249件中 21 - 30件表示
  • いつでも夢を

    いつでも夢をから見た原由子原由子

    なお、1992年にはサントリー烏龍茶のCM内で中国語で歌唱されていた本曲も存在していた(ただし本人歌唱ではない)。他に中日ドラゴンズ監督時代の星野仙一が出演した第一製薬の胃腸薬「センロック」のCM(替え歌、こちらも本人歌唱ではない)や吉永出演のシャープ液晶テレビ「AQUOS」CM(こちらはサザンオールスターズのメンバー同士でもある桑田佳祐・原由子夫妻のデュエット)使用された事がある。2017年からは、吉永小百合が出演しているソフトバンクモバイルのTVCMに起用された。いつでも夢を フレッシュアイペディアより)

  • 故郷 (唱歌)

    故郷 (唱歌)から見た原由子原由子

    2011年1月に、株式会社クボタのCMソングとして、原由子がカバー。夫の桑田佳祐も歌唱ではないが、同年9月に行われたライブ『宮城ライブ 〜明日へのマーチ!!〜』で、ハーモニカでの伴奏を行っている。故郷 (唱歌) フレッシュアイペディアより)

  • 中国残留日本人

    中国残留日本人から見た原由子原由子

    流れる雲を追いかけて - (作詞・作曲 桑田佳祐 歌 サザンオールスターズ(メインボーカルは原由子)アルバムNUDE MANに収録。中国残留日本人 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜市立横浜吉田中学校

    横浜市立横浜吉田中学校から見た原由子原由子

    芸能人と縁が深く、卒業生に著名な芸能人がいる他、その内の一人である原由子は校歌の作詞・作曲を手がけた。旧吉田中時代の2012年11月20日にはももいろクローバーZが自身のラジオ番組『ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo』(ニッポン放送)の企画で来校し、「ミライボウル」や翌日(2012年11月21日)に発売された「サラバ、愛しき悲しみたちよ」を熱唱した。横浜市立横浜吉田中学校 フレッシュアイペディアより)

  • チャンスの前髪/人生の扉

    チャンスの前髪/人生の扉から見た原由子原由子

    チャンスの前髪(ゲストボーカル:原由子チャンスの前髪/人生の扉 フレッシュアイペディアより)

  • 眠れぬ夜の小さなお話

    眠れぬ夜の小さなお話から見た原由子原由子

    眠れぬ夜の小さなお話(ねむれぬよるのちいさなおはなし)は、角川書店から出版された原由子の絵本、及びそれを原作としたOVA作品である。眠れぬ夜の小さなお話 フレッシュアイペディアより)

  • 忌野清志郎

    忌野清志郎から見た原由子原由子

    桑田佳祐・原由子 - 桑田佳祐はサザンオールスターズとして1983年のライブイベント「北海道スーパージャム'83」でRCと共演し、サザンが演奏した後がRCの出番であり、桑田は客席でそれを見た際に涙を流し、その理由を「(RCは)全然変な力が入ってなくて、まったくオーソドックスな事をやってるのね。こっち(サザン)は意識してキメ作ってビッカンビッカンやってるのに」「要するに昔と変わらないRCというか、不滅なもの、伝統的なものに完全に負けちゃったなと思ってね」と著書で語った。また、清志郎の話によるとライブの打ち上げで桑田は清志郎に対し「俺の昔のオンナに似ているんですよね」「顔、姿、それにしぐさまで。もー、何から何までそっくりなんです」と話したといい、清志郎は「いったい、どんなオンナなんだ」と感じたという。また、桑田が企画した『メリー・クリスマス・ショー』にも出演している。清志郎が『さんまのまんま』に出演した際に、番組のテーマソングを桑田が制作した話題に触れ、桑田の音楽性・歌唱法を揶揄する発言をし、その回をテレビで見た桑田から電話が掛かってきたという。これについて清志郎は「テレビを見てすぐに電話してくるあたりが、なかなか憎めないヤツだ」と発言した。清志郎の葬儀式には原と共に参列し、同日の自身のラジオ「桑田佳祐のやさしい夜遊び」で「数えるほどしか会ったことがないけれど、ワクワクする人でした」と思い出を語り、番組の最後には「ぼくの好きな先生」を生歌で歌唱し、清志郎をしのび、同年に発表された「声に出して歌いたい日本文学 」の「たけくらべ」の箇所で清志郎の物まねが挿入された。原由子は横浜のラジオの公開収録でフォーク時代のRCを初めて見たのがRCを知るきっかけであったと語っており、「初期のRCサクセション」を大好きなアルバムであると述べている。忌野清志郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小林武史

    小林武史から見た原由子原由子

    サザンオールスターズの活動再開後の初シングル「みんなのうた」(1988年6月25日)からサザンの編曲にも参加するようになった。続くアルバム『Southern All Stars』(1990年1月13日)でもアレンジに参加し、桑田が監督した映画『稲村ジェーン』の音楽監督も務めた。収録曲で編曲を担当した「真夏の果実」「希望の轍」はサザンのライブでは必ずと言っていいほど歌われる曲となった。翌1991年は、原由子の2枚組ソロアルバム『MOTHER』(1991年6月1日)のプロデュース、編曲を手掛けた。小林武史 フレッシュアイペディアより)

  • 稲村ジェーン

    稲村ジェーンから見た原由子原由子

    受付の看護婦:原由子稲村ジェーン フレッシュアイペディアより)

  • キラーストリート

    キラーストリートから見た原由子原由子

    政治・社会を風刺した楽曲で、比較的前向きな内容となっている。曲中には女性の笑い声が収録されているが、これは1979年のヒット曲「いとしのエリー」間奏に登場する原由子の笑い声をサンプリングして使用しているものである。コーラスは、スタッフらと共に収録したもの。キラーストリート フレッシュアイペディアより)

249件中 21 - 30件表示

「原由子」のニューストピックワード