前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
84件中 1 - 10件表示
  • 原由子

    原由子から見たサザンオールスターズ

    原 由子(はら ゆうこ、1956年12月11日 - )は、日本のミュージシャン・キーボーディスト・歌手・シンガーソングライターであり、サザンオールスターズのメンバーである。本名、桑田 由子(くわた ゆうこ)旧姓、原。愛称は、原坊(ハラボー)。夫はサザンオールスターズのリーダーである桑田佳祐で、桑田との間に2男あり。なお、桑田からは、お母さん、お母ちゃん、ゆうこりんと呼ばれることがある。原由子 フレッシュアイペディアより)

  • 原由子

    原由子から見た桑田佳祐

    原 由子(はら ゆうこ、1956年12月11日 - )は、日本のミュージシャン・キーボーディスト・歌手・シンガーソングライターであり、サザンオールスターズのメンバーである。本名、桑田 由子(くわた ゆうこ)旧姓、原。愛称は、原坊(ハラボー)。夫はサザンオールスターズのリーダーである桑田佳祐で、桑田との間に2男あり。なお、桑田からは、お母さん、お母ちゃん、ゆうこりんと呼ばれることがある。原由子 フレッシュアイペディアより)

  • 原由子

    原由子から見たエリック・クラプトン

    大学入学後、桑田佳祐、関口和之らが所属していたサークル『BETTER DAYS』に入り、桑田らのバンドにもピアノの技術を買われて参加する。原が桑田に抱いた第一印象は「なんとなくいじめっ子ぽかった」「こんなにわかりやすい人と結婚するとは、夢にも思わなかった」とのこと。しかし、桑田がクリームやディープパープルを歌うのに聞き惚れた。一方、桑田は、原がピアノでエリック・クラプトンの「いとしのレイラ」を演奏する腕前に心底驚いた。原由子 フレッシュアイペディアより)

  • 原由子

    原由子から見たエルトン・ジョン

    ピアノは幼少時から習い、洋楽は兄の影響もありエルトン・ジョン、ビリー・ジョエル、レオン・ラッセル、エリック・クラプトン他、ブルースを特に好んで聴いていた。ピアノもブルースやサザン・ロックを意識した泥臭いプレイを信条としており、原自身「ピアノを弾く時は男のつもりで弾いている」と語っており、桑田も「時々オッサンがピアノ弾いてるように錯覚する」と語っている。原由子 フレッシュアイペディアより)

  • 原由子

    原由子から見たビリー・ジョエル

    ピアノは幼少時から習い、洋楽は兄の影響もありエルトン・ジョン、ビリー・ジョエル、レオン・ラッセル、エリック・クラプトン他、ブルースを特に好んで聴いていた。ピアノもブルースやサザン・ロックを意識した泥臭いプレイを信条としており、原自身「ピアノを弾く時は男のつもりで弾いている」と語っており、桑田も「時々オッサンがピアノ弾いてるように錯覚する」と語っている。原由子 フレッシュアイペディアより)

  • 原由子

    原由子から見たディープパープル

    大学入学後、桑田佳祐、関口和之らが所属していたサークル『BETTER DAYS』に入り、桑田らのバンドにもピアノの技術を買われて参加する。原が桑田に抱いた第一印象は「なんとなくいじめっ子ぽかった」「こんなにわかりやすい人と結婚するとは、夢にも思わなかった」とのこと。しかし、桑田がクリームやディープパープルを歌うのに聞き惚れた。一方、桑田は、原がピアノでエリック・クラプトンの「いとしのレイラ」を演奏する腕前に心底驚いた。原由子 フレッシュアイペディアより)

  • 原由子

    原由子から見た美空ひばり

    コブシを効かせた美空ひばりを彷彿とさせる昭和歌謡・グループ・サウンズ風の歌い回しから、ポップス調の曲での柔和な歌唱まで幅広く聴かせる。サザンでの活動がメインのため一歩引いた印象があるものの、その歌声は松任谷由実や竹内まりやなどと共にニューミュージック界を代表する女性ボーカリストの1人として挙げられる。原由子 フレッシュアイペディアより)

  • 原由子

    原由子から見た風味堂

    2007年8月8日に発売の竹内まりやの新曲「チャンスの前髪」にゲストボーカルとして参加、さらに11月7日には風味堂とのスペシャルユニット「ハラフウミ(原由子×風味堂)」として新曲「夢を誓った木の下で」を共作した。同時に映画『リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?』日本語主題歌として制作された「大好き!ハッピーエンド」も収録されている。原がコラボレートシングルを発売するのは「みんないい子」以来10年ぶりで、サザン系列以外のバンドとの共演は初となった。原由子 フレッシュアイペディアより)

  • 原由子

    原由子から見たBEGIN (バンド)

    ソロ名義でのライブは、1981年の学園祭ツアーと1991年のホールツアーの2回のみと少ないものの、1997年のAAAでの谷村有美との共演、1998年と2003年のBEGINのライブへのゲスト出演、1999年に大阪城ホールで行われた、母親達へ送るイベント『MOTHER`S LOVE』への出演など、ゲストとしてイベントへ単独出演し、ソロ曲を披露している。原由子 フレッシュアイペディアより)

  • 原由子

    原由子から見た加藤和彦

    「黒い鳥」 作詞・作曲:原由子/編曲:加藤和彦原由子 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
84件中 1 - 10件表示

「原由子」のニューストピックワード