249件中 91 - 100件表示
  • リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?

    リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?から見た原由子原由子

    主題歌:原由子「大好き!ハッピーエンド」リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!? フレッシュアイペディアより)

  • 宮田繁男

    宮田繁男から見た原由子原由子

    青山学院大学入学を機に上京、音楽サークル“Better Days”に入る。宮田が大学1年のときBetter Daysのメンバーを中心に結成されたサザンオールスターズがデビューし、1981年に原由子のソロデビュー時、そのバックバンドとしてサークルの後輩の中から宮田を含む数人が選ばれた。宮田は当時まだ学生だったが原のソロ・アルバム『はらゆうこが語るひととき』でレコーディングデビューを果たす。その後サザンの全国ツアーの中で原のソロコーナーがあり、宮田もツアーメンバーとして同行した。宮田繁男 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本淳 (作詞家)

    橋本淳 (作詞家)から見た原由子原由子

    太陽は泣いている(作・編曲筒美京平、1968年6月10日発売) - 後に原由子、桑田佳祐らがカヴァー橋本淳 (作詞家) フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木庸一 (作曲家)

    鈴木庸一 (作曲家)から見た原由子原由子

    渚エリ「東京タムレ」(原由子が東京タムレでカバー)鈴木庸一 (作曲家) フレッシュアイペディアより)

  • 拓郎105分

    拓郎105分から見た原由子原由子

    これを受け司会者が「拓郎さんから桑田さんにエールが送られたということで、拓郎さんと桑田さんで次回の番組どうでしょう」と言い、翌1981年3月8日に放送されたのが『激突105分!拓郎vs桑田』という番組である。拓郎と桑田の他、ゲストは中学の時拓郎の大ファンで、深夜放送で拓郎の結婚宣言を聞き布団で泣いたという原由子でトークやセッションなどをした。また前回に続き松任谷もスタジオゲストの予定だったが、体調不良で欠席した。拓郎105分 フレッシュアイペディアより)

  • 甘辛しゃん

    甘辛しゃんから見た原由子原由子

    歌 - 原由子、作詞・作曲・編曲 - 桑田佳祐、弦編曲 - 島健甘辛しゃん フレッシュアイペディアより)

  • ヴィヴィアン (テレビ番組)

    ヴィヴィアン (テレビ番組)から見た原由子原由子

    オープニングテーマは、1987年に発売された原由子(サザンオールスターズ)のソロ作品「あじさいのうた」。この曲は最終回まで使われ、番組の代名詞的な存在となった。ただし、番組宣伝CMにおいてはそれ以外の曲をBGMに使うことが多く、1992年2月の番宣では円広志の「大阪かい神戸かい」を、同年8月から9月までの番宣ではハイ・ファイ・セットの「ときめきより速く」を使用していた。オープニング後の提供クレジットでは、小森田実の「スウィート・マイ・ガール」をアレンジしたものが流れていた。ヴィヴィアン (テレビ番組) フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤由貴 SINGLESコンプリート

    斉藤由貴 SINGLESコンプリートから見た原由子原由子

    作詞: 斉藤由貴、作曲: 原由子、編曲: 武部聡志斉藤由貴 SINGLESコンプリート フレッシュアイペディアより)

  • 江ノ島 Southern All Stars Golden Hits Medley

    江ノ島 Southern All Stars Golden Hits Medleyから見た原由子原由子

    「勝手にシンドバッド」から「エロティカ・セブン」(事実上は同時発売の「素敵なバーディー (NO NO BIRDY)」」まで)発売までの楽曲から、30曲に選出し1曲17分超のメドレーになっている。作詞及び作曲の名義は“X”となっているが、作詞やほとんどの作曲は桑田佳祐によるものである。メドレーは1984年のアルバム『人気者で行こう』収録曲の「Dear John」のイントロから始まり、1982年のシングル「チャコの海岸物語」のイントロ前の自然音で終わる。最初の数秒はそのまま収録されているため、イントロとしては途中まで聴かないと聞き分けが付かなくなっている。基本的にボーカルはいじらず、演奏テンポやタイミングや演奏に関してリミックスがされている。ただし一部の曲については桑田の声にもリミックスをかけている。なお、桑田の「スタンド、アリーナ!カモン!」というセリフは楽曲に収録されているものではないため、ライブの音源なのか新たに桑田が吹き込んだものなのかは不明である。幅広い楽曲や様々なタイプの曲が含まれている。当然ほとんどの曲は桑田ボーカルだが、1980年のアルバム『タイニイ・バブルス』収録曲の「私はピアノ」のみ原由子ボーカルである(この曲には原は作詞作曲には関与していない)。また、本作には映画『稲村ジェーン』のサウンドトラックに使用された稲村オーケストラ名義の楽曲『希望の轍』が使用されており、このことから本曲がサザンオールスターズ名義の作品であるという認識を補強した。稲村オーケストラ名義の楽曲は2曲収録されたが、桑田のソロ作品などは収録されていない。作詞・曲の実際は作詞が桑田佳祐、作曲は桑田佳祐、桑田佳祐・八木正生、英語補作詞はTommy Snyderである。江ノ島 Southern All Stars Golden Hits Medley フレッシュアイペディアより)

  • 大スキ!

    大スキ!から見た原由子原由子

    デビューシングルである「MajiでKoiする5秒前」は竹内まりやの提供曲であったが、本作では「TOMORROW」などのヒットがあるシンガーソングライターの岡本真夜が担当した。2作連続で女性シンガーソングライターの提供曲となった。変イ長調の曲である。また、次作「風のプリズム」も女性シンガーソングライターの原由子による提供曲である。大スキ! フレッシュアイペディアより)

249件中 91 - 100件表示

「原由子」のニューストピックワード