52件中 11 - 20件表示
  • 望月一頼

    望月一頼から見た反町康治反町康治

    清水東高卒業。同期に大木武、二年先輩に内山篤、一年後輩に内田一夫、二年後輩に反町康治や望月達也・沢入重雄らがいる。1977年高1時、高校では控え選手だったが偶然松本育夫監督の目にとまり、地元開催の1979 FIFAワールドユース選手権に出場するU-18日本代表に選出されるも、最終的には本選出場選手に選ばれなかった。望月一頼 フレッシュアイペディアより)

  • コダダド・アジジ

    コダダド・アジジから見た反町康治反町康治

    この一件については当時から現在に至るまで、イラン側が情報戦を仕掛けてきたと認識している者がほとんどである。北京五輪サッカー日本代表監督の反町康治も、試合前日の記者会見で相手の主力選手が負傷しているというニュースに対して「昔のアジジみたいなこともあるしね(笑)」と答えたことがある。ただ、一部のメディアが『アジジの出場は絶望的、欠場か』と大きく取り上げる一方で、岡田武史監督や日本代表の選手および、多くのサポーターは明らかに嘘だと見抜いていて相手にしていなかった。コダダド・アジジ フレッシュアイペディアより)

  • Jリーグ監督経験者

    Jリーグ監督経験者から見た反町康治反町康治

    反町康治(新潟 2001-2005 湘南 2009-2011 松本 2012-)Jリーグ監督経験者 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本紘司

    坂本紘司から見た反町康治反町康治

    2009年に反町康治が監督に就くと、再び攻撃的なポジションで起用されるようになり、2009年5月9日のJ2第14節水戸戦にてプロ入り初のハットトリックを決めた。平塚から湘南に改称後2人目のハットトリック達成者(一人目は前園真聖)である。第1クール17試合を7得点を記録するなど、J1昇格に大きく貢献した。坂本紘司 フレッシュアイペディアより)

  • 中村祐也

    中村祐也から見た反町康治反町康治

    2009年、反町康治が監督に就任すると重用されるようになった。3月15日の第2節、対栃木戦で途中出場。以後途中出場ながら全試合で起用され、3月25日の第4節、対札幌戦では、プロ初得点を記録。5月2日の第12節、対C大阪戦では、初のスタメン出場を果たす。以後はスタメンに定着し、5月23日の第17節、対富山戦及び6月9日の第20節、対愛媛戦ではともに2得点を挙げるなど、得点力を開花。計44試合に出場し、チームトップの14得点(J2全体で13位)を上げ、湘南のJ1昇格に大きく貢献した。中村祐也 フレッシュアイペディアより)

  • ファビオ・ジョゼ・ドス・サントス

    ファビオ・ジョゼ・ドス・サントスから見た反町康治反町康治

    非常に真面目で、日本人以上に人情家で、なおかつ涙もろい。シミュレーションでイエローカードを貰った時、反町監督が「その様に人を欺く選手ではない」と言う趣旨のコメントを出した。ファビオ・ジョゼ・ドス・サントス フレッシュアイペディアより)

  • 尾崎瑛一郎

    尾崎瑛一郎から見た反町康治反町康治

    反町康治の目に止まり、2003年1月28日にアルビレックス新潟と入団契約を結んだ。同年は高卒1年目ながら右サイドバックとして17試合に出場し、J1への昇格に貢献。翌2004年には若手育成と負傷した足のリハビリを兼ね、下部組織であるアルビレックス新潟シンガポールに期限付き移籍された。2006年にはキャプテンを務めたが、アマチュアのメンバーを含むチームをまとめるのに苦労し、プレーに集中できずサッカーへのモチベーションを失いかけたという。2007年には新潟シンガポールに完全移籍したが、同年限りで解雇される。尾崎瑛一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野澤洋輔

    野澤洋輔から見た反町康治反町康治

    2009年1月6日、新潟時代の恩師である反町康治が新監督に就任したJ2湘南ベルマーレへ完全移籍。同シーズンは過去2年間正GKだった金永基が開幕直前で負傷したためレギュラーの座を掴み、全51試合出場を果たしてJ1昇格の立役者となった。しかし、2010年は椎間板ヘルニアを発症してしまい、さらに復帰後は離脱中に浦和レッズから加入した都築龍太に正GKの座を譲る試合も多く18試合の出場に留まった。チームも最下位で1年でJ2で逆戻りとなった。2011年は清水エスパルスから加入した西部洋平が正GKとなり、出場なしに終わった。さらにベンチから外れる試合も多く、チームも14位に沈んだ。野澤洋輔 フレッシュアイペディアより)

  • 苔口卓也

    苔口卓也から見た反町康治反町康治

    セレッソ大阪ではさほど出場機会に恵まれなかったが、U-22日本代表では反町康治監督の信頼を得てコンスタントに招集されていた。だが、肝心な五輪予選が始まると招集されなくなり、セレッソで試合に出場しても、シュートが打てないなどの不振に陥ったうえ、他の若手の台頭もあり、控えに回される機会が多くなった。五輪代表でも李忠成などが好調であったため、五輪代表復帰はならなかった。苔口卓也 フレッシュアイペディアより)

  • プロサッカークラブをつくろう!

    プロサッカークラブをつくろう!から見た反町康治反町康治

    第1作目の実況と解説者は不明だが、その後の据え置きハード作品での実況は八塚浩が担当。『Jリーグ プロサッカークラブをつくろう!3』以降の解説は木村和司、水沼貴史、永島昭浩、『Jリーグプロサッカークラブをつくろう!04』では反町康治『Jリーグプロサッカークラブをつくろう!5』小倉隆史等が務めている。なお、一部作品ではパンツェッタ・ジローラモが解説やピッチレポートを担当している。プロサッカークラブをつくろう! フレッシュアイペディアより)

52件中 11 - 20件表示

「反町康治」のニューストピックワード