114件中 11 - 20件表示
  • 原由子

    原由子から見た司馬遼太郎

    好きな歴史上の人物として坂本龍馬を挙げており、産休中に司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読んだことがきっかけ。また、京都を旅行した際に龍馬ゆかりの地を訪れた際の写真を、アミューズの後輩でNHK大河ドラマ『龍馬伝』の主演を務めた福山雅治に送った事もある。原由子 フレッシュアイペディアより)

  • 原由子

    原由子から見た福山雅治

    好きな歴史上の人物として坂本龍馬を挙げており、産休中に司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読んだことがきっかけ。また、京都を旅行した際に龍馬ゆかりの地を訪れた際の写真を、アミューズの後輩でNHK大河ドラマ『龍馬伝』の主演を務めた福山雅治に送った事もある。原由子 フレッシュアイペディアより)

  • 原由子

    原由子から見た坂本龍馬

    好きな歴史上の人物として坂本龍馬を挙げており、産休中に司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読んだことがきっかけ。また、京都を旅行した際に龍馬ゆかりの地を訪れた際の写真を、アミューズの後輩でNHK大河ドラマ『龍馬伝』の主演を務めた福山雅治に送った事もある。原由子 フレッシュアイペディアより)

  • 原由子

    原由子から見た美空ひばり

    コブシを効かせた美空ひばりを彷彿とさせる昭和歌謡・グループ・サウンズ風の歌い回しから、ポップス調の曲での柔和な歌唱まで幅広く聴かせる。サザンでの活動がメインのため一歩引いた印象があるものの、その歌声は松任谷由実や竹内まりやなどと共にニューミュージック界を代表する女性ボーカリストの1人として挙げられる。原由子 フレッシュアイペディアより)

  • 原由子

    原由子から見た風味堂

    2007年8月8日に発売の竹内まりやの新曲「チャンスの前髪」にゲストボーカルとして参加、さらに11月7日には風味堂とのスペシャルユニット「ハラフウミ(原由子×風味堂)」として新曲「夢を誓った木の下で」を共作した。同時に映画『リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?』日本語主題歌として制作された「大好き!ハッピーエンド」も収録されている。原がコラボレートシングルを発売するのは「みんないい子」以来10年ぶりで、サザン系列以外のバンドとの共演は初となった。原由子 フレッシュアイペディアより)

  • 原由子

    原由子から見たBEGIN (バンド)

    ソロ名義でのライブは、1981年の学園祭ツアーと1991年のホールツアーの2回のみと少ないものの、1997年のAAAでの谷村有美との共演、1998年と2003年のBEGINのライブへのゲスト出演、1999年に大阪城ホールで行われた、母親達へ送るイベント『MOTHER'S LOVE』への出演など、ゲストとしてイベントへ単独出演し、ソロ曲を披露している。原由子 フレッシュアイペディアより)

  • 原由子

    原由子から見た亀田誠治

    2013年のライブ『灼熱のマンピー!! G★スポット解禁!!』で「マンピーのG☆SPOT」を演奏した際の過激な神輿を登場させたパフォーマンスに「いいのかな??」と懸念を陰ながら示す、2014年のライブ『ひつじだよ! 全員集合!』で桑田が同年秋に授与された紫綬褒章を披露することに対して「大丈夫?」と心配するなど、常識的な側面があることを桑田や野沢秀行が証言している。なお、原は桑田の一部の楽曲やパフォーマンスが物議を醸したりすることに対して「『そんな時は一緒に怒られましょうね』という気持ちです」とコメントしている。亀田誠治は、桑田の妻である原の存在がサザンの楽曲のエロティックな表現の品格を上げていると評価している。原由子 フレッシュアイペディアより)

  • 原由子

    原由子から見た加藤和彦

    「黒い鳥」 作詞・作曲:原由子/編曲:加藤和彦原由子 フレッシュアイペディアより)

  • 原由子

    原由子から見た日本テレビ放送網

    赤鼻のセンセイ(日本テレビ、2009年) 外科医役原由子 フレッシュアイペディアより)

  • 原由子

    原由子から見た小学館

    ともだちでいようね(小学館、1993年)原由子 フレッシュアイペディアより)

114件中 11 - 20件表示

「原由子」のニューストピックワード