前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
298件中 1 - 10件表示
  • 商社

    商社から見た双日双日

    双日 - 売上高 5兆7,710億円:「双日」 2004年4月1日にニチメンと日商岩井が合併して誕生。商社 フレッシュアイペディアより)

  • 下坂藤太郎

    下坂藤太郎から見た双日双日

    下坂 藤太郎(しもざか とうたろう、1868年11月17日(明治元年10月4日) - 1941年(昭和16年)1月12日)は、日本の大蔵官僚、実業家。理財局銀行課長を最後に退官し、台湾銀行理事、副頭取を歴任。東洋製糖(のち大日本製糖)、東洋海上保険(のち日新火災海上保険)、日商(のち日商岩井)の各社長。下坂藤太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 西村英俊

    西村英俊から見た双日双日

    西村 英俊(にしむら ひでとし、1942年4月29日 - )は、日本の実業家。双日最高経営責任者(CEO)。西日本高速道路社長。西村英俊 フレッシュアイペディアより)

  • 双日プラネット

    双日プラネットから見た双日双日

    双日プラネット(そうじつプラネット)とは、双日グループの合成樹脂専門商社。双日プラネット フレッシュアイペディアより)

  • 第一勧銀グループ

    第一勧銀グループから見た双日双日

    中核商社の伊藤忠商事は旧住友銀行の融資系列でもあり、もう一方の商社・日商岩井(現・双日)も旧三和銀行の融資系列で、企業グループに必要な核的商社に乏しく、またこの2社の存在からも分かる通り、グループ内に同業他社が多く存在していたため、三菱グループのように、なかなか「一枚岩」とは行かないようである。第一勧銀グループ フレッシュアイペディアより)

  • 秋田拠点センターアルヴェ

    秋田拠点センターアルヴェから見た双日双日

    秋田拠点センターアルヴェ(あきたきょてんセンターアルヴェ)は、秋田駅東口にある14階建ての複合施設。秋田市とデベロッパー(双日・大成建設)の官民共同で設営され、2004年に落成したもので、管理・運営は区分所有に基づき双日の関連会社、秋田新都心ビル株式会社や秋田市など5団体が行う。秋田拠点センターアルヴェ フレッシュアイペディアより)

  • 坂本光正

    坂本光正から見た双日双日

    1985年の大学在学中に富士通のパソコン同好会を設立し、活動を通じて体験版ソフトウェアの重要性を感じ、ソフトハウスへ無料で利用できる体験版の作成と配布許諾を求めて活動をしていた。体験版のフロッピーディスクによる配布に限界を感じ、草の根BBSを利用して配布をしていたが、親指シフト生みの親と言われる神田泰典氏の誘いにより1987年富士通が日商岩井株式会社との合弁で開始したニフティサーブ上にデータライブラリと呼ばれるアプリケーション配布機能があったことから、そちらでの体験版の配布を本格的に開始した。その後、商業パソコン通信サービスの創業期に当時の多くのサービス会社に関与した。1989年に日商岩井株式会社に就職をしたが2003年に退社し、自ら設立したブルースター株式会社の社長に就任している。坂本光正 フレッシュアイペディアより)

  • 双日マシナリー

    双日マシナリーから見た双日双日

    双日マシナリー(そうじつマシナリー)とは、双日グループの陸上機械専門商社。双日マシナリー フレッシュアイペディアより)

  • 安宅産業

    安宅産業から見た双日双日

    安宅産業の破綻に伴い、日本の総合商社は三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、丸紅、住友商事、日商岩井、トーメン、日綿實業、兼松江商の9大商社に再編されていく事になった。安宅産業 フレッシュアイペディアより)

  • UFJ銀行

    UFJ銀行から見た双日双日

    また、財務体質は劣悪で経営再建問題で揺れるダイエー、ニチメン・日商岩井(現・双日)、日本信販(現・三菱UFJニコス)、アプラス、大京、藤和不動産(現・三菱地所レジデンス)、ミサワホーム、国際興業、国際自動車などみどり会構成企業や三和銀行親密先に対しての貸し出しの焦げ付きや過剰な貸付、それらに対する損失引き当て不足が当初から懸念されており、多額の不良債権比率はメガバンクでは最も高いとされた。結果的に業務で利益が上がっていても損失引き当ての強化及び不良債権の処理に伴い利益をはるかに上回る巨額の赤字の計上する状態で、UFJ銀行は発足から消滅までの3年間に黒字を計上することはなかった。UFJ銀行 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
298件中 1 - 10件表示

「双日」のニューストピックワード

  • 本郷〜後楽園を裏ぶらり散歩

  • 申し訳ない気持ち

  • そうですね。去年、今年と優勝できなかった。監督を必ず胴上げしたいという思いです