230件中 41 - 50件表示
  • 双日

    双日から見た宮内義彦

    宮内義彦(オリックス会長兼CEO。旧・日綿實業出身。オリックス(当時は、オリエントリース)は、旧日綿實業→旧・ニチメン主体となって設立されており、宮内は設立メンバーとして関わっていた)双日 フレッシュアイペディアより)

  • 双日

    双日から見た広岡浅子

    あさが来た - 広岡浅子とその夫でニチメン発起人・広岡信五郎が主人公らのモデル。双日 フレッシュアイペディアより)

  • 双日

    双日から見た加瀬豊

    2007年4月1日、3年間にわたり社長を務めたニチメン出身の土橋昭夫が代表権を持つ会長に就任し、旧日商岩井出身の加瀬豊が副社長から社長に昇格した。双日 フレッシュアイペディアより)

  • 双日

    双日から見た吉崎達彦

    吉崎達彦(双日総合研究所取締役副所長、同社主任エコノミスト)双日 フレッシュアイペディアより)

  • 双日

    双日から見た土橋昭夫

    両社ともバブル経済の崩壊にともない多額の不良債権を抱えていた。ニチメン・日商岩井の合併が間近となった2004年3月時点で、有利子債務は両社合計で1兆5000億円に達していた。当時は、UFJ銀行をメーン銀行とする日商岩井、豊田通商、トーメン、ニチメンの4社大合併という案もあったが、実現はしなかった(なお、豊田通商とトーメンは2006年に合併)。投資格付けにおける等級も引き下げられ、「生き残りに迫られた弱者連合」との批評を受けるなかで発足した「双日」であったが、社長に就任したニチメン出身の土橋昭夫のもと、事業再編成や人員削減などを含む中期経営計画を実行。資本準備金の取り崩しによる約5700億円の損失金処理などで経営環境を改善した結果、中期経営計画が達成されたと発表し、新たな中期経営計画として2006年4月に「New Stage 2008」を発表した。双日 フレッシュアイペディアより)

  • 双日

    双日から見た速水優

    速水優(日銀理事を経て日商岩井の専務取締役、社長、会長を歴任、のちに日銀総裁)双日 フレッシュアイペディアより)

  • 双日

    双日から見た小川善美

    小川善美(インデックス〈旧法人〉社長)双日 フレッシュアイペディアより)

  • 双日

    双日から見た札幌市

    国内 8拠点(東京、大阪、札幌、仙台、名古屋、福岡、長崎、那覇)双日 フレッシュアイペディアより)

  • 双日

    双日から見たロンドン

    海外 91拠点(ニューヨーク、ワシントン、ポートランド、シアトル、ヒューストン、バンクーバー、トロント、リオデジャネイロ、ブエノスアイレス、マドリード、ロンドン、キエフ、モスクワ、イスタンブール、ブダペスト、ハンブルク、デュッセルドルフ、パリ、ミラノ、プラハ、サンクトペテルブルク、北京、上海、天津、大連、ソウル、シンガポール、香港、マニラ、ポートモレスビー、メルボルン、パース、シドニー、オークランド、ラゴス、テヘラン、カイロ、ルアンダ、ヨハネスブルグ、ジェッダ、サナア、マスカット、ドバイ、アルコバール、カサブランカ、トリポリ、バグダッド、アルジェ他多数)双日 フレッシュアイペディアより)

  • 双日

    双日から見た風力発電

    発電分野では、ベトナム、スリランカを始め世界各地で発電事業会社に参入しており、2010年に入ってからも、サウジアラビア「リヤドPP11」(1,720MW)、オマーン「バルカ3」(744MW)、同「ソハール2」(744MW)の大型案件3件を連続受注した。環境・新エネルギー分野にも注力しており、アメリカ・ドイツで太陽光発電、ナミビアで風力発電事業に参画している。2017年8月、メキシコの大規模太陽光発電事業の参画を発表した。日本企業としてメキシコでの太陽光発電事業の初ケースとなる。双日 フレッシュアイペディアより)

230件中 41 - 50件表示

「双日」のニューストピックワード