298件中 11 - 20件表示
  • 岩井商店

    岩井商店から見た双日双日

    岩井商店(いわい しょうてん)は、岩井勝次郎が明治29年(1896年)に創業した鉄鋼商社で、岩井財閥の中核企業である。後に日商(鈴木商店系)と合併して日商岩井(現:双日)となった。岩井商店 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木商店

    鈴木商店から見た双日双日

    鈴木商店(すずきしょうてん)は、かつて存在した戦前の日本の財閥、商社。樟脳、砂糖貿易商として世界的な拠点網を確立するとともに、製糖・製粉・製鋼・タバコ・ビールなどの事業を展開。さらに保険・海運・造船などの分野にも進出し、ロンドン・バルティック取引所で日本企業として2番目のメンバーとなる。鈴木商店の子会社の1つ、日本商業会社は岩井産業と合併し日商岩井へ、更にニチメンと合併し現在の双日のルーツの一つでもある。鈴木商店 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪商科大学 (旧制)

    大阪商科大学 (旧制)から見た双日双日

    喜多又藏 - 1894年卒業。元日本綿花社長。大阪商科大学 (旧制) フレッシュアイペディアより)

  • 財閥

    財閥から見た双日双日

    鈴木財閥(創業者:鈴木岩治郎、流れを汲む企業:神戸製鋼所、神鋼商事、シンフォニアテクノロジー、帝人、ナブテスコ、サッポロビール、アサヒビール、太平洋セメント、ニッカウヰスキー、IHI、いすゞ自動車、太陽鉱工、昭和シェル石油、三井化学、日油、ダイセル、日本化薬、双日、日本海運、三井住友海上、双日、サンデン交通など)財閥 フレッシュアイペディアより)

  • 商社

    商社から見たニチメン双日

    双日 - 売上高 5兆7,710億円:「双日」 2004年4月1日にニチメンと日商岩井が合併して誕生。商社 フレッシュアイペディアより)

  • 商社

    商社から見た日商岩井双日

    双日 - 売上高 5兆7,710億円:「双日」 2004年4月1日にニチメンと日商岩井が合併して誕生。商社 フレッシュアイペディアより)

  • ニフティ

    ニフティから見た双日双日

    日商岩井と富士通の折半出資会社として発足した株式会社エヌ・アイ・エフを母体としている。設立当初はCompuServeと提携してニフティサーブという名称で商用のパソコン通信サービスを行っており、一時は日本での最大手のパソコン通信サービスであったが、その後インターネットの普及に合わせてインターネット接続サービスを軸とした事業に移行。ダイヤルアップ接続やISDN回線がまだ一般的であった1999年(平成11年)2月末時点での会員数は約269万人であり、当時国内インターネット接続事業者の中では最大規模であった。1999年(平成11年)3月には経営不振にあった日商岩井が所有株式を富士通に売却したのにともない富士通の全額出資子会社となった。ニフティ フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川純一

    長谷川純一から見た双日双日

    1983年、東京工業大学工学部制御工学科卒。ニチメン(現・双日)入社。1985年、人工知能やコンピュータグラフィックス(CG)開発で知られるアメリカ・シンボリックス社の日本シンボリックスに出向し立ち上げに関与。1987年、国際電気通信基盤技術研究所を経て、1991年マサチューセッツ工科大学(経営学)修士課程修了(MBA)。その後ニチメンデータシステム(現・テクマトリックス)を経て、1996年、ERPパッケージ(統合業務パッケージ)ベンダー、ピープルソフトジャパン(現・日本ピープルソフト)を共同で設立。2000年2月、Amazon.com日本法人、アマゾン・ジャパンの初代社長に就任し同社を短期間で立ち上げた。長谷川純一 フレッシュアイペディアより)

  • 大西一史

    大西一史から見た日商岩井双日

    1992年 - 日商岩井メカトロニクス株式会社(現・双日マシナリー株式会社)に入社。産業機械などの輸出入を担当する営業を務める。大西一史 フレッシュアイペディアより)

  • ADヴィジョン

    ADヴィジョンから見た双日双日

    日本の双日が自身の持ち株会社JCIとDevelopment Bank of Japanと、自身の持ち分け会社でもある映画配給会社クロックワークスがADヴィジョンに資金を提供し、正当な配当を双日側に渡すことを発表した。ADヴィジョン フレッシュアイペディアより)

298件中 11 - 20件表示

「双日」のニューストピックワード

  • 本郷〜後楽園を裏ぶらり散歩

  • 申し訳ない気持ち

  • そうですね。去年、今年と優勝できなかった。監督を必ず胴上げしたいという思いです