344件中 71 - 80件表示
  • 1979年の政治

    1979年の政治から見た日商岩井双日

    2月14日 - 衆議院予算委員会、海部八郎日商岩井副社長らを証人喚問。1979年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • シンボリックス

    シンボリックスから見たニチメン双日

    また、シンボリックスはHDTV品質のビデオを処理できる初のワークステーションを開発し、日本でよく使われた。シンボリックスのグラフィックス部門は90年代初めにニチメンに売却され、そのソフトウェアはSGIのマシンやWindows NTマシンに移植された。現在は Izware LLC が Mirai という製品名で販売している。これは、映画『ロード・オブ・ザ・リング』三部作などでも使われている。シンボリックス フレッシュアイペディアより)

  • RMAライナウ

    RMAライナウから見た双日双日

    アンフィレンジャー2800SR(Amphiranger2800SR ) - 水陸両用車。全長4,720mm、全幅1,930mm、全高1,915mm。ホイールベース2,500mm。最小回転半径6.0m。乗車定員6名。車体は一体型ロールバーや浮力室を持つ特殊な構造のアルミニウム製で軽量化を図られているが車両重量は1,940kgに及ぶ。エンジンは水冷V型6気筒SOHCのインジェクション仕様、ボアφ93mm×ストローク72mmの2,933ccで140PS/5,000rpmまたは145PS/5,500rpm、22.6kgm/3,000rpm。フロントエンジンの四輪駆動。トランスミッションは5MT。陸上では4WDで走行し最高速度140km/h、水上では電動格納式のスクリューを出して走行し15km/h。燃料はガソリンでタンク80リッター。タイヤは215R16。日本にも左右ハンドル仕様とも日商岩井(現双日)が輸入し1991年2240.0万円、1993年2435万円、1994年約2600万円で販売され、電力会社のパトロールや緊急車両として導入された。RMAライナウ フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチンババア

    アルゼンチンババアから見た双日双日

    製作委員会メンバー:バップ、双日、キネティック、Yahoo! JAPAN、トムス・エンタテインメント、TOKYO FM、読売広告社、オー・エル・エム、WOWOW、読売新聞東京本社、グラスホッパー!アルゼンチンババア フレッシュアイペディアより)

  • チリ国鉄の電車

    チリ国鉄の電車から見た双日双日

    1973年に日本から24両が輸出された特急電車である。川崎重工業で16両、日立製作所で8両が製造された。後述するAELとともに、輸出の仲介役となった商社である日商岩井(当時)が現地ではメーカー名だと誤解される場合がある。編成は日本国有鉄道式にいうとMc+T+T'+Mcの4両編成で、T'車はバーつきサロン車となっている。座席は日本の国鉄電車のグリーン車並みの5段リクライニングシートで、足掛けもついている。サロン車には本格的な厨房もあり、また同車の客室には座席が向かい合う中央に取り外し可能なテーブルを設置できる。客室側面の窓は二重の大窓で、ベネシャンブラインドを内蔵する(ただし末期には撤去された)。水洗便所は循環式である。客室天井の蛍光灯はグローブに覆われているが、予備の白熱灯を備えており、夜行列車での運用にも適応する。前面窓上部には竣工当時には方向幕があり、広報用の写真にはバルパライソの字幕を出しているものもあるが、サンティアゴとバルパライソとの間には現在は旅客列車は運行されていない。方向幕は後に埋められてそこに編成番号が表記されるようになった。気笛は低音かつ和音のホーンである。パンタグラフは菱形の大柄なものが両先頭車に各1基取り付けられているが、普段は進行方向の1基のみ上げて使用する。コイルバネ式の台車は、電動台車の場合重量が1台10tを超えるというもので、剛性は高い。広軌のスペース上の制約ゆえか、揺れ枕吊りが台車枠の内側にある。2001年にはサンチャゴとチヤンの間の軌道改良が完成し、本来の乗り心地を取り戻したが、同じ頃UTS-444が導入されてからは、しばらくは主に夜行列車に充当された。何度か車体改修を経ている。夜行列車も廃止になると予備車の扱いとなり、2010年には営業運行を退いた。チリ国鉄の電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新グレート・ゲーム

    新グレート・ゲームから見た双日双日

    トルクメニスタンがニヤゾフ時代に石油をロシアに輸出する一方で、ニヤゾフはトルクメニスタンの経済がロシアに依存するのに悩んでいた。カスピ海ガスパイプラインの建設が完了すれば、トルクメニスタンからナブコパイプラインに天然ガスを送出し、オーストリア、ブルガリア、ルーマニア、トルコの西欧諸国にも天然ガスを送ることになる。トルコの会社GAMAエンドゥストリと双日は、2000年にトルクメニスタンで石油処理部門を建設した。日本のJGC、伊藤忠商事、日商岩井(現在の双日)とイタリアの企業バセルテクノロジーズは、製造過程に繋がるポリプロピレン製造部門を建設した。ポリプロピレンは以来まずロシア、トルコ、イラン、中国に販売している。JGCと伊藤忠商事は、プラントの能力を毎年9万トンから24万トンに拡大できるよう申し入れている。伊藤忠商事はセイディ製油所の近代化も申し入れている。新グレート・ゲーム フレッシュアイペディアより)

  • ダイバージェンス・イヴ

    ダイバージェンス・イヴから見た双日双日

    製作 - Operation EVE(IMAGICAエンタテインメント、メディアファクトリー、NTTデータコンテンツプランニング、クロックワークス、日商岩井、RADIX)ダイバージェンス・イヴ フレッシュアイペディアより)

  • 野田岩次郎

    野田岩次郎から見た双日双日

    今で言うアルバイトの形で、中小貿易業者に勤めたのち、1926年、三井物産時代の同僚の岳父だった平生釟三郎の紹介で日綿実業に入社。横浜支店を経てニューヨーク支店に勤務。この時、商談の円滑な進行のために、相手方の地元で最高級のホテルを交渉場所に選び、マナーにも注意を払った経験が、のちのホテル時代に役立つ事になる。野田岩次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋達直

    高橋達直から見た日商岩井双日

    同期に、熊野英昭、堺屋太一、松田岩夫、岡松壮三郎(通産審議官)、吉田文毅(特許庁長官)、広海正光(日商岩井専務、日銀政策委員)など高橋達直 フレッシュアイペディアより)

  • リスクモンスター

    リスクモンスターから見た双日双日

    2000年、日商岩井株式会社(現双日株式会社)の審査部出身の3名で設立。経営判断に必要不可欠な与信管理業務の効率化を目的に、審査部門のアウトソーシング事業会社として発足。尚、東京商工リサーチの企業データベースをマザーデータベースとして利用している(同社は当社の大株主でもある)。リスクモンスター フレッシュアイペディアより)

344件中 71 - 80件表示

「双日」のニューストピックワード