114件中 61 - 70件表示
  • 原由子

    原由子から見た桑田佳祐のやさしい夜遊び

    桑田のレギュラーラジオ番組『桑田佳祐のやさしい夜遊び』では年1回、新年1回目の放送にゲスト出演するのが恒例となっている。2人揃ったトークを公で聴くことが出来る数少ない機会で、放送ではおしどり夫婦ならではの飾らない、ほのぼのしたトークが魅力である。原由子 フレッシュアイペディアより)

  • 原由子

    原由子から見た桑田佳祐の音楽寅さん

    ギターを弾くことが少ない理由として、原は「指先の硬さが変わってしまうのでピアノとギターを両立させるのが難しい」と語っているが、サザンのライブ(1995年『Hotal California』の「チャコの海岸物語」など)や単独のイベント出演などで何度か演奏したこともある。2009年5月18日放送の「桑田佳祐の音楽寅さん」では、テレビでは珍しくギターを演奏し、そのテクニックを披露した。原由子 フレッシュアイペディアより)

  • 原由子

    原由子から見たフィンガー・ピッキング

    公で披露することは少ないが、アコースティック・ギターの演奏にも長けており、特にスリーフィンガー・ピッキング、アルペジオについては桑田が「俺より上手い」と語っている。原由子 フレッシュアイペディアより)

  • 原由子

    原由子から見た愛しい人と眠りたい

    黒い鳥」 作詞・作曲:原由子/編曲:加藤和彦原由子 フレッシュアイペディアより)

  • 原由子

    原由子から見た第42回NHK紅白歌合戦

    ソロ作品も数年置きのペースでリリースしており、『恋は、御多忙申し上げます』『あじさいのうた』『花咲く旅路』など、多くのヒット曲を残している。ソロ作品のリリースに合わせ、単独でCMや音楽番組への出演もしている。1991年には、「第42回NHK紅白歌合戦」への単独出場を果たした。ソロでは、サザンではあまり見せない「女性らしさ」や「可愛らしさ」を前面に押し出した曲がメインである。可愛らしい印象を感じさせる特徴的な歌声であるため、アニメ『YAWARA!』で少女らしさを前面に押し出した楽曲『負けるな女の子!』と『少女時代』が起用されるなど、少女が主人公のアニメ作品の主題歌を担当することもある。近年では2012年公開のアニメ映画『ももへの手紙』の主題歌『ウルワシマホロバ 〜美しき場所〜』を担当している。原由子 フレッシュアイペディアより)

  • 原由子

    原由子から見た横浜市立本町小学校

    神奈川県横浜市内の横浜市立本町小学校、吉田中学校を卒業後、高校入学と同時にフェリス女学院高等学校に編入、卒業。青山学院大学文学部英米文学科卒業。原由子 フレッシュアイペディアより)

  • 原由子

    原由子から見た人生、いろどり

    ヘヴン(2016年4月1日配信)- 映画『人生、いろどり』主題歌原由子 フレッシュアイペディアより)

  • 原由子

    原由子から見たコマーシャルメッセージ

    ソロ作品も数年置きのペースでリリースしており、『恋は、御多忙申し上げます』『あじさいのうた』『花咲く旅路』など、多くのヒット曲を残している。ソロ作品のリリースに合わせ、単独でCMや音楽番組への出演もしている。1991年には、「第42回NHK紅白歌合戦」への単独出場を果たした。ソロでは、サザンではあまり見せない「女性らしさ」や「可愛らしさ」を前面に押し出した曲がメインである。可愛らしい印象を感じさせる特徴的な歌声であるため、アニメ『YAWARA!』で少女らしさを前面に押し出した楽曲『負けるな女の子!』と『少女時代』が起用されるなど、少女が主人公のアニメ作品の主題歌を担当することもある。近年では2012年公開のアニメ映画『ももへの手紙』の主題歌『ウルワシマホロバ 〜美しき場所〜』を担当している。原由子 フレッシュアイペディアより)

  • 原由子

    原由子から見た竜馬がゆく

    好きな歴史上の人物として坂本龍馬を挙げており、産休中に司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読んだことがきっかけ。また、京都を旅行した際に龍馬ゆかりの地を訪れた際の写真を、アミューズの後輩でNHK大河ドラマ『龍馬伝』の主演を務めた福山雅治に送った事もある。原由子 フレッシュアイペディアより)

  • 原由子

    原由子から見た音楽番組

    ソロ作品も数年置きのペースでリリースしており、『恋は、御多忙申し上げます』『あじさいのうた』『花咲く旅路』など、多くのヒット曲を残している。ソロ作品のリリースに合わせ、単独でCMや音楽番組への出演もしている。1991年には、「第42回NHK紅白歌合戦」への単独出場を果たした。ソロでは、サザンではあまり見せない「女性らしさ」や「可愛らしさ」を前面に押し出した曲がメインである。可愛らしい印象を感じさせる特徴的な歌声であるため、アニメ『YAWARA!』で少女らしさを前面に押し出した楽曲『負けるな女の子!』と『少女時代』が起用されるなど、少女が主人公のアニメ作品の主題歌を担当することもある。近年では2012年公開のアニメ映画『ももへの手紙』の主題歌『ウルワシマホロバ 〜美しき場所〜』を担当している。原由子 フレッシュアイペディアより)

114件中 61 - 70件表示

「原由子」のニューストピックワード