前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
194件中 1 - 10件表示
  • 双日

    双日から見たオリックス (企業)

    しかし日商は、並行メインとして三和銀行とも取引していた。三和銀行と取引のあった商社には、日商のほか岩井産業や日綿実業(のちのニチメン)があった。やがて三和銀行主導で日商岩井が発足。さらに日商岩井とニチメンも、オリエントリース(現:オリックス)やジェーシービーに対して共同で資本参加するなど、三和銀行を介して両社の友好関係が生まれていた。双日がUFJグループの商社に位置付けられているのは、この経緯による。双日 フレッシュアイペディアより)

  • 双日

    双日から見た三菱商事

    かつては十大商社(三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、丸紅、住友商事、日商岩井、トーメン、兼松、ニチメン、安宅産業)の一角を占めた。双日 フレッシュアイペディアより)

  • 双日

    双日から見た鉄鉱石

    鉄鉱石事業については、ブラジル産鉄鉱石を主体に対日市場の鉄鉱石取扱いでは業界トップクラスであり、日本の製鉄会社とともにブラジルでの鉄鉱石ペレット製造事業や、ベネズエラでの還元鉄事業に出資している。双日 フレッシュアイペディアより)

  • 双日

    双日から見た丸紅

    かつては十大商社(三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、丸紅、住友商事、日商岩井、トーメン、兼松、ニチメン、安宅産業)の一角を占めた。双日 フレッシュアイペディアより)

  • 双日

    双日から見たジェーシービー

    しかし日商は、並行メインとして三和銀行とも取引していた。三和銀行と取引のあった商社には、日商のほか岩井産業や日綿実業(のちのニチメン)があった。やがて三和銀行主導で日商岩井が発足。さらに日商岩井とニチメンも、オリエントリース(現:オリックス)やジェーシービーに対して共同で資本参加するなど、三和銀行を介して両社の友好関係が生まれていた。双日がUFJグループの商社に位置付けられているのは、この経緯による。双日 フレッシュアイペディアより)

  • 双日

    双日から見たセコム

    大末建設(双日グループがUFJ銀行・大京・セコムらとの支援)双日 フレッシュアイペディアより)

  • 双日

    双日から見たコスモ石油

    総合エネルギー(旧 ニチメンエネルギー+旧 日商岩井石油→双日エネルギー。2013年にコスモ石油の子会社化し商号変更)双日 フレッシュアイペディアより)

  • 双日

    双日から見たニチメン

    かつては十大商社(三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、丸紅、住友商事、日商岩井、トーメン、兼松、ニチメン、安宅産業)の一角を占めた。双日 フレッシュアイペディアより)

  • 双日

    双日から見た日本航空

    JALUX(日本航空から株式を30%取得)双日 フレッシュアイペディアより)

  • 双日

    双日から見た豊田通商

    両社ともバブル経済の崩壊にともない多額の不良債権を抱えていた。ニチメン・日商岩井の合併が間近となった2004年3月時点で、有利子債務は両社合計で1兆5000億円に達していた。当時は、UFJ銀行をメーン銀行とする日商岩井、豊田通商、トーメン、ニチメンの4社大合併という案もあったが、実現はしなかった(なお、豊田通商とトーメンは2006年に合併。)。投資格付けにおける等級も引き下げられ、「生き残りに迫られた弱者連合」との批評を受けるなかで発足した「双日」であったが、社長に就任したニチメン出身の土橋昭夫(1949年1月2日- )のもと、事業再編成や人員削減などを含む中期経営計画を実行。資本準備金の取り崩しによる約5700億円の損失金処理などで経営環境を改善した結果、中期経営計画が達成されたと発表し、新たな中期経営計画として2006年4月に「New Stage 2008」を発表した。双日 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
194件中 1 - 10件表示

「双日」のニューストピックワード