195件中 31 - 40件表示
  • キラーストリート

    キラーストリートから見た原由子原由子

    曲中には女性の笑い声が収録されているが、これは1979年のヒット曲「いとしのエリー」間奏に登場する原由子の笑い声をサンプリングして使用しているものである。コーラスは、スタッフらと共に収録したもの。キラーストリート フレッシュアイペディアより)

  • 涙の海で抱かれたい 〜SEA OF LOVE〜

    涙の海で抱かれたい 〜SEA OF LOVE〜から見た原由子原由子

    涙の海で抱かれたい 〜SEA OF LOVE〜(作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 弦編曲:島健 & 原由子 管編曲:山本拓夫)フジテレビ系ドラマ『僕だけのマドンナ ...and I love Her.』主題歌。ドラマの中でもサザンの楽曲が多く使われていた。同じフジテレビの「めざましテレビ」ではいち早くサビ部分がOAされた。サビに入る前のメロディは、円広志の「夢想花」みたいだと語っている。アルバム『キラーストリート』にはリマスタリングが施され収録された。涙の海で抱かれたい 〜SEA OF LOVE〜 フレッシュアイペディアより)

  • 稲村ジェーン

    稲村ジェーンから見た原由子原由子

    受付の看護婦:原由子稲村ジェーン フレッシュアイペディアより)

  • 真夏の果実

    真夏の果実から見た原由子原由子

    ナチカサヌ恋歌 (Live at BUDOKAN)(作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ)同年年始発売のアルバム『Southern All Stars』収録曲。ライブツアー『夢で逢いまSHOW』の日本武道館公演の音源である。原由子ボーカル曲で、沖縄をモチーフとした曲。真夏の果実 フレッシュアイペディアより)

  • 僕の中の少年

    僕の中の少年から見た原由子原由子

    曲のエンディングについて「レコーディングが始まって、エンディングはユニゾンのラララ・コーラスで終わるのがいいんじゃないか、と思って。で、だったら桑田君の夫婦に声をかけてみよう、ということになった。で、うち(の夫婦)と桑田君の夫婦(桑田・原由子)の4人で歌う事になったわけ」と、しており「桑田君の無垢でエモーショナルな歌声がこの曲を一層荘厳なものにしている」とも語っている。このアルバムの発売以降、ライブでこの曲を演奏する際、観客へ向けて「本来皆さんにこんなことをお願いしないんですが、大事な楽曲なので」と、ユニゾン・コーラスへの参加を呼び掛ける場面も見られるようになった。その様子は後にライブ・アルバム『JOY』にも収録されている。僕の中の少年 フレッシュアイペディアより)

  • TREASURES

    TREASURESから見た原由子原由子

    本作中唯一シングル・カットされていない作品で、『僕の中の少年』収録曲。この十数年間に書いた曲の中で自身の思想信条を最もよく表している曲なので、一人でも多くの人に聴いてもらえたらと思って収録したという。山下は「僕は日本人だし、クリスチャンでもない。けれど、音楽的・文化的な面でのアメリカの植民地である日本で半世紀近く、その音楽に慣れ親しみ、やり続けてきた日本人として、アメリカのブラックミュージックのクリスチャニティを何らかの形で反映させたいと思ってきた。どうしたらそれができるか…? その1つの問いかけがこのなんだよね」と語っている。また、曲制作に至った直接の動機について「現象としてのYMOの出現」を挙げており、その音楽的背景よりも当時、人文科学や社会科学の潮流であったニュー・アカデミズムの台頭など、YMOを取り巻く文化人的側面から日本のポピュラー音楽の在り方が変容させられるのでは? との危機感や恐怖感を抱いていたという。そうした理由から、無名性、匿名性への熱烈な賛歌であると同時に“反文化人音楽”というフレーズがもう1つのテーマとして用いられているという。アウトロのユニゾン・コーラスには、竹内まりや、桑田佳祐・原由子夫妻が参加している。本作への収録に際し、音的な不満を改善するためミックスがやり直されている。TREASURES フレッシュアイペディアより)

  • 小林武史

    小林武史から見た原由子原由子

    サザンオールスターズの活動再開後の初シングル「みんなのうた」(1988年6月25日)からサザンの編曲にも参加するようになった。続くアルバム『Southern All Stars』(1990年1月13日)でもアレンジに参加し、桑田が監督した映画『稲村ジェーン』の音楽監督も務めた。収録曲の「真夏の果実」「希望の轍」はサザンのライブでは必ずと言っていいほど歌われる曲となった。翌1991年は、原由子の2枚組ソロアルバム『MOTHER』(1991年6月1日)のプロデュース、編曲を手掛けた。小林武史 フレッシュアイペディアより)

  • いつでも夢を

    いつでも夢をから見た原由子原由子

    なお、1992年にはサントリー烏龍茶のCM内で中国語で歌唱されていた「いつでも夢を」も存在していた(ただし本人歌唱ではない)。他に中日ドラゴンズ監督時代の星野仙一が出演した第一製薬の胃腸薬「センロック」のCM(替え歌、こちらも本人歌唱ではない)や吉永出演のシャープ液晶テレビ「AQUOS」CM(こちらは桑田佳祐と原由子のデュエット)でも使用されたことがある。いつでも夢を フレッシュアイペディアより)

  • サザンオールスターズ

    サザンオールスターズから見た原由子原由子

    1975年頃、青山学院大学で活動が始まり、音楽サークル“Better Days”(ベター・デイズ)のメンバーだった桑田を中心に母体となるバンドが結成される。初期の頃は「温泉あんまももひきバンド」「ピストン桑田とシリンダーズ」「ピストン桑田と脳卒中」「桑田佳祐とヒッチコック劇場」など、奇抜なバンド名でコンテスト毎に何度もバンド名とメンバーを変更していたが、最終的には原由子参加の際に桑田の青学時代の同級生である宮治淳一(現:ワーナーミュージック・ジャパンストラテジック本部シニア・チーフプロデューサー)が、サザン・ロックと、アメリカサルサ・グループ、ファニア・オールスターズを組み合わせた「サザンオールスターズ」を風呂の中で安易に思いつき、そのまま使用することとなった。この「オールスターズ」には「これ以上バンド名を考えるのが面倒だった」という理由のほかに「(桑田以外の)メンバーチェンジがあってもいいよう、流動的に入れ替わる全てのメンバーを総称してのバンド名」という意味もあり、当初は“桑田佳祐&サザンオールスターズ”と名乗っていた時期も存在する。「サザンオールスターズ」名義での最初のライブは公式ページには1976年4月11日と記されており、この時桑田は「じゃあ司会が『サザンオールスターズの皆さんです』と紹介したら出るんだな?」と段取りの確認を行っただけだったとされる。サザンオールスターズ フレッシュアイペディアより)

  • ひらけ!ポンキッキ

    ひらけ!ポンキッキから見た原由子原由子

    森の動物達が主人公の物語。原作はサザンオールスターズの原由子、脚本は直木賞作家の森絵都である。ナレーション、エンディングテーマ曲も原由子がつとめた。ひらけ!ポンキッキ フレッシュアイペディアより)

195件中 31 - 40件表示

「原由子」のニューストピックワード