86件中 11 - 20件表示
  • 原西孝幸

    原西孝幸から見たキャメロン・ディアス

    キャメロン・ディアスは、『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!』(テレビ朝日系)2008年9月24日放送分の「くるくるドカン体操」を1回見ただけで完コピした。原西孝幸 フレッシュアイペディアより)

  • 原西孝幸

    原西孝幸から見たテレビ朝日

    テレビ朝日系『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』の「10m高飛び込み」では相方・藤本のあまりの不甲斐なさに「自分ならすぐに飛べる」と急遽参戦し、言葉通り1位の柴田英嗣を凌ぐ0.96秒で飛んだ。しかし、これは番組の公式記録扱いにされていない。また水泳が得意で『ジャイケルマクソン』(毎日放送制作)の水泳大会でも活動していた。また同番組の「ジャイケルフォトデミー賞」のコーナーで強烈なNSC入学願書写真(髪の毛が縦に伸びていた)を見せつけ優勝した。原西孝幸 フレッシュアイペディアより)

  • 原西孝幸

    原西孝幸から見たリクルート

    リクルート「FromA Navi」(2012年)原西孝幸 フレッシュアイペディアより)

  • 原西孝幸

    原西孝幸から見たテレビ東京

    『ごるふなでしこ』(テレビ東京系列、2012年5月5日、12日、19日)原西孝幸 フレッシュアイペディアより)

  • 原西孝幸

    原西孝幸から見た3年B組金八先生

    3年B組金八先生』(TBS系)のファン。出歩く際にドラマの音声のみをiPodに入れて聴いているほど。また、自動車の運転中にも流し、リズムをとりながら聴いているという。就寝前にはiPodに入れた坂本金八の説教を聴くのが習慣であり、聞かないと眠れないほど。また、説教の内容の一部分を聞いただけで、誰に説教しているかを判別できる。しかし、坂本金八は好きだが、演じている武田鉄矢はそうでもないと『ダウンタウンDX』で話した。理由は、金八が絶対にしない下ネタを武田は普通に話すからである。原西孝幸 フレッシュアイペディアより)

  • 原西孝幸

    原西孝幸から見たプリキュアシリーズ

    娘に付き合って女児向けアニメ『夢色パティシエール』や『プリキュア』を見ており、バラエティー番組内でプリキュアの変身の振りと決め台詞を、真面目に全力で披露している。本人はウケ狙いのつもりはないが、顔芸のような表情とオリジナルよりもオーバーアクションの為、笑いが起きる。最近は、娘の為にとマネージャーに「プリキュアの仕事を入れてくれへんか」とお願いしているとの事。こうしたアプローチが実ってか、2011年放送の『スイートプリキュア♪』制作発表では「プリキュア応援団」として相方の藤本と共に登場、プリキュアに対する熱弁をふるい、「プリキュアに実写で出たい」と発言すると藤本からツッコミを入れられ、自ら考えた「キュアト音記号」なる変身ポーズを披露すると主演声優の小清水亜美、折笠富美子の2人からダメ出しを食らう結果となった。結局スイートプリキュアに出演はかなわなかったが、次作『スマイルプリキュア!』の2012年5月27日放送の17話において相方と共に本人役として念願のプリキュアへの出演を果たして「ナチュラルパワーは野生の力! キュアゴリラ!」と変身のモノマネをアニメ内でも披露した。原西孝幸 フレッシュアイペディアより)

  • 原西孝幸

    原西孝幸から見た小清水亜美

    娘に付き合って女児向けアニメ『夢色パティシエール』や『プリキュア』を見ており、バラエティー番組内でプリキュアの変身の振りと決め台詞を、真面目に全力で披露している。本人はウケ狙いのつもりはないが、顔芸のような表情とオリジナルよりもオーバーアクションの為、笑いが起きる。最近は、娘の為にとマネージャーに「プリキュアの仕事を入れてくれへんか」とお願いしているとの事。こうしたアプローチが実ってか、2011年放送の『スイートプリキュア♪』制作発表では「プリキュア応援団」として相方の藤本と共に登場、プリキュアに対する熱弁をふるい、「プリキュアに実写で出たい」と発言すると藤本からツッコミを入れられ、自ら考えた「キュアト音記号」なる変身ポーズを披露すると主演声優の小清水亜美、折笠富美子の2人からダメ出しを食らう結果となった。結局スイートプリキュアに出演はかなわなかったが、次作『スマイルプリキュア!』の2012年5月27日放送の17話において相方と共に本人役として念願のプリキュアへの出演を果たして「ナチュラルパワーは野生の力! キュアゴリラ!」と変身のモノマネをアニメ内でも披露した。原西孝幸 フレッシュアイペディアより)

  • 原西孝幸

    原西孝幸から見た折笠富美子

    娘に付き合って女児向けアニメ『夢色パティシエール』や『プリキュア』を見ており、バラエティー番組内でプリキュアの変身の振りと決め台詞を、真面目に全力で披露している。本人はウケ狙いのつもりはないが、顔芸のような表情とオリジナルよりもオーバーアクションの為、笑いが起きる。最近は、娘の為にとマネージャーに「プリキュアの仕事を入れてくれへんか」とお願いしているとの事。こうしたアプローチが実ってか、2011年放送の『スイートプリキュア♪』制作発表では「プリキュア応援団」として相方の藤本と共に登場、プリキュアに対する熱弁をふるい、「プリキュアに実写で出たい」と発言すると藤本からツッコミを入れられ、自ら考えた「キュアト音記号」なる変身ポーズを披露すると主演声優の小清水亜美、折笠富美子の2人からダメ出しを食らう結果となった。結局スイートプリキュアに出演はかなわなかったが、次作『スマイルプリキュア!』の2012年5月27日放送の17話において相方と共に本人役として念願のプリキュアへの出演を果たして「ナチュラルパワーは野生の力! キュアゴリラ!」と変身のモノマネをアニメ内でも披露した。原西孝幸 フレッシュアイペディアより)

  • 原西孝幸

    原西孝幸から見たTBSテレビ

    原西の母である尚子は、その強烈かつ陽気なキャラクターで『吉本超合金』(テレビ大阪制作)など数々のバラエティ番組に出演。『超合金』では罰ゲーム(番組では「LOVEゲーム」と呼称)も受けたりした。2006年に『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で全国ネットの番組への出演を果たした。『リンカーン』(TBS系)に出演した際にはさまぁ〜ず・大竹一樹とデートしたり、水着姿やブルマー姿を披露し水中で49秒間息を止めたりした。リアクションやカメラ割りを意識したりと若手芸人を凌駕するプロ根性の持ち主で、ダウンタウンの松本人志は彼女のことを「プロ(の芸人)」と呼んでいる。原西孝幸 フレッシュアイペディアより)

  • 原西孝幸

    原西孝幸から見た中田信一郎

    『天使がくれたもの』(2007年、中田信一郎監督) - 聖の父 役原西孝幸 フレッシュアイペディアより)

86件中 11 - 20件表示

「原西孝幸」のニューストピックワード

  • ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!

  • HOOST CUP OSAKA〜KINGS OSAKA〜

  • アーネスト・ホースト