1 2 次へ
18件中 11 - 18件表示
  • 日本共産党

    日本共産党から見た又市征治又市征治

    2006年1月23日に書記局長市田忠義と社民党全国連合幹事長の又市征治が会談し、平和憲法維持を目指すべく関係改善し共闘を示唆する報道がされた。日本共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮学校

    朝鮮学校から見た又市征治又市征治

    日本各地にある朝鮮学校の生徒は、社民党の又市征治参議院議員、「日本朝鮮学術教育交流協会」の中村元気会長、「朝鮮の自主的平和統一を支持する長野県民会議」の伊藤晃二会長代行らを引き連れて文部科学省を訪問し、朝鮮学校を支援金除外の対象にしないよう求めた 。また、衆議院第一会館で開催された「高校無償化」 院内集会には民主党の石田芳弘衆院議員、緒方林太郎衆院議員、瑞慶覧長敏衆院議員が参席し、必ず「無償化」を勝ち取ろうと訴えた。朝鮮学校 フレッシュアイペディアより)

  • 福島瑞穂

    福島瑞穂から見た又市征治又市征治

    2012年11月2日参議院緊急質問において「復興予算が被災地以外で使われていることに、被災者が激怒しています。当然です」と発言。しかしその後、2011年6月から当該発言のあった同年11月にかけて、全額公費助成で実施されていた社民党本部の耐震診断の一部に復興予算が流用されていたことが明らかになった。この公費助成は、東日本大震災以後、拡充され復興予算の一部が当てられたが、その根拠法である東日本大震災復興基本法(2011年6月施行)は社民党を含む与野党の賛成多数で可決成立した物である。同法では、その目的を、東日本大震災からの復興の円滑かつ迅速な推進と活力ある日本の再生を図ることを目的とする(法1条)と明記しており、いわゆる復興予算が復興だけに使われる物ではないことが示されている。なお、発覚から5日後、又市征治幹事長は「違法ではないが好ましくない」として、復興予算相当分の280万円を被災地に寄付することを表明した。福島瑞穂 フレッシュアイペディアより)

  • 新社会党

    新社会党から見た又市征治又市征治

    現在の社民党についての評価は、変節しているという評価ではあるが、護憲派による平和共同候補擁立を軸に選挙共闘を積極的に呼びかけ、それに応じない場合も自主的に支援・投票し続けている。また、社民党との将来の合併を見越して「社会党」への改称を試みたが、多くの党員の反対により否決された。一方、当時社民党の幹事長だった又市征治は「『戻ってらっしゃい』と言っている。『村山政権のときに安保・自衛隊を認めた』と、馬鹿みたいな話をまだしている。」と新社会党を批判している。新社会党 フレッシュアイペディアより)

  • 全日本自治団体労働組合

    全日本自治団体労働組合から見た又市征治又市征治

    なお、社民党の又市征治は元・富山県本部委員長という経歴にもかかわらず、長らく自治労の組織内議員という位置づけはなされていなかったが、2007年8月に岩手県で行われた定期大会において、ようやく組織内議員として認められた。全日本自治団体労働組合 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の政治

    2013年の政治から見た又市征治又市征治

    24日 - 社民党が常任幹事会で、党役員人事を行い、空席となっていた幹事長に又市征治副党首を、政審会長に吉田忠智参院議員を任命。また、選対委員長に福島瑞穂党首が兼務。2013年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 第20回参議院議員通常選挙

    第20回参議院議員通常選挙から見た又市征治又市征治

    全国連合党首=福島瑞穂 全国連合副党首=照屋寛徳/渕上貞雄/横光克彦 全国連合幹事長=又市征治 政策審議会長=阿部知子 国会対策委員長=横光克彦 参議院議員会長=渕上貞雄第20回参議院議員通常選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 富山市

    富山市から見た又市征治又市征治

    又市征治(政治家:社会民主党副党首、同党参議院議員)富山市 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
18件中 11 - 18件表示

「又市征治」のニューストピックワード