344件中 11 - 20件表示
  • 日華油脂

    日華油脂から見た双日双日

    1917年に日本綿花株式會社(後のニチメン。現在は日商岩井と合併し、双日になっている)と三菱合資會社(現・三菱商事)の共同出資により日華製油株式會社として設立、当時の東京市に本店、さらに中国の漢口に支店と工場を設立。1942年に現社名に改称、1957年に富國油脂を買収、1961年に吸収合併。設立以来、飲食店や食品工場などの業務向け食用油及び石鹸(石鹸製造部門は1958年にニッカ石鹸として独立したが、1965年に製造設備を第一石鹸に売却して解散)を主力としていたが、家庭用食用油として「ニッカサラダ油『ママポット』」を発売。ただし東日本では全く宣伝活動をしていなかったため、日華油脂の知名度は西日本のごく一部の地域に限られる。日華油脂 フレッシュアイペディアより)

  • 土橋昭夫

    土橋昭夫から見た双日双日

    土橋 昭夫(どばし あきお、1949年〈昭和24年〉1月2日 - )は、日本の実業家。双日株式会社元会長。土橋昭夫 フレッシュアイペディアより)

  • 双日マシナリー

    双日マシナリーから見た双日双日

    双日マシナリー株式会社(そうじつマシナリー)とは、双日グループの陸上機械専門商社。双日マシナリー フレッシュアイペディアより)

  • モラージュ和泉

    モラージュ和泉から見た双日双日

    モラージュ和泉は、2011年冬大阪府和泉市にオープン予定だった、双日が運営するショッピングセンター。当初は2010年春の完成予定だったが、不況により2011年に延期された。その後、開発中止が決まったようであるが、双日からは正式なリリースは行われていない。モラージュ和泉 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本光正

    坂本光正から見た双日双日

    1985年の大学在学中に富士通のパソコン同好会を設立し、活動を通じて体験版ソフトウェアの重要性を感じ、ソフトハウスへ無料で利用できる体験版の作成と配布許諾を求めて活動をしていた。体験版のフロッピーディスクによる配布に限界を感じ、草の根BBSを利用して配布をしていたが、親指シフト生みの親と言われる神田泰典氏の誘いにより1987年富士通が日商岩井株式会社との合弁で開始したニフティサーブ上にデータライブラリと呼ばれるアプリケーション配布機能があったことから、そちらでの体験版の配布を本格的に開始した。その後、商業パソコン通信サービスの創業期に当時の多くのサービス会社に関与した。1989年に日商岩井株式会社に就職をしたが2003年に退社し、自ら設立したブルースター株式会社の社長に就任している。坂本光正 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田拠点センターアルヴェ

    秋田拠点センターアルヴェから見た双日双日

    秋田拠点センターアルヴェ(あきたきょてんセンターアルヴェ)は、秋田駅東口にある14階建ての複合施設。秋田市とデベロッパー(双日・大成建設)の官民共同で設営され、2004年に落成したもので、管理・運営は区分所有に基づき双日の関連会社、秋田新都心ビル株式会社や秋田市など5団体が行う。秋田拠点センターアルヴェ フレッシュアイペディアより)

  • 大阪商科大学 (旧制)

    大阪商科大学 (旧制)から見た双日双日

    喜多又藏 - 1894年卒業。元日本綿花社長。大阪商科大学 (旧制) フレッシュアイペディアより)

  • 田中市兵衛

    田中市兵衛から見た双日双日

    三菱UFJフィナンシャル・グループ・みどり会に属する双日、ユニチカ、南海電気鉄道や 他、日本生命保険、日本興亜損害保険、阪神電気鉄道、三井倉庫ホールディングス、商船三井、東洋紡、関西電力 何れも第四十二国立銀行が手掛けた事業、関わった事業である。 また田中は 日本銀行創業期に、政治家として、また株主として大きく貢献した。田中市兵衛 フレッシュアイペディアより)

  • 住田正則

    住田正則から見たニチメン双日

    東京都出身。1972年、上智大学法学部卒業。同年4月、日綿實業株式会社(現・双日株式会社)入社。2003年、ニチメン株式会社(現・双日株式会社)執行役員人事・総務部長に就任。2004年、株式会社なか卯代表取締役社長に就任。2009年、株式会社華屋与兵衛代表取締役社長に就任。2010年、株式会社ココスジャパン社長執行役員に就任。2011年、同社代表取締役社長に就任。2017年、同社代表取締役社長から退任。住田正則 フレッシュアイペディアより)

  • ニフティ

    ニフティから見た双日双日

    日商岩井(エヌ・アイ)と富士通(エフ)の折半出資会社として発足した株式会社エヌ・アイ・エフを母体としている。設立当初はCompuServeと提携してニフティサーブという名称で商用のパソコン通信サービスを行っており、一時は日本での最大手のパソコン通信サービスであったが、その後インターネットの普及に合わせてインターネット接続サービスを軸とした事業に移行。ダイヤルアップ接続やISDN回線がまだ一般的であった1999年(平成11年)2月末時点での会員数は約269万人であり、当時国内インターネット接続事業者の中では最大規模であった。1999年(平成11年)3月には経営不振にあった日商岩井が所有株式を富士通に売却したのにともない富士通の全額出資子会社となった。ニフティ フレッシュアイペディアより)

344件中 11 - 20件表示

「双日」のニューストピックワード