1 2 3 次へ
27件中 21 - 27件表示
  • 又市征治

    又市征治から見た週刊新潮

    2007年6月21日に発売された「週刊新潮(6月28日号)」が議員宿舎におけるマッサージ師との関係を報じた記事に対して、自身のHPで「事実無根であり、著しく個人の名誉を毀損する誹謗・中傷の記事である」と批判し、同日発行元の新潮社を相手取って3300万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求める訴訟を東京地裁に起こした。出版前日に東京地裁に対して提出された出版差し止めを求めた仮処分申し立てたが、裁判長は「記事が公務員である又市の人格的評価および議員宿舎の利用の是非に関する批判であり、公益性がないとは明白には認められず、また真実でないと明白にはいえないため差し止めは許容できない」として事実関係の判断には踏み込まないまま却下した。又市征治 フレッシュアイペディアより)

  • 又市征治

    又市征治から見た国会対策委員長

    富山県立富山高等学校卒業。富山県庁職員、自治労富山県本部書記長、副執行委員長、執行委員長を経て参議院議員となる。当選後は政策審議副会長、参議院国会対策委員長などを歴任。2003年、福島幹事長の党首就任により、幹事長に就任した。又市征治 フレッシュアイペディアより)

  • 又市征治

    又市征治から見た新社会党

    新社会党と9条ネットについて、「『戻ってらっしゃい』と言っている。『村山政権のときに安保・自衛隊を認めた』と、馬鹿みたいな話をまだしている。」と批判している。同時に「民主党にも護憲派はいる」と民主党との共闘を進めながら、郵政問題を中心に国民新党との連携強化に踏み出し、野党共闘路線を主導した。2007年12月22日幹事長を重野安正と交代し、副党首に就任した。又市征治 フレッシュアイペディアより)

  • 又市征治

    又市征治から見た審議拒否

    国民新党が推進した郵政改革法案について衆議院ではスピード審議で2010年5月に強行採決されたが、その前後に社民党が連立を離脱し、参議院総務委員会では又市が慎重審議を要求した。参議院では伯仲国会であり、又市が他の野党議員と協調して欠席(審議拒否)すれば、委員会の定足数に見たず与党単独審議ができない状況となり、郵政改革法案廃案の遠因となった。又市征治 フレッシュアイペディアより)

  • 又市征治

    又市征治から見た参議院議員

    又市 征治(またいち せいじ、1944年7月18日 - )は日本の政治家。社会民主党所属の参議院議員(2期)。富山県富山市出身。又市征治 フレッシュアイペディアより)

  • 又市征治

    又市征治から見た第19回参議院議員通常選挙

    2001年 - 第19回参議院議員通常選挙当選(比例代表)又市征治 フレッシュアイペディアより)

  • 又市征治

    又市征治から見た富山県

    又市 征治(またいち せいじ、1944年7月18日 - )は日本の政治家。社会民主党所属の参議院議員(2期)。富山県富山市出身。又市征治 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
27件中 21 - 27件表示

「又市征治」のニューストピックワード