初である。タイトル元は桑田の嗜好から、ビートルズの『アビイ・ロード』収録曲である「ミーン・ミスター・マスタード」の一節であると考えられる。また、曲中には『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でマイケル・J・フォックスが歌唱していたことでも有名な「ジョニー・B.グッド」の一節が使われている。なお、タイトルを直訳すると「エロジジイ」や「ふしだらな男」となり、50歳を迎えてなおラジオなどで過激でエロティックな言葉を吐き続けている桑田自身のことだとファンクラブの会報内で語っている。歌詞の内容は、年を重ねてもその事実を受け止めて、肯定的なパワーに反転させようという、世の50代へのメッセージが込められたものとなっている(CD発売時、桑田自身50歳である)。また、2番のサビの仮歌は当初「Radio,80.0 Band」と自身のラジオ番組が放送されているJFNのキー局TOKYO FMをそのまま宣伝させるような内容であったが、すぐに現在の形に変えられたという(いわゆる「大人の事情」である)。PVはハワイで撮影され、ストリートライブを行っていたサザンのもとに、観衆が続々と集まってくるといった内容になっている。桑田はサザンのリーダーだけでなく、文字通りビーチで口説いているエロい監視員の一人二役をこなしている。このPVでは若い外国人女性が続々と出演しており、桑田曰く「現地(ハワイ)の若いお姉ちゃん」と言う。このPVを観る限り、前年に腰痛の治療専念のため活動を休止していたパーカッションの野沢秀行が参加していることが確認できる。今回も前作や『愛と欲望の日々』から続き、PVでは振り付けがなされており、ライブでの披露も待望される“歌って踊れる盛り上がれるナンバー”として完成している。サビの振り付けはタイトルに添って変なおじさんと思しき踊りが見られる。PV内で一瞬流れる振り付け講座風の映像「DIRTY OLD MAN How to DANCE 〜High class ver.〜」は、作品特設サイトで公開されていたほか、第一興商のカラオケ機種BB cyber DAMのDAMステーションにて期間限定で公開されていた。一部メディアでは原が初めて弦編曲を担当したと発表されているが、過去にもアレンジにかかわった作品は複数存在するため、これに関しては桑田が自身のラジオにて否定している。発売2日後、テレビ朝日系音楽番組『ミュージックステーション』で地上波初披露。その際300人のダンサーに囲まれた前代未聞のライブを行った。(間奏までは客を入れてのライブと思われたがラストに一斉にカメラの方向を向いて振付を踊る演出)なおこの事実は最後のサビの部分まで秘密になっており、「客寄せ」の名目で最初は行っていた。司会者であるタモリも「リハーサルでは分からなかった」と発言。DIRTY OLD MAN 〜さらば夏よ〜 フレッシュアイペディアより)

  • チャコの海岸物語

    チャコの海岸物語から見た原由子原由子

    発売翌週のオリコンシングルチャートでは初登場46位であったが、当時メンバーの桑田佳祐と原由子の結婚も話題となり、徐々にチャートを上昇。最終的に最高2位となった。年末にはアーティストとして全日本有線放送大賞最多リクエスト歌手賞を受賞、この曲で同賞の最多リクエスト曲賞も受賞し、大晦日には1979年以来3年ぶりに『NHK紅白歌合戦』にも出場した。チャコの海岸物語 フレッシュアイペディアより)

  • ミス・ブランニュー・デイ

    ミス・ブランニュー・デイから見た原由子原由子

    PVは内容が過激(子供がクレヨンで描いたような男の子と女の子が下半身丸出しで巨大な性器を露出したままで遊んでおり、虫に亀頭を噛み千切られてしまい、チューリップを被せる等)な為に長年お蔵入りされていたが、DVDソフト「ベストヒットUSAS (Ultra Southern All Stars)」に収録され、初めて日の目を見ることとなった。オリジナルマスターテープが行方不明であったため、DVDに収録された映像は同年に行われたビデオコンサートの映像を収録しており、冒頭にテロップやナレーションなども含まれている。同DVDで、小林克也がメンバーのコメントを代弁しており、桑田佳祐曰く「スタッフとの打ち合わせの時間が十分取れなかった。そのため、曲の内容と映像が噛み合わなかった」であり、原由子曰く「何であんなことになったのかまったく覚えていません」である。ミス・ブランニュー・デイ フレッシュアイペディアより)

  • 桑田佳祐のやさしい夜遊び

    桑田佳祐のやさしい夜遊びから見た原由子原由子

    毎年、1月の第一週に妻の原由子をゲストに迎えての放送。夫婦ならではの「ほのぼの感」があり、少々暴走気味な桑田を支えている様子が放送されている。なお、下ネタは一切無い。桑田佳祐のやさしい夜遊び フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
195件中 1 - 10件表示

「原由子」のニューストピックワード