前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示
  • 第21回参議院議員通常選挙

    第21回参議院議員通常選挙から見た又市征治又市征治

    党首=福島瑞穂、副党首=照屋寛徳/渕上貞雄、幹事長=又市征治、政策審議会長=阿部知子、国会対策委員長=重野安正、参議院議員会長=渕上貞雄第21回参議院議員通常選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 社会民主党 (日本 1996-)

    社会民主党 (日本 1996-)から見た又市征治又市征治

    総選挙後、土井たか子は党首を引責辞任し、11月15日に福島瑞穂が後任に選ばれた。護憲、九条遵守の立場を維持するとともに、幹事長には自治労出身の又市征治が就任し、労組、エコロジー派、消費者運動、市民派(NPO)等の吸収を目指して、新しいグローバリゼーションの状況に対抗可能な社会民主主義の模索を開始している。また、これ以降、社民党においては、選挙敗北に伴う引責辞任は行われなくなっただけでなく、2007年の第21回参議院議員通常選挙においては、社民党敗北の責任を取る形で幹事長辞任を申し出た又市征治の慰留を図ったばかりか副党首に昇格させる人事も行われている。社会民主党 (日本 1996-) フレッシュアイペディアより)

  • 日朝国交正常化推進議員連盟

    日朝国交正常化推進議員連盟から見た又市征治又市征治

    又市征治(社民党、参院議員、副党首)日朝国交正常化推進議員連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 9条ネット

    9条ネットから見た又市征治又市征治

    社民党は5月7日、「もう党の方針は決まっているから、いまさら変えられない」とこれを拒否。更に、又市征治は新社会党と9条ネットについて「『戻ってらっしゃい』と言っている。『村山政権のときに安保・自衛隊を認めた』と、馬鹿みたいな話をまだしている」と批判した。9条ネット側は、選挙区での社民党候補の支援に含みを持たせながらも、比例区での働きかけは断念した。後に、東京選挙区では川田龍平を支援、東京を除く選挙区で社民党候補を、愛媛で民主党系無所属候補友近聡朗を支援している。9条ネット フレッシュアイペディアより)

  • 相本芳彦

    相本芳彦から見た又市征治又市征治

    2月4日、小沢の求めに応じて社会民主党副党首の又市征治が会談、相本を無所属の野党統一候補とした。国民新党にも協力を働きかけたが、国民新党は富山1区と2区においては支援したものの、綿貫代表の地元である3区においては「ノータッチ」と態度を明確にしなかった。相本芳彦 フレッシュアイペディアより)

  • 第44回衆議院議員総選挙

    第44回衆議院議員総選挙から見た又市征治又市征治

    比例中国ブロックから社民党比例名簿5位候補として立候補をした社民党山口県連副代表の羽熊直行が、以前に犯した選挙違反事件で公民権停止状態にある事が公示後に判明し、中央選挙管理会により比例名簿から抹消される前代未聞の事態が発生した。国政選挙で公示後に比例名簿から抹消されたのは第41回衆議院議員総選挙の選挙期間中に病死した戸井田三郎以来2例目であるが、公民権停止により出馬資格自体が無い事が判明して抹消されたのは羽熊が初めてである。社民党は幹事長又市征治が謝罪談話を発表する等の対応に追われ、羽熊は選挙後に中央選挙管理会により虚偽宣誓容疑で警視庁麹町警察署に告発された。第44回衆議院議員総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 幹事長

    幹事長から見た又市征治又市征治

    幹事長 - 又市征治(会長兼任)幹事長 フレッシュアイペディアより)

  • 中沖豊

    中沖豊から見た又市征治又市征治

    無所属での立候補が常態化していた知事選において、1996年まで自由民主党公認で当選していた。しかし6期目となった2000年の知事選では、初めて無所属として立候補した。これは、中沖の幅広く支持を得たいという思惑と、幅広い県民のために働く無所属として出るべきだと自民党に要求した、連合富山会長代理の又市征治の働きかけが一致したものと言われている。その結果、自民・公明・民主・保守・県民社協会・連合富山の推薦を受け当選した。中沖豊 フレッシュアイペディアより)

  • 富山県立富山高等学校

    富山県立富山高等学校から見た又市征治又市征治

    又市征治 - 社会民主党参議院議員、同党幹事長富山県立富山高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 週刊新潮

    週刊新潮から見た又市征治又市征治

    2007年6月28日号で、「『愛人マッサージ嬢』の告白 議員宿舎を『ラブホ』にしちゃった 社民党『又市幹事長』」として、社民党の又市征治の女性問題を掲載する。又市は、東京地方裁判所に出版差止の仮処分を申請するが却下され、3300万円の損害賠償などを求める訴訟をおこすが、その後、2008年6月に又市は一方的に請求放棄した。新潮社側はこの件を「愛人マッサージ嬢もあきれる姑息な又市副党首こっそり訴訟放棄」(2008年7月17日号)として報じた。週刊新潮 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示

「又市征治」のニューストピックワード